担当者紹介
  • 主持人介绍

    最先端のライフスタイルから、昔ながらの懐かしい暮らしまで。毎週月曜日の「ハイウェイ北京」、ナビゲーターの劉叡琳(りゅう・えいりん)と一緒に「チャイナライフ」の魅力や「中日カルチャーショック」のあれこれを耳で体験しましょう。

以前の番組
  •  チゴ、ニラ、コリアンダー、唐辛子、ミニトマト……今、ベランダ菜園が若者の間で新たなライフスタイルや趣味になっています。<ライフマガジン>、最初の話題は中国で静かにブームになりつつある「ベランダ菜園」にクローズアップします。

  •  2022年の「一帯一路」年度漢字が先月、オンラインで発表されました。専門家やメディアの選出、推薦を経て、通じるの「通」が今年の漢字に選ばれました。

  •  感染対策が徹底される中、先月、北京市の飲食事業者は店内飲食を一時的に停止し、持ち帰り・デリバリーサービスに切り替えることになりました。店内飲食はなくなったが、大半のレストランが営業を続けていました。これまでと違うのは、店内のテーブルとイスが片付けられ、テーブルが入り口に並べられて中に入れないようになるとともに、テーブルに健康コードが示され、パッケージされたデリバリー食品がずらりと並んだことです。特に、連休中にはデリバリーも持ち帰りも数量ともに増加しているようです。

  •  中国の小中学校はこのほど教育部が発表した「義務教育カリキュラム案」に基づき、9月の新学期から、労働課を独立科目としてカリキュラムに組み入れ、児童・生徒にクッキングや家電修理などの技能を習得させます。最後の話題は、中国の小中学校で実施する労働課についてご紹介します。

  •  もうすぐ暑い夏がやってきます。夏と言えば、アイスクリームは定番のグルメでしょう。今回の<ライフマガジン>では、話題沸騰中の中国のアイスクリーム地図にクローズアップします。

  •  最近、日本円が20年ぶりの記録的な値下がりとなり、日本製品のショッピングが好きな中国消費者にとっては底値で買い物ができるまたとないチャンスとなっています。番組の最後は、円安によるに日本製品の消費ブームについてご紹介します。

  •  日本には深夜食堂がありますが、こちら北京では、深夜ジムが密かに人気を呼んでいます。商業圏にそびえ立つ高層ビルにある24時間営業のスポーツジムでは、夜中の零時になっても、ランニングマシンでランニングをしている人や、鉄アレイなどを使って筋トレをしている人、トレーナーの指導の下、ダンスを踊っている人たちが汗を流しています。<ライフマガジン>、今回は北京の深夜ジムにクローズアップしてご紹介します。

  •  今年はミレニアム世代の「2000年代生まれ」が初めて社会に足を踏み入れる年です。経営者によりますと、ミレニアム世代がわがままですぐに仕事を辞めるし、ガラスのように繊細で弱い心を持っているなどのレッテルが貼られています。では、このような認識に何か偏りあるのでしょうか。実際に社会に出て働くようになったミレニアム世代は、職場でどのような姿を見せているのでしょうか。

  •  今日の中国では、整理収納サービスから遺品整理士が新しい職業として生まれました。遺品整理士に対して感情面のニーズがより大きいようです。家族が亡くなると、悲しみのあまり、一人で遺品に向き合うことができないという人が、整理士を呼んで遺品の整理と清掃を手伝ってもらい、処理方法をアドバイスしてもらうといったケースが多いようです。

  •  これまで星座は人付き合いの中で、若者に最も人気の話題の一つでした。それが今の中国では、性格診断に取って代わられそうになっているようです。では、両者の間にはどんな違いがあるのでしょうか。ライフマガジン、この話題についてご紹介します。

  •  どの時間帯に食事をとるかと代謝や健康の間に高い関連性があるようです。北京協和病院肝臓外科の研究によりますと、「朝型の食事」により、夕食抜きのライフスタイルが血糖値を改善し、体重と体脂肪を減らし、腸内細菌の多様性を高めることができるということです。

  •  コロナ禍の中、中国の旅行市場は「近場旅行」の増加が特徴となり、「プチバケーション」時代が到来しています。車で2、3時間ほどで行くことのできる都市やその周辺をメインにした場所を2泊から3泊ほどで旅行し、旅行の頻度が高く、満足感が比較的高い新興旅行スタイルとなっています。

  • ここ数年、中国では女性の住宅購入パワーが日増しに高まっています。女性の住宅購入意欲が年々上昇しているのは独立の意識や所得水準といった要因による影響だけでなく、現代社会における結婚の役割の変化とも密接な関係があります。ライフマガジン、最初の話題は花より団子、結婚よりマイホームという中国女性の財テク観念に迫ります。

  •    アニメはこれまでずっと日本の重要な文化的シンボルマークの1つでした。アニメアートは日本だけのものではありませんが、日本の作品が持つ芸術スタイルや産業規模により、世界の中で独自の位置を占めてきました。<中日カルチャーショック>、今回は中国人から見た日本アニメの黄金時代に迫ります。

  •     皆さんにとって、どんな人が人生の勝ち組と言えますか。実は、こちら中国では、勝ち組の新基準が最近ネット上で話題を呼んでいます。中国では、今の若者にとって「人生の勝ち組」の新しい定義は、「金も時間もあり、ネコとイヌを両方飼っていること」になっているようです。では、その理由は何でしょうか。<ライフマガジン>、最初はこれについてご紹介します。

  •  女性デ‐を迎えるため、今日は3人の素晴らしい女性にクローズアップします。最初に登場するのは、このほど北京冬季オリンピックで大活躍した、ある18歳のスキーヤーです。

  •  暇な時になるべく鏡を見るとダイエットに役立つことが、科学者の研究で分かりました。新しい一年、お正月が過ぎると、体重が増えた方への朗報ですね。番組の冒頭では、その詳細についてご紹介します。

  •  真冬のロマンの一つに、痛い教訓もあるようです。最近、中国の南方エリアである浙江省出身の若者張さんが、東北エリアの極寒の屋外に立つ金属製のポールを舌で舐めてみたところ、舌がくっついて離れなくなってしまったという顛末をとらえた動画がネットで注目を集めています。

  •  北京冬季オリンピックが昨日(20日)閉幕しました。忘れがたい大会ですね。皆さんにとって、今大会では、一番忘れがたい瞬間は何でしょうか。そして、今回の季オリンピックで、一番のスーパースターと言えば、誰だと思われますか。<ライフマガジン>、今日は北京冬季五輪の余韻に浸りながら、これまで激動な2週間を振り返りましょう。

  •    今年の春節(旧正月)は2月1日で、春節連休は6日まで終わりましたが、一般的に春節を祝う行事などは旧正月の15日まで続きます。今年は感染症対策の強化によって、多くの人は帰省などの長距離移動を避けて現地に残って春節を祝いました。その一方、実家の両親や親友に何かプレゼントを送って新春の祝福を伝えています。生活レベルや物質的な生活が豊かになりつつある時代、贈り物にはクリエイティブや工夫が必要だとみられています。面白いか実用的であれば良い。お決まりのお酒やタバコ、砂糖菓子、お茶のような定番の贈り物のほか、ハイテク商品が流行の選択肢になっているようです。

  •    中国の主な家族の形態は、四世代が同じ家に暮らす「四世同堂」から、一組の夫婦とその子どもからなる「核家族」へと変化し、今はさらに、一人暮らしの単身世帯や一組の夫婦のみの世帯がメインになるようになっています。「ライフマガジン」、今回は中国の一世代世帯にクローズアップします。

  •    中国の大手動画配信サービス愛奇芸(iQIYI)は先月からゴールドVIP会員の会費を値上げすることを発表しました。中国の長編動画コンテンツプラットフォームにあふれるおびただしい数のCM、しょっちゅう値上げされる会費、プレ放送などのさまざまな収益モデルが視聴者から絶えずツッコまれます。一方、そのユーザー体験はどうなっているのか、「ライフマガジン」、最初の話題はこれについてご紹介します。

  •  顔認証技術は普及しつつある中、その安全性はホットな話題となっています。顔認証技術の乱用を懸念している人もいれば、政府が監督管理機関の管理によってリスクが軽減されるだろうと安心して使う人もいます。では、顔認証の安全性について、何か注意点があるのか、「ライフマガジン」では、この話題を取り上げてご紹介します。

  •  中国国家語言資源モニタリング・研究センターは今月6日、「2021年ネット用語トップ10」を発表しました。ランク入りしたのは上から順に、「覚醒年代」、「YYDS(神ってる。中国語「永遠的神<Yong Yuan De Shen>」の頭文字)」、「双減(ダブル負担軽減)」、「破防(ガードオファ)」、「元宇宙(メタバース)」、「絶絶子(超すげぇ)」、「躺平(寝そべり現象)」、「傷害性不高、侮辱性極強(大して傷つかないけどかなり侮辱的)」、「我看不懂、但我大受震撼(よく分からないけど、ショックを受けた)」、「強国有我(強国建設には私がいる)」でした。ライフマガジン、今回は番組では、これら2021年の中国流行語にクローズアップします。

  •    本格的な冬に入った中国。全国ではダウン類衣類の売り上げは急成長しています。ダウンと並ぶ標準装備は保温インナー。これまで着なかった人たちまで、今年は寒さのしのぐために購入しており、そのうち男性消費者が3分の2を占めているということです。従来は高齢者向けの保温インナーは今冬、若者の間でも人気アイテムとして、好調な売れ行きを見せています。

  •     無形文化遺産は博物館の棚にしまい込まれた「骨董品」ではなくなり、インターネットの世界で若者に人気の中国伝統の要素を取り入れたおしゃれな国産品のトレンドに生まれ変わりました。現代人の審美眼とニーズに応えられるようにならなければ、若者にアクセスすることはできないし、伝承もできなくなる。この若きアーティストのアイデアで感覚を一新しました。

  •  「温室育ち」で家事などは何もしたことがなかったZ世代(1995年代後半から2009年生まれの世代)も、新型コロナウイルスの影響で、自宅で過ごすことが多くなったのをきかっけに、食品や野菜に関心を持つようになり、自炊して、落ち着いて日々の暮らしをじっくりと味わうことを覚えるほか、過去と未来についてゆっくりと考える時間ができ、ニューライフを満喫するようになっています。

  •  「中国青年報」教育科学部が職業院校の学生を対象にした就職をめぐるアンケート調査によりますと、2000年以降生まれの十代の若者たちが最も希望しているのは「自由の利く仕事」であることが分かりました。融通、自由の利く仕事が若者から人気を呼んでいるようです。

  •  ネットの流行はもう何度も変わっていたと戸惑う声を耳にします。「YYDS」や「凡爾賽」「天花板」……流行語の移り変わりの速さにネットユーザーらは、「テレビ番組のコントであるネット流行語が使われるようになった頃にはもう時代遅れで、ネット流行語が目まぐるしく移り変わるというのは、肌で実際に感じることのできる事実となっています。

  •     最近、一部高齢者の中にスマート技術を使う時困難にぶつかっているというのが、社会問題になっています。すると、市場ニーズを踏まえて、高齢者向きの5Gスマートフォンを逆方向のオーダーメイドで製造し、スマホを使いこなせない高齢者にエンターテインメント、学習、移動などを網羅するワンストップ式スマート生活ソリューションが現れました。

  •  上海では、輸入博マーケットが市民や観光客の人気集めるスポットになっています。上海市南京路歩行者天国にある輸入博フェアでは、ショッピングや写真撮影を楽しむ多くの市民と観光客が殺到してきました。面積約550平方メートルの空間に、国家館、輸入博商品集合館、プチブランド館などのエリアがあるほか、輸入博文化クリエイティブグッズ専門エリア、万国美食体験エリア、文化パフォーマンスエリアも設置され、アパレル、バッグ、食品・酒類・飲料、コスメ・セルフケア製品、工芸品など10数類の輸入商品が販売されています。

  •  中国伝統文化の要素をたくさん取り入れた「国風ミュージック」が近年、オンラインだけでなく、オフラインでも人気を集めています。美しく、上品なメロディーで、歌詞からは伝統文化の風情が満ち溢れ、中国らしい魅力を物語っています。

  •    今年、中国の国慶節(10月1日)のGWの期間中(10日1~7日)、中国で一番人気の観光スポットは、先月20日に正式オープンした北京ユニバーサル・スタジオと言えます。では、なぜ北京はユニバーサル・スタジオを建設するのでしょうか。人気の理由は何でしょうか。<ライフマガジン>、今回は北京ユニバーサル・スタジオについてご紹介します。

  •  中国国家統計局上海調査チームは先日、上海における市民出産意欲調査報告を発表しました。報告によりますと、市民の半数近くは「子の数は1人」が理想的と考えており、第2子を持つ意欲はあまりないとのことです。第2子を持つ意欲に乏しい原因としては、個人の気力や経済力が挙げられました。中でも教育費は、子育てにおいて最も主要な経済負担です。

  •  インターネットで運動関連の動画をランダムに選んで見てみると、ネットユーザーたちのコメントが目に入ります。トレーニングのコツを伝えるものから、地獄のトレーニングにツッコミを入れながらも、ハマっていくようなものまであります。一部の若者たちは、ジムには姿を現さないものの、トレーニングをネット上でやり続ける方法を見つけています。ライフマガジン、中国のオンライン運動にクローズアップします。

  •  最近は天気が徐々に涼しくなり、「この秋一杯目のミルクティー」がコット話題ランキングの上位に入っている。しかし多くのネットユーザーからは、今秋一杯目のミルクティーを飲んだら眠れなくなったとの報告が上がっている。ライフマガジン、今日最初の話題は、秋のミルクティーに迫りましょう。

  •  世界的な新型コロナウイルス感染症が多くの不確実性をもたらす中、アウトドア要素をファッションに取り入れることが、日常生活に安心感や快適感をもたらすためのデザインのカギになっています。最近、ダイエット体操、ストリートダンス、自転車旅行など……SNSで人気の「軽い運動」が、それにふさわしいファッションブームを促している。今日最初の話題は、このような軽い運動にスポットを当ててご紹介します。

  •  中国の中秋節にしても、日本の十五夜にしても、いずれも古くから馴染まれてきた秋の行事です。きれいに輝くお月様を眺めて、家族と一緒に月餅とか、月見団子を食べて、季節の行事を楽しんでください。家族と一緒に月餅とかお団子を作ってもいいのですね。 この場をお借りして、リスナーの皆さんのご家族のご健勝と一家団欒をお祈りします。

  •     このところ、若者の夜更かしという現象がやや目立つようになっています。ライフマガジンでは、これについて話します。実は、中国青年報社社会調査センターがこのほど実施したアンケート調査によりますと、回答者の61.3%が「1週間に3回以上夜更かしする」と答えました。夜更かしの習慣を改めるのが難しい理由について、58.6%の回答者は「仕事や生活のプレッシャーが大きく、やる事が多い」、58.5%の回答者は「寝る前にスマホをいじるのが習慣になっていて、いつの間にか遅い時間になっている」ということです。

  •  いま、中国の多くの観光地では、クリエイティブアイスが人気を呼んでブームになりつつあります。三星堆の青銅仮面、広州のランドマーク・広州テレビタワー、西安の城壁、武漢の黄鶴楼、敦煌の彫刻や故宮の神獣など、種類が盛り沢山!値段は一本15~20元(230円~350円)程度です。

  •  整理収納アドバイザーは肉体労働で、技術を要する仕事でもあり、専門性の高い仕事でもあります。プロの整理収納アドバイザーはオールラウンダーです。まず必要なのは空間を全面的に把握できることで、うち、顧客の家を訪問してサイズを測り、顧客とコミュニケーションを取り、顧客の日常的な習慣、日常的な動線などを理解する必要があります

  •  ネットショッピングの普及により、中国では中国らしい伝統的な要素を取り入れたおしゃれな国産品トレンドが広まっています。スマートホーム、飲料水、おやつなどがユーザーたち、とりわけZ世代(1995年代後半から2009年生まれの世代)の若者の注目を集めており、国産品の主な消費層になっています。

  •  日本貿易振興機構(ジェトロ/JETRO)は2014年から中国各地で「中日介護産業交流会」を開催し、日本の介護サービス、介護製品及び理念を紹介しながら、両国の協力を強化し、中国事情に合った介護サービスモデルを共に模索しています。今年の「中日高齢者産業交流会」で、日本企業32社が中国社会に向けてオーダーメイドの介護製品を打ち出しました。

  •     ドラマ「覚醒年代」は現在、レビューサイトやSNSで大きな話題となっており、特に若者に人気となっています。続々と寄せられる登場人物やストーリーをめぐる書き込みを見ると、革命をテーマにしたこの歴史ドラマにZ世代(1995年代後半から2009年生まれの世代)と呼ばれる若者たちがすっかり夢中になっていることが分かりました。ライフマガジン、今回は革命ドラマブームについてご紹介します。

  •  今年の中国の大学統一入学試験(「高考」)が終了して2カ月近く経ちました。そして、ポスト大学入試シーズン、大学入学経済という大きな舞台が幕を開けています。1078万人に上る大学受験生の巨大な消費層、3ヶ月もある休暇シーズン、試験のプレッシャーから解き放たれて思い切り遊びたい、ゆっくりしたいという気持ちなどが、高校卒業生に大きな消費動力を注ぎます。また、データによりますと、旅行、美容医療、自動車教習所などは大学入試経済で最も人気を呼んでいる業界ということです。

  •  近年、中国のオンライン有料知識コンテンツ業界の市場規模が急速に拡大しています。オンライン注文、バーチャルで形がない商品、時間と場所を選ばない情報など、一見些細な変化の背後には、さまざまな魅力が潜んでいます。ライフマガジン、今回はこの話題についてご紹介します。

  •  眠れない!中国では猛暑日が続いています。各地は「蒸し暑さ」モードとなり、最低気温は30度近くまでしか下がらず、蒸し暑さによる不快感は1日中続く模様です。みなさんの町ではいかがなのでしょうか。蒸し暑いのですか。猛暑が続く中、くれぐれもご自愛くださいね。

  •    コロナ禍の中、海外旅行が制限されているため、中国消費者は海外で予定していたショッピングの場所を国内に移し、上海、北京、広州、深セン、三亜が大陸部の5大ぜいたく品ショッピング都市になっています。とりわけ、海南省の開放型経済の発展に後押しされて、海南の免税店は消費者がショッピングする場所として急速に成長しています。

  •  7月に入りました。近頃は中国では卒業のシーズンです。また新たな大卒者が学校を出て社会に入ります。教育部のデータによりますと、今年の全国の大卒者は前年比35万人増の909万人に上ります。例年とは異なり、アルバイトをしながら各地を旅行するなどして人生経験を豊かにする人や、大学院試験や公務員試験、各種職業技能試験に向けて準備する人、新型コロナ収束後の海外留学を待つ人など、「ゆっくり就職」の傾向が多く見られます。

  • 真夏日はスイカに限る!あまくて水分たっぷりの冷えたスイカを夏の暑い日に食べると、最高に美味しいです。また、スイカには、水分がたっぷり含まれるため、水分補給には最適です。抗酸化物質のリコピンも含まれますので、がんや心臓病の予防にも効果があるそうです。ただし、食べ過ぎると、下痢になりやすいので、胃腸が弱い人は食べ過ぎに要注意ください。

  •  中国では、第7回全国国勢調査の結果がこのほど発表されました。それによりますと、中国の総人口は約14億1千万人で、人口増加の傾向には多くの変化が見られています。一連の構造的矛盾が深刻になりつつあり、とりわけ、出産年齢にある女性の数が減少し、出生数の減少も続いています。では、中国の若者たちは、なぜ子どもをほしがらないのでしょうか。今回の「ライフマガジン」はこの話題をめぐってご紹介します。

  •  中国では、今年の端午節(旧暦5月5日)は6月14日。12日から14日までは3連休となります。端午節はもともと古代中国において成立した暦上の節目の日で、日本の「端午の節句」は端午節から取られたものだとみられています。また、端午節は現在の中国においても大切な節目として考えられており、各地で古来より伝わるさまざまな風習が残っています。今週の「ライフマガジン」では、端午節に関する中日のカルチャーショックにクローズアップします。

  •  中国人民大学中国が先月に発表した「中国Z世代求職トレンド調査報告」によりますと、Z世代(1995年から2009年までの間に生まれた人)の三分の一が中小企業での就職を望み、「大手」企業は彼らにとって、就職活動における唯一の選択肢ではなくなったことが分かりました。

  •  男性は生え際に注目、女性は美白としわ取りに拘り、最近、自分の外見のために喜んでお金を使う人がますます増えています。顔だけではなく、ボディメイクをする人もいます。では、今の中国では、どのような美容医療メニューが人気なのか、どのような人たちが美容医療にお金を使っているのか、その消費の動機はどこにあるのか、今回の「ライフマガジン」でご紹介します。

  •  今、中国の人気グルメランキングと言えば、タニシ麺が必ずランク入りするはずです。中国の流行グルメに興味お持ちの方には、タニシ麺のおいしさから逃れられる人はいないでしょう。また、注目されるのは、タニシ麺はできあがったインスタント食品ではなく、店では食べられず、購入後に自分で加熱調理しなければならないことです。

  •    中国では近年、茶葉やミルクと、フルーツ、野菜などをアレンジした新スタイルのソフトドリンクが若者に間で人気を集めているのを背景に、「ドリンクテンダー」が人気の職業になっています。最近発表された第4陣の新職業18種類にも名を連ねています。

  •  5月の北京、ポプラと柳の白い綿毛のついた種が飛んでいて、飛散のピークに入っています。北京市全域で、エリアや時間帯を絞って水やミストを噴射し、地面に落ちた綿毛を水で流したり、回収・清掃したりするなど、さまざまな重点措置が講じられています。

  •  中国では、5月1日の「メーデー」に合わせて、1日から5日までが5連休となります。5連休の期間中、旅行を計画する人が非常に多く、多くの人気観光コースの価格が高騰し、航空便を見ると、多くの便のチケットが連休前にすでに完売となっています。

  •  中国の古典『西遊記』に登場した二郎真君は「天眼」によって幻を見抜く能力を持っていた。21世紀に中国が造り上げた天眼――世界最大の電波望遠鏡である500メートル球面電波望遠鏡「FAST」は137億光年よりも先の宇宙を見通せます。この望遠鏡が北京時間3月31日零時から世界の科学界に向けて正式に開放されることになりました。では今後、外国の科学者はどのようにFASTを利用できるのか、「ライフマガジン」でご紹介します。

  •  今や「萌えグッズ」がインターネット消費の分野で大流行中で、「萌え経済」がトレンドをけん引する新業態になっています。しかし「萌え経済」の人気と同時に、海賊版の問題や深刻な同質化といった現象もみられるようになりました。

  •  経済社会の成長と進化は若者たちの職業選択意識の変化を促しています。「自立」を考えると同時に、自分の好きなことや夢を追い求めたいと願って努力している若者たちが大勢います。今回のライフマガジンでは、これら新業種に飛び込む勇気のある若者たちにクローズアップします。

  •  春が訪れ、北京は間もなく花見シーズンを迎えます。北京市文化観光局は先日、市民や観光客が花を観賞しながら古建築に関する知識も学ぶことができるように、「北京散策:春の花を観賞し建築を読む」をテーマとした12の観光ルートを発表しました。

  •  新型コロナウイルスが世界で猛威を振るい、中国人学生の海外留学にもダメージをもたらしています。しかし、海外留学は依然として、重要な進学の方向となり、最近の調査では、コロナ禍の中でも、海外に留学する中国人学生はプラス成長をキープしているということです。

  •  インターネット技術が急速に発展するにつれて、新たに登場したショート動画という形式が、中国文化を海外に伝える新しい窓口となっています。そのうち、世界で一世を風靡している抖音(TikTok)を取り上げないわけにはいかないでしょう。

  •  新年を迎え決意を新たにしている人も多いのです。就業者のうち、春節後に転職の計画がある人の割合は48%に達しました。そのうち、58%は業界内での転職を希望し、31%は業界を変えることを希望しています。

  •  中国は世界で最も古くから「姓氏」を使い始めた国で、すでに5000年以上の歴史を誇ります。「中国姓氏大辞典」に収録されている古代から現代に至るまで各民族が使用してきた漢字表記の姓氏の数は約2万4000種でした。

  •  2020年は新型コロナウイルス感染症の突如発生により、多くの人々は勉強や仕事、生活などの面で大きな試練を経験してきました。しかし、多くの若者はたいへんな年となったその1年の間にそれまでには得ることができなかった収穫を得て、成長することができたようです。「ライフマガジン」では、彼らの物語についてご紹介します。

  •  ブラインドボックスというのは、ボックスなどの中に異なる商品が入れられており、購入前に開けて中身を確認することはできません。つまり、何が出てくるかは運次第ということになります。近年、そんなワクワク感が魅力のブラインドボックスが人気を集め、特に若者の間で大ヒットとなり、市場の注目を集めています。

  •  最近、若者の間で仮想現実恋人(VR恋人)が流行っています。その人気の背後には、多くの若いネットユーザーが「社交不安症候群」と「孤独感」を持っているからだと考えられます。特に、現代の若者が恋を追い求めるのは人間にとって当たり前のことだと思い込んでいるが、多くの人はその希望をVRの世界に託しています。

  •  中国では、旧正月の春節の年越し料理は飲食企業にとって一年のうち最も重要な業務の一つとされています。それから1年間の紆余曲折を経て中国の飲食企業は今年の年越し料理の業務改革に乗り出し、年越し料理のデリバリーやお客様の自宅でのオーダーメイドサービスが新しいトレンドになっているようです。

  •  「インターネット+技術」の急成長により、中国全土のインターネット病院が年々増加しています。2018年は中国全土で100ヶ所余りに過ぎませんでしたが、2019年は530ヶ所に増加し、2020年は900ヶ所以上にのぼったということです。

  • インターネットが発展を続けているのを背景に、インターネットデビューする高齢者もどんどん増えています。時代のトレンドをしっかりと追いかける「新高齢者」、今年は新型コロナウイルスの影響でその流れがさらに加速しています。

  •  少年・児童は国の希望であり、民族の未来です。青少年が将来の自分の成長に自信を持っているのはその成長の環境、生活している時代背景などと密接な関係があります。

  •  一人暮らしの高齢者のケア問題をどのように解決すれば良いのか、上海市が出したその答えは「スマート介護」です。上海市がこのほど、一人暮らしの高齢者の家に設置したスマート水道メーターが大きな話題となっています。上海市長寧区江蘇路街道では、スマート水道メーターは「スマート介護」の一部で、他にもドアの防犯ベル、火災警報器、赤外線監視カメラなども設置されています。

  •  上海市永康路に最近、一風変わったカフェが登場しました。店では壁に開けられた小さな「洞穴」から、店員が出来上がったコーヒーを「クマの手」で渡してくれます。客はコーヒーを待っている間に、この「クマの手」と交流することもできます。実は、この可愛い「クマの手」に関して、ある心温まる物語が隠されています。

  •  ワクチンを打ったり栄養補給剤をたくさん買ったり脱毛防止に気を配ったり、フィットネスに励むように、今の若者はヘルスケア関連の消費をするようになっています。ヘルスケア関連の消費が若年化しているのを背景に、ヘルスケア関連の消費全体の傾向にも変化が生じてます。

  •  新型コロナウイルスは人々の生活を著しく変えただけでなく、人々が普段使用する言葉にも影響を与えています。最近、多くの辞典が「今年の言葉」を発表しており、新型コロナウイルス関連の言葉が相次いで選出されています。

  •  RCEP=地域的な包括的経済連携協定が11月15日に正式に締結され、世界最大の自由貿易圏が誕生しました。RCEPを通じて中日の自由貿易関係も構築されることとなります。中国が世界トップ10のエコノミーと自由貿易協定を調印するのはこれが初めてで、これによって中国は自由貿易パートナーとの貿易が占める割合が現在の28%から35%に上がる見込みです。

  •  ここ数年、「国潮」ブームがホットな話題となっています。伝統文化と美意識の復興がその特徴として、おめでたい雲の図柄、繁体字の漢字などの文化的モチーフが文化の枠を超えて中国らしい「潮(オジャレ)」を発信するとともに、東洋美学」への憧れを引き起こしています。

  •  第3回中国国際輸入博覧会が先週閉幕しましたが、上海の浦東にある「一帯一路」国別モールは上海自由貿易区の政策が周辺の一般市民にもたらした福祉の一つとして、誰もが楽しめる集中展示スペースで、目に見える消費体験と文化体験を提供しています。ここはまさに「永遠に幕を下ろさない輸入博」とも言えます。

  •  黄浦江のほとりにある上海が今、世界の注目を集めています。世界で唯一「輸入」をテーマとした国際博覧会・中国国際輸入博覧会は今年、3回目を迎えました。今回の輸入博では、食品・農産物、自動車、技術装備、消費財、医療機器・医薬保健、サービス貿易という6つの展示エリアのほか、公衆衛生、スマートモビリティ、省エネ環境保護、スポーツ用品・競技など4つの専門エリアが新たに設置されています。

  •  最近、次世代インターネットとも呼ばれる量子インターネットは注目を集めています。今後数年間、量子インターネットは量子通信技術によって従来のインターネットにエネルギーを注入することが主な応用になり、情報の検索、電子メールの送受信、WEB会議など、日常生活に浸透しつつあると見込まれています。

  • 近年、中国では「親子読書」がますます重視されています。子供の幼少期に書店へ行き、一緒に本を読むことを多くの保護者が当たり前のこととして選択しています。

  •  故郷を離れた多く人は、どんなにおいしいものを食べても、故郷の味ほどおいしさや心地良さを感じることができず、何か物足りなさを感じると、郷愁の味を体験したことがありますか。

  •  ここ数年、モバイルインターネットが広く普及するのに伴って、バーチャル空間にある自分のデータ・情報に注目する人がますます増え、個人のデジタル遺産のバックアップに関する議論もしばしば起きています。「ライフマガジン」、今回はデジタル遺産の相続についてお話します。

  •  新型コロナの影響を受けて「おうち経済」に火をつけ、こうした小型家電のSNS、ライブ配信、動画配信プラットフォームでの「登場率」が非常に高くなり、「ネット小型家電ブーム」を引き起こしています。

  • 「種」に「草」と書く「種草」は、もともと「草を植える」ことを意味し、ネットユーザーがネットで商品情報を共有したり商品をすすめたりして、見ている人の購買意欲をかき立てる行為を指します。今では、友人の間で商品をすすめるだけでなくなり、好きなものを共有することに喜びを見いだす人々に利益をもたらす可能性があります。自分がいいと思ったものを他の人にすすめ、その人がこうしたプロセスをよしとし、そこから生まれたトレンドを「種草経済」と言います。

  •  1406年から1420年まで14年の歳月をかけて建てられた故宮こと北京の紫禁城は、今年で600歳を迎えた。明・清という中国最後の二つの封建王朝の皇居として、24人の皇帝がここに暮らしていました。封建王朝の崩壊により、500年以上の風雨を経験した紫禁城は扉が開かれ、1925年に故宮博物院として生まれ変わりました。新中国成立後、幾度もの修繕を経て、人民の博物館として栄えた故宮は1987年に世界遺産に登録され、東方建築文化を代表する観光の聖地となりました。2002年、故宮はこの100年で最大規模の修繕を迎えました。ハード面の修繕に伴うのは、ソフト面の改革とイノベーションです。

  •  都市部の若者、彼らの多くは従来の意味での貧乏人ではないまでも、「ニュープアー」と呼ばれています。高等教育を受け、一定の美意識を持つ一方で、経済力はブルーカラーと大差なく、都市の周辺に暮らす若者たちです。彼らは往々にして消費観と生活状態の矛盾に直面しています。今日の番組では、都市部の若い「ニュープアー」の生活実態に迫ります。

  •  食料の節約は、食べ物に使うお金を節約するだけではなく、食べ物の生産に費やした自然資源を無駄にしないということです。環境資源を大切にすることは、人類にとって永遠の美徳です。さらに、節約というのは低効率や低品質を意味するのではなく、むしろ合理的な配置の下で利益は多くなります。そして個人にとっては、節約や倹約は人としての素養や、家庭教育と品位の現われとみられています。

  •     先週火曜日、25日は旧暦の7月7日で、中国の「中国のバレンタインデー」とも呼ばれる旧暦七夕に当たります。今年、「七夕ガエル」が大きな話題となり、超人気者になっています。七夕になると、一緒に過ごす恋人のいない多くの若者らがオンラインショップで寂しさを紛らわせる方法を探しています。いつの間にか「七夕ガエル」の人気に火が着きました。その理由は、カエルの鳴き声と孤独を意味する中国語の「孤寡(グーグア)」の発音が似ているからです。

  •  アフターコロナの時代、中国では中古品のネット上での取引量がピークを迎えています。特に、20歳前後の若者が「断捨離」を身につけて安いものを楽に手に入れるように中古品の取引に夢中になっています。シェアリングエコノミー(共有経済)が社会経済発展の新たな原動力となりつつある現在、「中古品経済」もその重要な構成要素となっているようです。

  • 「戦後75年」の到来に伴い、かつての侵略戦争を経験した世代は日本でわずかな人数となり、侵略の歴史に関する社会的な「共通の記憶」が色あせ、日本社会では戦争への反省が風化されつつあります。

  • 「弾幕」という言葉からは、断片化した状態がイメージされます。ほんの一言二言で奇抜な発想を表現するものもたまにはありますが、そのシーンに対する態度を表明するようなものがほとんどです。

  •  商務部など7部門がこのほど、「小店舗経済の推進行動の展開に関する通知」を出しました。それによりますと、2025年をめどに、小店舗経済モデル都市(区)100ヶ所を育成し、サービス企業100社を支援し、人気が高く、生活密着型の小店集積エリア1千ヶ所を形成し、『百都市千エリア一億店舗』の目標を達成するということです。では、小店舗経済はいったいどんなあり方なのでしょうか。「ライフマガジン」でご紹介します。

  •  中国国家鉄路集団有限公司が最近発表したデータによりますと、今年上半期、中国の鉄道では115件の建設中プロジェクトの工事が全面的に再開されました。下半期には24件のプロジェクトが開通する見込み。今年、新たな路線4400キロメートル前後が開通する予定で、そのうち、高速鉄道は約2300キロとなっているということです。

  •  中国大学統一入学試験、通称「高考」が終わり、夏休み旅行が盛大に幕を開けました。今年は新型コロナウイルスの影響によって、海外旅行に行く人はめったに少ないし、ほとんどの人は国内旅行を選んでいます。 中国国内では、新型コロナウイルスの沈静化に伴い、人々もいつも通りの生活に戻りつつあります。<ライフマガジン>、今日は再開しつつある中国の観光市場にスポットを当ててご紹介します。

  •  2020年の大学受験が先週、7月7~8日の両日に行われました。今年の北京市では中国大学統一入学試験の受験生は4万9225人に上り、市内が17ブロックに分かれ、132校の教室など2867ヶ所が受験会場になりました。新型コロナウイルス感染症という特殊な状況の中、受験会場はいつもとどう違いますか。感染症対策はしっかり行われていますか。<ライフマガジン>、大学統一入試試験の受験会場へ行ってみましょう。

  •     7月7日は日本では七夕ですが、中国の人にとっては忘れがたい一日です。1937年7月7日、日本の帝国主義勢力は七・七事変(盧溝橋事変)の画策を発端に、全面的な対中侵略戦争を発動しました。それから83年が過ぎました。そして、今年2020年は中国の抗日戦争勝利75周年、世界反ファシズム戦争勝利75周年を迎えます。戦争を記念するのは、戦争を避けるためです。いかに戦争の傷跡を乗り越え、心の和解を実現させ、平和と友好を長く続けていくのか、中日両国にとっては、まさに大きな課題となりますね。これからもリスナーの皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

  •    旧暦の5月5日は端午節(端午の節句、今年は6月25日)。小型の3連休に伴い、連休に出かける計画を立てていた人が多かったのですが、北京市で新型コロナウイルス感染症のぶり返しが起こり、緊急時対応レベルが2級に引き上げられ、北京の出入りが厳格に管理コントロールされるようになると、計画の多くが水の泡になってしまいました。それにもかかわらず、特別な3連休を在宅で過ごした人々は、豊かな生活を楽しむ方法を見出しました。

  •    毎日グルメ20種を試食する新職業「デリバリーマーケティング・オフィサー」は、「オンラインレストランコーディネーター」か「デリバリーマーケティング・オフィサー」とも呼ばれます。主な仕事は、デリバリーサービスだけでなく、店内飲食サービス業務も改善し、サポートすること。例えば、店内での試食、商品のコントロール、商品の整理、デリバリー営業戦略の策定、ユーザー管理、メニューの研究開発、レストランの位置づけ、ウェブページ企画、商品パッケージのデザインなど。ニューエコノミーの下で誕生した新職業の一つとなっています。

  •  北京市では先週木曜日から、連続で新たな新型コロナウイルス感染者が確認されました。いずれも北京市最大の農産物卸売市場を出入りした経験があります。また、この農産物市場で輸入サーモンを切るまな板から新型コロナウイルスが検出されました。これを受けて、北京の主要スーパーマーケット、超市発、物美、カルフールなどでは、すべてのサーモンを売り場から撤去し、販売を中止しました。

  •  1月からの冬休み、登校再開5月から。声はそのまま体は肥えて、先生わからず問いかける。まるまる太ったキミは誰?

  • 中国郵政は国際児童デーにあたる6月1日に記念切手「アニメーション――葫芦娃(ひょうたん童子)」6面シートが発行されました。「ひょうたん童子」は上海電影製片厰が1986年に制作したオリジナル切り絵アニメ(全13回)で、放送されると大勢のファンを獲得し、今なおたくさんの人々に愛されています。

  • 風薫る5月の北京。世界からの脚光を浴びています。新型コロナの沈静化により、中国の「両会議」こと、全国人民代表大会(全人代)と中国人民政治協商会議(政協)が22日と21日にそれぞれ開幕しました。

  •    5月18日は国際博物館の日です。今年は、新型コロナウイルス感染症の影響で、1ヶ月以上閉鎖されていた中国各地の博物館が続々と再開しています。消毒やスマートガイド、科学的な入場者制限、入場券の「無接触」購入などの対策を講じて、安全な運営を保証しています。また、博物館や景勝地など、文化・観光産業は、オンラインでの「クラウド見学やクラウド観光」など、斬新なサービスの開発を通じて、新たな運営スタイルや発展の可能性を探っています

  •  新型コロナウイルス感染拡大をほぼ封じ込めた中国全土の学校では、続々と登校が再開されています。そんな中、子どもを感染からしっかり守るため、子どもにN95マスクを着用させ、登校させている保護者も一部おり、さらには体育の授業もN95マスクを着用したまま運動する子どもすらいます。

  •  5月4日は、中国で「青年デー」、言わば「若者の日」です。このほど、武漢で火神山病院と雷神山病院の建設に参加した作業員たちは武漢からの「特別な」絵葉書を送られました。これらの絵葉書は、新型コロナウイルス感染者を収容するために建設された仮設病院火神山病院と雷神山病院の建設現場を撮影した写真1万枚以上の中から10枚が精選されたもので、「平凡な英雄」に感謝し、心から敬意を表すものです

  • 春も終わりに近づき、まもなく5月を迎えますが、世界中、新型コロナウイルスの対策がまだ引き続き行われている最中です。まもなく迎えるGW、日本の皆さんは是非、自宅待機して、不要不急の外出を控えてください。これは自分の健康を守るためでもあり、他人にご迷惑を掛けず、他人の健康を守る重要なマナーでもありますから。ぜひ、感染症の沈静化まで、もう少し我慢してください。

  •  今月8日午前0時、武漢市の封鎖が解除され、湖北省は「再始動」しました。交通とビジネスの活力が徐々に回復し、生産や生活は次第に元の軌道に戻りつつありますが、経済の復興は大きな挑戦に直面しています。帰ってきた湖北経済の迅速な復興に向けて中国式の「爆買い」による歓迎会が行われました。Eコマースを利用して、ネット上では湖北製の商品を買い尽くすキャンペーンが絶賛実施されています。

  • 新型コロナウイルス感染防止対策が実施されている期間中、自宅待機している人は自由に使える時間が増え、新しいスキルを学ぶ機会にもなっています。料理の腕を上げたり、書道や楽器の練習をしたり、資格を取得するために勉強したりしている人もいます。あなたは最近どんな新しいスキルをマスターしたのでしょうか。

  •  新型コロナウイルス肺炎の流行は、新中国の成立以降、最も感染スピードが速く、拡大範囲が大きく、予防・抑制が困難な、最大規模の突発的公衆衛生事件です。3日24時現在までに、中国国内で新型コロナウイルスへの感染による死者は3335人となりました。 これを受け、清明節に当たる4日に、中国は全国的な追悼式を実施しました。

  • 新型コロナウイルスの感染が世界規模で蔓延し、急を要する中、習近平国家主席は26日夜、主要20カ国・地域(G20)の首脳らと緊急に交流と調整を行いました。その際、習主席は「中国策」を打ち出し、世界が感染と戦うための「処方箋」を提出しました。

  • ウイルスの呼び名に種族や地域名と結び付けることは誰の利益にもならず、感染拡大の防止に支障をもたらすばかりです。悪いのはウイルスであり、特定の国や地域に住む人たちではありません。ウイルスの汚名論は科学コミュニケーションを失敗に誘導し、社会に弊害をもたらすだけです。

  •  新型コロナウイルスの感染が中国国内で終息しつつある一方、世界での感染拡大が続いています。特に、イランやイタリアなどでの感染状況は深刻のようです。また、これまで、中国はイラン、イラク、イタリアに医療チームを派遣しました。

  • 3月8日は国際婦人デーです。中国ではここ数年、「女性の日」か、「女王の日」、「女神の日」とも言われています。中国では、多くの女性が各業界で活躍し、社会を推し進める大きな力になっています。彼女らが頑張る姿は多くの人の励みになっています。ここ数年はそれぞれの分野で優れた成果を挙げる女性の姿が目立ちます。今年の「女性の日」には、ある女性たちは一番輝いて美しいのです。そう、未だに、新型コロナウイルスの医療現場で患者の治療や救命に力を尽くしている女医や看護婦たちです。

  • いま、中日韓三カ国は新型肺炎の感染拡大防止に取り組むカギとなる時期にあります。外交部新任の趙立堅は「中日韓は一衣帯水の隣国であり、感染症を目の前にする私たちは運命共同体である。韓国と日本が立ち向かう疫病との戦いにおいて、中国は決して欠席することはない」と明らかにしました。

  • 疫病の対応には国境はありません。国際社会、とりわけ隣国の間で協力を強め、共通した課題にともに対応すべきです。日本政府と社会各界はこれまで中国に対して真摯な支援を与えてくれています。中国はそれを銘記し、深く感謝の気持ちを表したいのです。日本側との交流を保ち、疫病予防の協力を強め、両国民の安全と健康、地域と世界の公共衛生安全をともに維持していくことを望んでいます。

  • 中国には「困難の時にこそ、真の友情が分かる」という諺があります。日本からの応援の声や励ましの姿勢を、1人でも多くの中国人に届けてもらえませんか。愛で心と心を繋ぐ応援リレー、ぜひともご協力、ご参加のほどよろしくお願い致します。

  • 新型コロナウイルスによる肺炎が発生して以来、日本政府はじめ、各界に及ぶ人々が中国に理解や支持を示してくれています。疫病と戦う困難な時期に、中国は日本の暖かい支援に心から感謝の意を表します。

  • 冬の観光、海外旅行&五輪観光

  •  新しい一年に入り、 皆さんはまた新年の目標を考えているところでしょうか。「一年の計は春にあり」という言葉通り、時には計画倒れに終わることが多いかもしれませんが、やはり「1年の計」は立てるべきです。最終的な結果がどうであれ、1年間に努力する方向や目標があれば、自分の生活を少しでも理想に近づけていけるからでしょう

  • 北方の冬は、寒風が吹きすさびます。都市の大通りを歩き、周囲に目を向けると、色とりどりの花々が咲き乱れていると思いきや、それらは全てマスクです。マスクを着用することは、医学的に病気を予防するためだけではなく、今では流行の一つであることは間違いないのようです。

  • 日に日に競争が激化する現代社会において、少しでも有利に就職活動を進めたり、自分の能力を高めたりするために、大学院に進学したり、さまざまな資格を取得したり、職業トレーニングを受けたりする人が増えています。そんな中、有料自習室は、勉強できる独立したスペースがないという人に勉強の場を提供し、北京、上海、広州などの大都市で相次いで登場し、人気を呼んでいます。

  • 今週の「ライフマガジン」では、こと一年間、中国人のライフスタイルに纏わるキーワードを振り返ってみましょう。

  • 「裸」に「辞職」の「辞」と書く「裸辞」、転職先を決めぬまま退職することを指します。大手求人サイト・智聯招聘が発表している2019年中間期の在職者状況を分析した報告によると、在職者の9割以上が「今年の上半期『裸辞』をしたいと思ったことがある」と答えました。

  • 道を渡りながらスマホをいじっていることが原因の交通事故が近年、急増しています。安全に道を渡るというのは、自分自身に対する責任であり、他人に対しての責任ある行動でもあります。

  • 中国の今年の漢字には「献」、「減」、「開」、今年のキーワードには「私と私の祖国(我和我的祖国)」、「私たちはみんな夢を追いかけている(我們都是追夢人)」などが推薦されました。

  • 11月中旬から、北京では少しずつ気温が下がって秋が深まり、郊外の山々の木々は美しく紅葉し、絶景が広がります。特に、西部の百望山森林公園や、北京市の紅葉の名所である香山公園は紅葉狩りの人々で賑わっています。

  • アリババの小売プラットフォームで植毛・ヘアケア関連製品を購入した消費者のうち、20代の若者が薄毛の悩みを抱える新たな「主力軍」となっているということです。

  • 11月11日のネット通販イベント、「ダブル11」の到来に伴い、第一線で働く全国210万人の宅配員が最も忙しい一週間がやってきました。今日の「ライフマガジン」では、中国宅配員の生活にクローズアップします。

  • いま、中国では、サプリメントなどの健康食品をおやつのように食べたり、ヘルスケアを日課としている若者が大勢います。ヘルスケア、言わば「養生」は、高齢者だけが関心を抱くテーマではなく、若者のライフスタイルにも浸透しつつあるようです。

  • 閉幕した2019年北京世界園芸博覧会を再び訪れることが可能となりました。会場の公共景観エリアや各展示パークの屋外空間などが再び一般に開放されることになりましたが、各パビリオンは今のところ開放される予定はないということです。開放時間は、午前9時から午後4時まで、入場料は1人20元です。

  • SNSの普及により、このような危機は若年化へと蔓延する傾向がみられ、悪しき感情に襲われた場合は、一刻も早くスマホを手から離して、他人のパーフェクトな生活が自分にもたらすマイナスのエネルギーを極力遮断するよう心がけなければならないと警鐘を鳴らしています。

  •  有料会員になることをよしとし、動画で視聴者コメントを熱心に送り、精神の独立性を追い求め、自分の感情を表現することを大切にします。こんな傾向をもち、生まれた時からインターネットがある10代や20代の若者たちは大手インターネット企業にとって常に研究の対象となります。

  • 製品の消費期限が迫っていることから、もともと市場価格がかなり高い一部の輸入食品が、期限間近の商品を販売するディスカウントショップで「品質がよく廉価な商品」にすっかり変身を遂げて店頭に並び、消費者の間で人気が高まっています。

  • いま、中国の大・中都市では、昼間の消費がひっそりとしたブームを起こしています。昼休み消費は新たな消費ポイントとして市場潜在力を見せながら、大きなビジネスチャンスを育んでいます。

  • 国慶節に先立ち、映画「私と祖国」はこのほど、7つの歴史的な瞬間を描いたストーリーの予告編を公開し、話題を呼んでいます。

  •  VlogはVideo blogの略語で、自分で作成した動画で自分の日常を記録し、ブログのように共有することです。ショート動画と比べると、動画の長さに制限はなく、数分でもよければ、1時間以上でもいいのです

  • 1時間目 CRI時評&中国初のクローン猫

    2時間目:<お国自慢・チャイナライフ>(12)中国人の読書生活

  •  フードデリバリー業の急成長に伴い、夏休みに「宅配員」のバイトに従事することが、多くの学生にとって新たな選択肢となっています。一方、デリバリー商品を届け先まで運ぶデリバリーサポーターの仕事も現われています。

  •  福建省福州市警察は最近、福建のあるスポーツ用品企業が受け取ったフェデックスが運搬した米国のあるユーザーからの宅配便の包みの中に銃が入っていたとの通報を受けました…

  •  中国青少年研究センターと中国科学院心理研究所はこのほど、若者のメンタルヘルスに関する調査を共同で実施し、中国若者の3大ストレスは経済的プレッシャー・キャリア展望・学業上のプレッシャーとのことです。

  •  皆さんは団体ツアーを選びますか、それともセルフプランを好みますか。子供やお年寄り連れの旅なら、団体ツアーのほうが旅行会社やガイドに手配してもらって、わりと楽でしょう。

  • 1時間目 CRI時評&住宅購入の若年化&家賃が所得に占める割合ランキング
    2時間目:<お国自慢・チャイナライフ>(7)ものぐさ経済で生まれた買い物業務

  • 1時間目 CRI時評&高速列車の乗り過ごし&スイカ消費

    2時間目:<お国自慢・チャイナライフ>(6)偽装精錬ライフ

  • 1時間目 CRI時評&第2子の出産難&ゴミ分別の新業種
    2時間目 <お国自慢・チャイナライフ>(5)スマート製造業と産業革命

  •  中国税関が12日に発表した今年上半期の貿易統計によれば、中国の貿易輸出総額は前年同期比3.9%増の14兆6700億元でした。貿易保護主義が深刻化しつつある現状にあって、中国が提出した「成績表」は簡単に達成できるものではありません。

  •  最近、中国では、メンズコスメが流行り出しています。男性の化粧品消費の背後にあるのは、巨大な可能性を秘めた消費空間「ブルー・オーシャン」だとみられ、「彼女経済」と対照させて「彼経済」、もしくは「美容男子経済」と呼ばれています…

  • 世界第2位のインデックス会社であるFTSEラッセルは21日、中国株式市場が引けた後に中国A株をグローバル株価インデックスシリーズに組み入れました。

  • 米国会議員がこのほど、棚上げにされていた「香港人権・民主法案」を再び提出し、1992年から施行されている「米国・香港政策法」で認められた香港への関税優遇措置の是非を判断するため、香港の自治状況を毎年検証するようにと、米国政府に対し求めています。

  • 1時間目 CRI時評&今年世界初の双子パンダ誕生&北京のイノベーション発展

    2時間目:<新時代における心の交流>(13)中国と日本のドラマ交流

  •  皆さんは、大学の食堂を利用したことがありますか。大学時代の食事生活を振り返ってみると、何か特別な思い出がありますか…

  •  リスナーの皆さんはパンダが好きですか。可愛い赤ちゃんパンダの名付け親になりたいのですか。そう、いま、こんなチャンスがやってきました!上海野生動物園で20歳になるパンダの姫様・「公主(ゴンジュー)」が去年7月、赤ちゃんパンダを出産しました。

  •  最近になり、米国の一部政治家が、「米国は一つの貯金箱であり、中国を含め、あらゆる国がそこから金を盗んでいる」と発言しました。

  • 1時間目 CRI時評&アメニティグッズの提供禁止&日本人から見た中国映画

    2時間目   <新時代における心の交流> (9)中国のトイレ革命

  •  米下院は7日、いわゆる「2019年台湾保証法案」と「台湾および台湾関係法の履行に対する米国の約束を再確認する決議案」を可決しました。

  •  去年・2018年、中国人の中国国内外のぜいたく品消費額は7700億元(約12兆7600億円)に達し、世界のぜいたく品消費総額の3分の1を占めました。また、ぜいたく品を購入している家庭は、去年1年間、1世帯当たり平均約8万元を使ったということです。

  • 1時間目 CRI時評&北京国際園芸博にフォーカス
    2時間目   <新時代における心の交流> (6)日本の奥さんと中国のホワイトカラー

  • 1時間目 CRI時評&都市部若者の経済圧力&体験代行のソーシャル消費

    2時間目:<新時代における心の交流> (5)中国人と日本人の友好交流

  • 中国税関は12日、今年第1四半期の貿易に関するデータを発表しました。貿易総額は前年同期比3.7%増の7兆100億元で、うち輸出は同6.7%増の3兆7700億元、輸入は同0.3%増の3兆2400億元だったということです。

  • 1時間目 CRI時評&996 勤務体制&フードデリバリー依存症
    2時間目 <新時代における心の交流> (3)中国人留学生を育てる日本人教授

  •  最近、どんな発言に対しても、称賛のコメントを寄せる「称賛グループ」というのがネットで話題となっています。中には、この「称賛」は「ビジネスチャンス」になると見なす人もいます。オンラインショッピングプラットフォームで、称賛する人数に応じて料金が加算される「称賛グループ」サービスまで登場しています…

  •  4月の北京はすっかり春めいてきました。まもなく清明節の3連休を迎えます。清明節とは、先祖のお墓参りをして、先祖を偲ぶ伝統的な祝日ですが。3連休を利用して、春のピックニックとか遠足に出かける人も大勢います。

  •  3月下旬に入り、一年で最も美しい花見シーズンが訪れました。今年の春は中国南方の開花期がおしなべて遅いところに、日本の花見路線に突然人気が出て、ツアー価格は例年より20%上昇しています。

  •  「一年の計は春にあり」と言われるように、暖かい春を迎える中、健康管理をしっかりなされていますか。陽春の3月、「ハイウェイ北京」、今月から月曜日の2時間目には、スペシャルシリーズとして、「春の健康シーズン」をお届けします。

  • 昨年の第13期全国人民大会第1回会議の開幕式で、李克強総理は国務院(中国中央政府)を代表して「政府活動報告」を行い、36項目から成る経済と社会の発展についての定量的な重要指標を提出しました...

  • ワシントンで開催した第7ラウンド中米経済貿易ハイレベル協議では、貿易の均衡、農業、技術移転、知的財産権保護、金融サービスなどの分野で、ポジティブな進展がありました。

  •  オンラインと実店舗での販売、宅配などを組み合わせた複合的なサービスを提供する生鮮スーパーマーケット(アリババグループ傘下の「盒馬鮮生」や「超級物種」など)が勢いのある発展を見せています。

  •  中国の独身問題、深刻になりつつあります。各業界・業種のうち、高学歴の独身者の割合が高いのです。特に、インターネット、金融、建築業界にこの傾向が目立っており、独身者のうち、大学院卒のエンジニアの割合が最も高く、20.9%に達したました。

  •   今年、2019年、中国の旧正月、春節は2月5日です。今月の「ハイウェイ北京」、月曜日の2時間目にはスペシャルシリーズとして「中国の春節」をお届けします。

  • 国の越境ECは現在、歳末・旧正月向け商品特需に沸いています。歳末の売れ行きが特に好調で、ある越境EC業者はここ1ヶ月ほとんど休みなしで働いているということです。去年は景気があまり良くないものの、歳末・正月向け商品となると、消費者の財布の紐が緩むようです。

  • 1時間目 CRI時評&若者のネット・ライフスタイル      2時間目:<中日カルチャーショック2019> (3)国民の交流

  • 中国の衛星測位システム「北斗3号」が先月27日、世界を対象に運用をスタートさせました。これは米国のGPS、ロシアのグロナス、欧州連合(EU)のガリレオに次ぐ、世界第4の衛星測位システムです。中国は2000年に最初の北斗試験衛星を打ち上げました。

  •   いま、毎週金曜日に中国で放送されている文化系番組「上新了·故宮(故宮フェア、新発売)」は大きな話題を引き起こしています。なぜかというと、番組に紹介された故宮グッズは超人気商品となり、ほぼ発売日当日に完売されるということです。

  • 上海の語言文学雑誌「咬文嚼字」編集部は今月3日、2018年「流行語トップ10」を発表しました…

  • 12月17日 月曜日

  •  英国とEUは11月25日の臨時サミットで、英国・EU関係についての政治宣言に正式に署名したということです。

  •  習主席が今年の元首外交の最終局面を展開する旅で、スペイン、アルゼンチン、パナマ、ポルトガルはいずれも、開放型の「一帯一路」という一大プラットフォームの建設に参与することを採択し、中国との協力にウィン・ウィンの路線図を見出した国です。

  •  中国青年新聞社社会調査センターと問巻網はこのほど、18歳から35歳の若者1969人を対象とした調査を実施し、商品を購入する際に、「ブランドを重視する」と答えた若者は32.5%、「品質を重視する」とした人は52.6%に達し……

  •  第20回中日韓友好都市交流大会が先月、中国河南省開封市で行われ、「中日韓友好都市発展報告」を発表しました。今後、3ヶ国の友好都市が安定して増加する見込みです。

  •  今月から<ハイウェイ北京>、月曜日の2時間目には、SPシリーズ<チャイナ・シアター>をお届けします。中国の映画やドラマの最新情報、そして、中日合作映画やアニメ作品などにスポットを当ててご紹介します。

  • 11月5日 月曜日

  • 先頃、ペンス米副大統領が全面的に中国を攻撃する演説を行い、中国がアジア、アフリカ、欧州、ラテンアメリカ地域に数千億米ドルのインフラローンを投じ、一部の発展途上国に「債務のワナ」を仕掛けているとの非難を行いました。

  •  1時間目 CRI時評&新産業の波&一帯一路

     2時間目 <改革開放40年・新時代へ歩む中国> 科学技術の飛躍

  •  改革開放政策が実施されて40年来、中国の経済社会の発展や、中国人の生活に現れる変化などにスポットを当ててご紹介します。今日は3回目、安徽省小崗村の40年に迫ります。興味お持ちの方はぜひ最後までお聞きください。

  •  米政府は国内外の大多数の反対意見を無視する形で、先月24日から約2000億米ドルの中国製品に10%の追加関税を課すことを発表し…

  •  先月17日から19日にかけて、「AIのオリンピック」との呼び名の高い第一回世界人工知能大会(WAIC2018)が上海で開かれました。

  • 話題1:CRI時評:北東アジア経済圏の構築に中国が注ぐ新たな原動力

  •   ​世界が様々な理念とパワーの競争に晒される中、欧州は難題に直面しています...

  • 米通商代表部はいわゆる「通商法301条」を元にした、中国輸入商品に対する追加関税についての公聴会を行いました。多くの企業や業界団体は政府に対し、消費者や企業の利益を充分に考えて慎重に決断するよう求めましたが…

  •  現在、北京では、中国・アフリカ協力フォーラムが開催されています。中国とアフリカは遠く離れていますが、伝統的友情や運命共同体で強く結ばれています。

  • 中国商務部が発表した外国資本に関する最新のデータによりますと、今年1月から7月までに国内に設立された外国企業の数は前年同期比99.1%増となる35239社でした。

  •  アリペイを利用することで、市内のバスに1晩につき2回まで無料で乗車することが可能だということです…

  • CRI時評:中国が繰り出す報復措置の弾力性が語るもの

  •  先月行われたBRICS首脳会議の多国間貿易体制における役割について、CRIの王姗姗論説委員の論点をお届けします。

  • 真夏日が続く北京、毎日じっとしていても、あついのですね。 夏バテを防ぐため、自分でジュースを作っている方がいますか。

  •   今年、中国の大学卒業生は820万人で、去年より25万人増えました...

  •  蘭州牛肉ラーメンとは、「中国10大麺類」の一つに選ばれています。中米友好都市促進会の応持栄・会長はこのほど、メディアの取材に対して、「今年は米国、カナダ、メキシコに、それぞれ蘭州牛肉ラーメン店をオープンさせ、来年にも10店舗を展開する予定。

  •  サッカーW杯もいよいよ最後の決勝を迎えます。徹夜しながら観戦している方がいますか。猛暑が厳しい中、くれぐれもお体をご自愛くださいね。

  •    7月に入ると、学生たちはまもなく夏休みを迎えます。

  • 魔法の都と呼ばれる中国・上海、約6500店以上のコーヒーショップがあるという。街角ごとにコーヒーショップがあるという想像はもはや時代遅れ。通りの両側に多くのコーヒーショップがひしめき合うように林立しているが現状ですから。

  •  「端午の節句」といえば、日本では、5月5日、「男の子の節句」、「子供の日」として定着しているようですが、こちら中国では、端午節と言い、旧暦の5月5日で、今年はちょうど今月の18日にあたります。

  •  59%の海外回答者は中国の科学技術とイノベーション能力を認め、海外認知度最も高いのは、中国の高速鉄道で、その次は宇宙探査技術とスーパーコンピューターだったということです…

  • さあ、6月に入りました。北京はいよいよ本格的な夏を迎えるようになっています。日本ではいかがですか。そろそろ梅雨の季節に入るでしょう。

  • 皆さんはいま、何で音楽を聞きますか。スマホーですか。MP3プレヤーですか。それともCDとか?カセットテープとか?また、レコードで音楽を聴く方はいらっしゃいますか。

  • 12回目は中国の5G技術にクローズアップします。興味お持ちの方はぜひ最後までお聞きください。

  •  皆さんにとって、中国と言えば、何を思い出しますか。このほど、当代中国と世界研究院は北京で、「中国国家イメージグローバル調査報告(2016/2017)」を発表しました。

  • 1時間目 若年夫婦の離婚&中日友好.
    2時間目:<技術中国>10回目 中国の高速列車「復興号」

  • 4月30日 月曜日

  •  中国の首都・北京を訪れる観光客なら、必ずと言ってもいいほど、故宮博物院を訪れるでしょう。故宮は昔、中国の明と清の時代の皇帝のお住まいで、紫禁城とも呼ばれています。数年前までは高嶺の花のような存在でしたが、ここ数年の故宮の変化は常に人々の注目を集めています。

  • 中国では、さまざまな要因から、オンライン教育が一大ブームを巻き起こしています。インターネットとモバイルサービスが中国にますます普及し、教育に非常に熱心な中国のモーレツパパ・ママにとって、未来のハイテク社会で十分にやっていけるよう子供にしっかりと準備させなければなりません。

  • 1時間目 中国人と花見&国内花鑑賞名所 
    2時間目:<技術中国>5回目 「墨子号」量子科学実験衛星

  • 北京には、24時間無料で本が読めるコンビニ登場しました。一見して、普通のコンビニと何の違いもありませんが、店の中に長方形のエリアがあり、壁際と真ん中に、本棚が置かれ、その中には、本がぎっしり並んでいます。

  • 3月19日 月曜日

  • 中国新興産業のトレンド&若者の幸福感

  •   中国の春節はあたかも1本の絆のように民族の感情を結びつけて文化的理解・一体感を強めています。

  •    年に一度の春節、中国人にとって一年中最も大切な祝祭日ですが、お金のかかる祝日でもあります。帰省の交通費や、家族・親戚へのお土産と年玉...

  • 2月12日 月曜日

  • 1時間目 中国富裕層の投資動向&新中産階級の消費傾向
    2時間目:<中日カルチャーショック> 5回目 中日のお寺とお坊さん

  • ①春節の悩み事&中日合作映画『空海―KU-KAI―』 ②<中日カルチャーショック> 3回目 中日の売れ残り男女

  •  過ぎ去った2017年を振り返ってみると、この1年間、シェア自転車、新小売、二次元、ライブ配信。。。

  • 文化財を取り上げた大型カルチャー・ドキュメンタリー番組「国家宝蔵」が先月からオンエアされ、話題を呼んでいます。

  • 【再放送:1日 23:10;2日8:10;3日21:10、24:10;4日19:10、22:10;5日7:10】

  •  このほど発表された「『新消費』トレンドの下でのコミュニティ発展白書」によりますと、過去5年間には、理性的な消費を重視する、自分の価値を重視する…

  •  中国では、1990年代生まれのことを「90後」と呼んでいます…

  •  トランプ米大統領がこのほど訪中した際、習近平国家主席ご夫妻に、その愛らしい孫娘のアラベラちゃんが中国語で歌を歌ったり、「三字経」や古詩を朗読したりしている動画をタブレットPCで披露したことから…

  • 醤油は日本の料理には欠かせないもの。雑炊やお茶漬け、麺類、パン、スシの調味料、出汁、お菓子など、醤油の入っていないものを探すのは難しいでしょう。

  •    ナマケモノ経済が発展し徐々に深化するのに伴い、オフィスも当然のようにベンチャー企業家からごく近い距離にある絶好の消費シーンとみなされるようになりました。。。

  • 中国では、多くの若者が起業にチャレンジし、「社長」になることを夢見ています。。。

  • いま、中国では、シェア自転車がかなり普及されています。また、現在、北京では、初の封鎖型「自転車専用高速道路」が登場します。

  •  中国人の生活水準が向上するにつれ、健康的な生活をするために、スポーツをする人が増えており、スポーツもライフスタイルの一種となりつつあります。では、どんなスポーツが最も人気なのでしょうか。人気スポーツには多くの人を引きつけるどんな理由があるのでしょうか。それらの動向から、中国人のスポーツ・健康に対するどんな変化が垣間見えるのでしょうか。<ライフマガジン>、最初の話題は、中国人のスポーツブームの一つ、マラソンブームに迫ります……

  • 一時間目 マラソンブーム&うま味調味料
    二時間目   <中国人inジャパン> 1回目 異郷で働く中国人

  •  ネットワーク時代において、知識の獲得ルートがますます多元化してきています。ある北京大学の経済学教授のネットコラムは、有料購読者が既に17万人を超え、価値にして3500万元近く(約6億円)となっています。

  • 1時間目 夜勤族&独身ブーム
    2時間目:<雄安新区> 3回目 雄安新区設立の意義

  • 個人信用情報機関「芝麻信用(ジーマ信用)」と上海楊浦区図書館、嘉図公司がこのほど、共同で立ち上げた信用スマートブックレンタル本棚が上海市楊浦区の市街地に登場しました。

  •   今年、中国共産党中央委員会と国務院は、河北省に雄安新区を設立することを決定しました。雄安新区の設立にどのような背景や重大な意義があるのでしょうか。

  • 数年前からの中国中産階級の着実な発展によって、経済変革と消費のモデルチェンジがもたらされました。今もなお、この変革は進んでいます。

  •   毎年の9月18日は、中国人にとって非常に特別な日となります。1931年の9月18日、「9・18事変」、日本で言う「柳条湖事変」が発生し、旧日本軍は中国に対する侵略戦争を勃発しました。

  •   現在、中国の自然景色や伝統文化のほか、斬新なインターネット関連のイノベーションも外国人の間で話題になり、憧れの的となっています。

  •  今日の中国、携帯電話でネットを利用する人は7億人以上で、ユーザーの月平均モバイルインターネット通信量は1.5GB以上。

  •  中国では、新学期が始まりました。各大学では、再び新入生を迎えることになっています。大学で学ぶ費用として、学費以上にかかるのが生活費。

ラジオ番組