番組紹介
  • 番組紹介

    リニューアルしたハイウェイ北京「中国情報ラジオ」。 この時間は、中国の出来事やホットな話題のあれこれをお届けします。中国ならではの情報がいっぱい、この番組を聴けば、あなたも中国通になれるかも!

以前の番組
  •  今週は漢服愛好者の激増に対してメーキャップアーティストが不足しているという話や、老人ホームに超格安で入居する蘇州の若者の話などをお伝えします。(任春生)

  •  今週の番組は春節大型連休中、中国人観光客が世界1700都市を観光した話やスペイン人医師が中国の空港で突然倒れた人を救助した話などをお伝えします。

  •  今週の番組はCMG年越し番組「春節の夕べ」の映像が米CNNやロシアの大型ビジョンなどに出るという話、春節期間中の高速鉄道に「子供用車両」が登場する話などをお伝えします。

  •  今週の番組は今年の春節旅行では「南北の相互訪問」が流行している話や、受講者と会話できる「AI教師」が注目を集めている話などをお伝えします。

  •  今週の番組は、春運の40日間に国内で移動する人が延べ90億人と予測される話や出前配達員が3年間で2070万円を稼いだ話などをお伝えします。

  •  今週の番組は最高時速450キロの高速列車が2025年に運行を開始する話、3歳の幼児が拾った60万円の指輪を親が捨て、指輪の持ち主が賠償を請求した話などをお伝えします。

  •  今週の番組は北方・内蒙古の里親のもとで育った女性が65年ぶりに南部にいる95歳の実父と再会した話、60歳の母親が息子に腎臓を提供するため体重を4カ月で10キロを減らした話などをお届けします。

  •  今週の番組では年始に中国人が楽しむスキーや映画のこと、女子スキー選手の谷愛凌が年収約31億円で世界の女性アスリート年収ランキング2位になったことなどの情報をお届けします。

  • 来週から新年度を迎えます。半年間小林千恵が担当してきましたハイウェイ北京のこの番組は今回が最後になります。皆様方からのご指摘も含め、大変多くの励ましをいただいてまいりました。番組をお聞きくださったリスナーの皆様方に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。今回のメロディーの時間は、年末の「さよなら」と新年を迎える新たな気持ち、心に響くおすすめの歌をご紹介します!

  • 今回のメロディーの時間は、年末の忙しさにエールや元気をくれる曲など、心に響くおすすめの「応援ソング」をピックアップしてご紹介します!

  • 今回のメロディーの時間は、「日本の歌をカバーしている中国の名曲」をご紹介します。

  • 12月7日今週の木曜日は、二十四節気の「大雪」。「大雪」を迎えると気温が更に下がり、北方地域では日中でも最高気温が氷点下近くになります。雪の影響で降水量は徐々に増えますが、肌を切るような乾燥した風が吹きつける寒い日が続きます。ということで、今回のメロディーの時間は、美しい「雪」をテーマにした曲をお届けします。

  • 今週の後半から12月に入り、本格的な冬の到来を迎えました。寒くなりますので、みなさんぜひ暖かくしてお過ごしください。ということで、今回のメロディーの時間は、「12月」や「冬」をテーマにした曲をお届けします。

  • 今週の木曜日11月23日は「勤労感謝の日」。いつもお仕事をがんばっている身近な方へ「お疲れさま」、「ありがとう」と労いや感謝の気持ちを伝えたい方も多いことでしょう。日頃はなかなか言葉にできない気持ちも、音楽の力を借りれば伝えられるかもしれません。ということで、今回のメロディーの時間は、感謝をテーマにした曲をお届けします。

  • 今回のメロディーの時間は、涙が止まらなくなるような切ない歌や悲しい曲をお届けします。

  • 今週の土曜日、11月11日、日本ではポッキーやトッポなど棒状の菓子メーカーが争ったり、それにちなんだゲームが行われたりする日ですが、中国は1が並ぶことから、独身の日として親しまれています。ということで、今回のメロディーの時間は、独身の人に送る歌をお届けします。

  • 今回のメロディーの時間は、若者に人気の優れた伝統演劇の味わいある歌「戯歌」をお届けします。

  • 今週の月曜日10月23日は旧暦9月9日にあたり中国の敬老の日こと・「重陽節」です。今回のメロディーの時間は、感謝をテーマにした曲、敬老の日に贈る歌をセレクトしました。

  • 今回のメロディーの時間は、中国のカラオケで定番のおすすめ楽曲をお届けします。

  • 今回のメロディーの時間は、気分良く走れるような曲、そして思わずテンションが上がる楽しい「快乐」をテーマにした歌をセレクトしました。

  • 今回のメロディーの時間は、国慶節にちなんで、中国でよく耳にする、祖国の誕生日をテーマにした歌をセレクトしました。

  • 中国では中秋節に秋の収穫を祝い、家族が集まり、美しい満月を眺めて、月餅などのお供えものを家族で分けて食べる風習が、古来より続いています。この日の満月は、一年でもっとも明るく、もっとも丸いとされ、中秋節は月の祭りとも呼ばれています。今回のメロディーの時間では、秋の夜長にぴったりの「月」をテーマにした曲をセレクトしました。

  • いよいよ、今週の土曜日23日に第19回アジア競技大会(杭州アジア大会)が開幕します。アスリートが大会で奮闘する姿を考えると、わくわくします!日本チーム頑張れ!中国チーム頑張れ!ということで、今回のメロディーの時間では、今大会のテーマソングや運動にぴったりのメロディーをお送りします。

  • 夏の華やかさが過ぎ、切なさを感じる秋。月や星も綺麗に見えます。秋は少しずつ彩りが失われて、心もちょっと寂しくなるかもしれません。そんな気分に浸りながら、今回のメロディーの時間では、定番のおすすめ秋ソングをお送りします。

  • 暦の上では9月から11月が秋の季節です。秋の味覚というように、秋は食べ物が美味しい季節です。今回のメロディーの時間では、食欲をそそり、味覚を楽しむ中華料理をテーマにした人気ソングをお送りします。

  • ここ最近、中国の若者が注目しているバラエティーと言いえば、音楽番組「ザ・ビッグバンド」です!この番組では、中国国内で影響力があり、中国を代表するバンドを集結させ、複数の競演を通じて、トップ5のバンドを選出します。今回のメロディーの時間では番組「ザ・ビッグバンド」からセレクトした人気ソングをお送りします。

  • 今週の火曜日22日は旧歴7月7日にあたり、七夕の日です。今回のメロディーの時間では七夕の日に好きな人に贈るのにぴったりなラブソングをお送りします。

  • 日本にいる皆さんはお盆休みで、帰省しているという方も多いのではないでしょうか?下宿や転勤で地元や家族、友達と離れている方にとって、お盆休みで久しぶりに故郷に帰るのはとても大切な時間です。今日のメロディーの時間は地元、田舎、故郷を思うときにピッタリな曲をお送りします。

  • 中国の動物といえば何を思い浮かべますか?中国といえばパンダという方が多いのではないでしょうか?今日は冒頭からパンダに関すトピックをセレクトしました。パンダは「生きる化石」と呼ばれていて可愛いですね。今日のメロディーの時間はタイトルや歌詞に動物が登場する曲をお送りします。

  • 8月に入ると、夏休みの旅行シーズンですね。今日のメロディーの時間は旅をテーマに、旅行の際に聞いてもピッタリな曲、旅の気分を高めてくれる曲をお送りします。

  • 皆さんは星座占いをして、今日の運勢、恋愛運、仕事運、金運、ラッキーアイテムなどをチェックしていますか?中国では血液型よりも星座が話題に上がることが多いんです。中国の人と星座の話題をすれば、会話に花が咲くかも。今日のメロディーの時間は星座をテーマにした歌をお送りします。

  • 夏といえば海ですね。海と聞いただけでテンションが上がってしまう方も多いのではないでしょうか。日本も今週の月曜日に海の日を迎えます。メロディー時間は海水浴、海岸線ドライブ、サーフィンなど、海で聴きたいテンションの上がるサマーソングを最新曲から懐かしの名曲まで、お届けします。音楽と一緒に海に出かけましょう!

  • 北京市で雨の日が最も多いのは 7月で、平均 11.6 日あります。季節の変わり目は不安定な天気になることが多く、心も曇り空になるもの。今日のメロディー時間は雨の日にオススメの曲特集です。雨にまつわるしっとりした切ない曲や恋愛をテーマにしたロマンティックな曲など「雨ソング」をピックアップしてご紹介します!

  • 夏はたくさんの果物がおいしい季節ですね。気温が上昇して暑くなると食欲が落ちがちですが、そんな時でも「さっぱりとした爽やかなフルーツ」なら、抵抗なく口に入れやすいものです。暑い夏、フルーツを効果的に食べて生き生きと過ごしたいですね!今日のメロディー時間は果物がテーマの中国のポップソングをご紹介します。

  • 中国では6月末から7月初めが卒業の季節、別れのシーズンです。業生たちは通い慣れた学校を離れて、親しい友人に別れを告げます。新しい人生に旅立とうとする今、しみじみとこれまでの思い出を噛み締めていることでしょう。今日のメロディーの時間は卒業と青春に関する音楽をお送りします。

  • 今週の木曜日22日は旧暦の5月5日、中国の端午の節句です。ちまきを食べ、ドラゴンボードを漕ぎ、そして3連休を利用して里帰りや旅行をする人が多いです。端午の節句は元々、中国南東部の沿海地域で水の神様や龍神を祭る祝日でした。今日のメロディー時間はこの端午の節句にちなんだ曲をご紹介します。ぜひお聞きください。

  • 今週の日曜日6月18日は、父の日を迎えます。中国では母の愛は水のように優しいと例えられる一方で、父の愛は意志の強さと存在感から山のようだと言われています。つまり父親の愛は、深くて、あまり表には出ないもので、見落としがちになってしまいます。しかし、この沈黙の中に隠された愛は、どっしりした安心感を与えてくれています。今週メロディーの時間は、父の愛をうたった音楽をお送りします。ぜひお聞きください

  • 今週の火曜日6月6日は、二十四節気の「芒種」を迎えます。番組の冒頭から、趙方婧さんの「芒種」という曲をセレクトしました。この曲は幸福を収穫し、希望を撒くという「芒種」の本来の意味から、恋への憧れを表しています。また、伝統音楽と電子音楽をうまく融合させたユニークな編曲が印象的です。メロディーの時間では、全曲趙方婧さんの曲をお届けします。ぜひお聞きください。

  • 北京は先週からすっかりと夏に入りました。本当に暑くてぐったりとしてしまう日もありますが、リスナーのみなさんはどんな暑さ対策をとっているのでしょうか?熱中症にはくれぐれも気を付けてお過ごしください。メロディーの時間では、こんな夏にぴったり、夏に聴きたくなる定番曲・人気曲をセレクトしました。ぜひお聞きください。

  •  10年間お届けしてきた「中国メロディー」もいよいよ終了となります。長い間、みなさまからのご支持、ご協力を頂いたことに、心から感謝を申し上げます。ここまでお付き合いいただき、本当にありがとうございました。そこで、今回の『中国メロディ』は最終号として、「感謝」をテーマにした楽曲をお送りします。

  • 「56の民族、56輪の花」、今日は北西部に暮らしている少数民族、トゥ族やサラール族などの風俗習慣についてお話します。過去番組の再放送ですが、このコーナーの4回連続してお送りいたします…

  •  ここ数年、中国ポップス界には優秀な新世代歌手が輩出され、音楽界に活気を与えています。今回の中国メロディーはそんな新世代の女性シンガーたちとその代表曲をご紹介しましょう。

  •  「56の民族、56輪の花」、今日は中国南部の少数民族トン族やヤオ族、コウラオ族などの風俗習慣についてお話します。過去番組の再放送ですが、このコーナーの4回連続してお送りいたします…

  •  ここ数年、中国ポップス界には優れた新世代シンガーが数多く登場し、中国ポップス界に活力を注入しています。今回はそんな新世代男性シンガーとその代表曲をご紹介しましょう。

  • 「56の民族、56輪の花」のコーナーは、今日は中国の少数民族チワン族やヤオ族、スイ族などの風俗習慣をご紹介いたします。再放送の番組で、4回連続で放送いたします…

  •  4月29日、中国で最も影響力のあるポップシンガーの一人、ハン・ホン(韓紅)が北京で2023年ソロコンサートを開催し、その美しく豊かな歌声で数千人の人々を魅了しました。 今回の中国メロディでは、ハン・ホンの2023年コンサートを特集します。

  •  「56の民族、56輪の花」、今日は中国の少数民族のチベット族の叙事詩「ケサル王伝」やチベット絵画の「タンカ」、ポタラ宮、そしてジン族などの風俗習慣についてお話します…

  •  鳳凰伝奇は中国大陸の男女二人の人気ユニットで、デビュー以来20年、数多くの人気曲をリリースし、新しい民謡音楽のスタイルを作りあげてきました。「お月様の上」や「素敵な民族スタイル」など初期作品から、「海の底」などの近作までいずれも好評を博したヒット曲です。今回の中国メロディーでは、鳳凰伝奇の代表曲をご紹介します。

  •  「56の民族、56輪の花」、今日は中国の少数民族のイ族やジンポ―族などの風俗習慣についてお話します。過去番組の再放送ですが、このコーナーの4回連続してお送りいたします…

  •  シルクロードといえば、中国と世界を結ぶ古代の交易路としてよく知られていますが、中国にもシルクロードと同じく、お茶にちなんだ古代の交易路「茶馬古道(ちゃばこどう)」があります。茶と馬にちなんで名づけられたこの道は、美しい山々、古くからある辺境の町、神秘的な伝統民族文化を誇り、今回の「中国メロディー」では、この古代交易路の物語を美しい音楽とともに探っていきます。

  •  「56の民族、56輪の花」、今日は今日は中国南部に住む少数民族タイ族やワ族などの風俗習慣についてお話します。過去番組の再放送ですが、このコーナーの3回連続してお送りいたします…

  •  中国西南部の雲南省シーサンパンナに暮らすタイ族やブラウン族は4月13日から15日にかけて、旧正月の「水かけ祭り」を迎えました。コロナ禍で中止となっていた水かけ祭りが3年ぶりに開催され、地元の人々だけでなく、各地から来た多くの観光客でにぎわっています。今回の中国メロディ―はシーサンパンナの少数民族の風俗習慣と音楽をご紹介しましょう。

  •  「56の民族、56輪の花」、今日は中国の少数民族のバウアン族とホイ族、エヴェンキ族などの食生活についてお話します。過去番組の再放送ですが、このコーナーの3回連続してお送りいたします…

  •  4月の北京は春爛漫の季節で、道端にはカイドウや桃の花などが咲き乱れています。どの花も一見何の変哲もないように見えますが、この何の変哲もない小さな花が集まる花畑が北京の春の一番の景色です。今回の中国メロディーは、そんな春の到来にちなんで、「平凡」をテーマにした歌をいくつか紹介します。

  •  「56の民族、56輪の花」、今日は中国の少数民族のトゥチャ族とサラール族、ウイグル族などの食生活についてお話します。過去番組の再放送ですが、このコーナーの3回連続してお送りいたします…

  •  4月5日は二十四節気の一つ、清明です。清明とは「清浄明潔」という言葉を略したもので、「すべてのものが清らかで生き生きしている」という意味です。中国では清明は大切な行事の日、「清明節」とも呼ばれ、この日に先祖の墓参りや郊外に散策に出かける習わしになっています。今回の中国メロディ―は清明にちなんだ音楽を3曲ご紹介します。

  • 「56の民族、56輪の花」、今日は中国中部の湖南省に暮らしている少数民族、土家族などについてお話します。過去番組の再放送ですが、このコーナーの3回連続してお送りいたします…

  •  ロックといえば、欧米の定番ロックを思い浮かべる人も多いかもしれません。しかし、1980~90年代には、中国のポップス界からもロックに献身的な若者たちを輩出し、『無地自容(いたたまれない)』など人気ロック曲を生み出しました。今回の中国メロディーでは、「中国ロック界の天才」と呼ばれるドウ・ウェイ(窦唯)とその音楽作品をご紹介しましょう。

  •  「56の民族、56輪の花」、今日はラフ族の旧正月やドアン族の水かけ祭り、リス族の年越し祭りを紹介するほか、チワン族の五色飯などについてお話します。過去番組の再放送ですが、このコーナーの3回連続してお送りいたします…

  •  1990年代に香港ポップス界にデビューした当初は、ブスと揶揄されましたが、見事な歌唱力で観客を魅了した歌手がいます。今、彼女と同期にデビューした歌手には、すでに引退している人もいれば、過去の曲を歌っているだけの人もいます。そんな中、彼女は次々と新しい作品をリリースし、若者たちからも注目されています。彼女の名はカレン・モク(莫文蔚)。今回の中国メロディーはポップス界の歌姫に成長したカレン・モクの道のりとその代表曲をご紹介しましょう。

  •  「56の民族、56輪の花」、今日は中国の55の少数民族のうち、人口が最も多いチワン族やウイグル族、ホイ族、ミャオ族などについてお話します。過去番組の再放送ですが、このコーナーの3回連続してお送りいたします…

  •  「詩は無形の絵画であり、絵画は有形の詩である」と言われています。昨年夏から放送している中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)のシリーズ番組「詩画中国(詩歌と絵画に見る中国)」は詩歌、絵画、音楽などの芸術を融合させ、新たな視点から、中国の古典的な詩や絵画作品を鑑賞します。今回の中国メロディ―では引き続き「詩歌と絵画に見る中国)」の中から優れたパフォーマンスをご紹介しましょう。

  •  「56の民族、56輪の花」、今日は中国の55の少数民族のうち、人口が最も少ないメンバ族やオロンチョン族などについてお話します。過去番組の再放送ですが、このコーナーの3回連続してお送りいたします…

  •  中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)のテレビ番組「詩画中国(詩歌と絵画に見る中国)」が昨年8月に放送開始以来、人気を集めています。番組では、音楽や舞踊などを通して中国の絵画や詩の美しさを伝えます。今回の中国メロディ―は「詩歌と絵画に見る中国」の素晴らしいパフォーマンスをお楽しみください。

  •  「56の民族、56輪の花」、今日は中国東部に住む少数民族高山(ガオシャン)族、人数の少ない少数民族赫哲(ホジェン)族と珞巴(ロバ)族をご紹介いたします。過去番組の再放送ですが、このコーナーの3回連続してお送りいたします…

  •  2023年2月21日、上野動物園の人気者・ジャイアントパンダのシャンシャンが初めて日本を離れ、故郷・中国の土を踏みました。その後シャンシャンは中国南西部の四川省にある新居、中国ジャイアントパンダ保護研究センターにエスコートされました。迎える中国側の人々もその「帰郷」を熱心に見守りました。これにちなんで、今回の中国メロディ―はジャイアントパンダシャンシャンの情報とパンダにかかわる中国の歌をご紹介しましょう。

  •  「56の民族、56輪の花」、今日は主に北部の内蒙古自治区に住んでいる蒙古族と遼寧省に暮らしている満族をご紹介いたします。過去番組の再放送ですが、このコーナーの3回連続してお送りいたします…

  •  2月14日はバレンタインデー。この日、世界各地の人々が恋の甘さを楽しみ、また恋の美しさに憧れました。今回の『中国メロディ―』では、中国で人々に愛されている定番ラブソングをご紹介しましょう。

  •  「56の民族、56輪の花」、今日は主に中国北西部の寧夏ホイ族自治区に住んでいるホイ族や、ダフール族などをご紹介いたします。過去番組の再放送ですが、このコーナーの3回連続してお送りいたします…

  •  2月5日は旧暦1月15日にあたり、元宵節と呼ばれる中国の伝統的な祝日の一つです。同日夜、中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)は、美しいステージとまばゆいランタンが祝祭ムードたっぷりの特別番組「2023年元宵晩会(元宵節の夕べ)」を放送しました。今回の中国メロディ―は『元宵節の夕べ』の素晴らしいパフォーマンスをご紹介しましょう。

  •  「56の民族、56輪の花」、今日は中国の北西部に暮らしているタタール族、ユーグ族などをご紹介いたします。過去番組の再放送ですが、このコーナーの3回連続してお送りいたします…

  •  旧暦の大晦日の夜、家族と団らんしながら、中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)による恒例の年越し番組「春晩(春節の夕べ)」を楽しむことは中国人にとって欠かせない文化習慣となっています。今年の「春節の夕べ」の舞台も、様々な素晴らしい演出が印象的でした。今回の中国メロディーは「春節の夕べ」のパフォーマンスの一部をお楽しみください。

  •  「56の民族、56輪の花」を再放送でお送りいたします。今日は中国の北西部に暮らしているタジク族、ロシア族などをご紹介いたします…

  •  このほど、中央ラジオテレビ局で放送中の連続ドラマ『三体』が人気を集めています。『三体』は中国のSF作家劉慈欣氏による同名長編SF小説を基にドラマ化されていて、人類文明と三体文明を巡って、争い、最終的に盛衰に転じる過程を描いています。近年、この小説の人気はますます高まり、アニメやドラマ、映画、関連曲も大ヒットしています!今回の中国メロディーは、『三体』をテーマにした音楽をお楽しみください。

  • 今日は、孟群アナが担当する「56の民族、56輪の花」を再放送いたします。3回連続してお送りいたします。どうぞお聞きください。まずは、トゥ族についてです。トゥ族の主な居住地は青海省互助トゥ族自治県、民和、大通、それに甘粛省の天祝チベット族自治県にも一部住んでいます…

  •  2022年12月31日の年越しの夜、中国各地の衛星テレビ局や動画サイトが次々と年越し番組を配信しました。番組では若手歌手たちの元気なパフォーマンスに、ベテラン歌手が見事な歌唱力を披露、新年を迎える喜びを感じさせくれました。今回の中国メロディーは、年越し番組で人気を集めた音楽作品をお楽しみください。 

  •  「56の民族、56輪の花」、今日のこの時間は、中国の少数民族、土家(トゥチャ)族や湖南省に住む少数民族をご紹介いたします…

  •  中国の人気動画サイト・テンセントビデオ(騰訊視頻)で配信されているバラエティ音楽番組「边走边唱(歩きながら歌おう)」が最近、多くのネットユーザーの人気を集めています。番組では、ラオランやリバー・バンドなど、ミュージシャンをそれぞれの目的地に招き、壮大な自然を舞台に、旅をしながら弾いて歌うスタイルをとっていて、視聴者は野外コンサートの魅力を感じることができます。今回の中国メロディーは、フォークシンガーのラオランとリバー・バンドが番組で生コラボした曲をいくつかご紹介します。

  •  「56の民族、56輪の花」、今日のこの時間は、広西チワン族自治区を主な居住地としている京(ジン)族と貴州省と主な居住地としている侗(トン)族をご紹介いたします…

  •  中国の人気動画サイト・テンセントビデオ(騰訊視頻)で配信されているバラエティ音楽番組「边走边唱(歩きながら歌おう)」が最近、多くのネットユーザーの人気を集めています。番組では、ラオランやリバー・バンドなど、ミュージシャンをそれぞれの目的地に招き、壮大な自然を舞台に、旅をしながら弾いて歌うスタイルをとっていて、視聴者は野外コンサートの魅力を感じることができます。今回の中国メロディーは、フォークシンガーのラオランとリバー・バンドが番組で生コラボした曲をいくつかご紹介します。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、最終回して、パンダの永明が中日友好特使に任命されたことについてお話しします。そして「56の民族、56輪の花」では、中国南部の貴州省に住む少数民族をご紹介いたします…

  •  1987年、CCTVの古典小説『紅楼夢』を原作にした同名テレビドラマは放送されるや否やセンセーションを巻き起こしました。劇中の『枉凝眉』など13曲の挿入歌はその優美な中国の味わいで多くの観客を魅了しました。今週の中国メロディーはその中から3曲をピックアップして、美しい音楽とともに中国の古典作品『紅楼夢』の魅力を感じていただきましょう。

  • 「50年の歩み」というシリーズ番組では、43回目して、歌で友情を伝える中日友好歌謡祭の様子をご紹介いたします。そして「56の民族、56輪の花」では、中国南部の広西チワン族自治区に住む少数民族についてお話いたします…

  • 中国台湾出身の歌手ジェイ・チョウがこのほど、ショート動画アプリ「快手/Kuaishou」でオンラインファンイベントを開催しました。中華圏で絶大な人気を誇るジェイ・チョウの今回のライブ配信イベントの最高同時視聴者数は1129万人を突破。今回の中国メロディーでは、このジェイ・チョウのオンライン音楽イベントの様子をご紹介します。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、42回目して、中日関係に関する世論調査の結果をご紹介いたします。そして「56の民族、56輪の花」では、中国の少数民族、毛南(マオナン)族についてお話いたします…

  • 中国版TikTokのショート動画プラットフォームでこのほど、28歳の女性歌手王優秀さんが歌う「墨爾本的秋天(メルボルンの秋)」など数曲が数億回再生され、ネットユーザーから「TikTokの最も癒される歌声」と絶賛されています。いったい彼女の歌声にはどんな魅力があるのでしょうか。今回の中国メロディーは歌手王優秀さんの音楽作品をご紹介します。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、41 回目して、中日アニメーション交流史話の後編をお送りいたします。そして「56の民族、56輪の花」では、仫佬(ムーラオ)族と壮(チワン)族をご紹介いたします…

  •  1987年、CCTVの古典小説「紅楼夢」を原作にした同名テレビドラマは放送されるや否やセンセーションを巻き起こし、演技、衣装、音楽のいずれにおいても中国ドラマ史上の模範作といえるほど多くの視聴者に愛されました。劇中の「枉凝眉」など13曲の挿入歌はその優美な中国の味わいで多くの観客を魅了しました。今週の中国メロディーはその中から3曲をピックアップし、美しい音楽とともに中国の古典作品「紅楼夢」の魅力を感じていただきましょう。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、40 回目して、中日アニメーション交流史話の前編をお送りいたします。そして「56の民族、56輪の花」では、基諾(ジーヌオ)族と布朗(プーラン)族をご紹介いたします…

  • 先週の中国メロディーでは、中国の人気歌手・ベラ・ヤオーがガンと戦いながらも、音楽の夢を開花させつづけたことを紹介しましたが、今週も引き続きベラ・ヤオーとその音楽作品についてお話しします。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、39 回目して、中日平和交流の新たな絆となりつつあるコンテンツ産業についてお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」では、チベット族やポタラ宮などをご紹介いたします…

  •  9月26日は中国の人気歌手・姚貝娜ベラ・ヤオーの41歳の誕生日。この世を去って7年になりますが、彼女の天使のような歌声はいつでも生き続けています。今回と次回の中国メロディーは、命を懸けて歌を歌っていたベラ・ヤオーとその音楽作品について紹介します。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、33 回目の切手の中の中日友好物語についてお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」では、中国南部の少数民族、アチャン族とプミ族をご紹介いたします…

  •  鄭小瑛さんは中国初の女性シンフォニー指揮者。93歳という高齢ながら、シンフォニーの舞台で活躍しています。「いつか、指揮台で倒れるなら、それが一番ロマンチックなことだ」と話したことがあります。今回の中国メロディーも引き続き……

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、38 回目して、先週に引き続き生涯を中日友好に捧げた廖承志氏についてお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」では、タイ族の孔雀舞やワ族の木製太鼓などをご紹介いたします…

  •  鄭小瑛さんは中国初の女性シンフォニー指揮者で、中央歌劇団首席指揮者、中央音楽学院指揮科の学部長を歴任しました。今回の中国メロディーも引き続き鄭小瑛さんの音楽世界を紹介します。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、37回目して、生涯を中日友好に捧げた廖承志氏についてお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」では、シェ族やウイグル族など中国の少数民族の食文化をご紹介いたします…

  •  中国の国宝級女性指揮者・鄭小瑛さんがこのほど、93歳の誕生日を迎えました。前日の夜、浙江省人民大会堂で、白髪の元気な鄭小瑛さんが黒いタキシード姿で舞台に上がると、会場からは拍手が沸き起こりました……曲の終わり、指揮台を降りた鄭小瑛さんは、大きな拍手と「鄭小瑛、愛してる」という熱情に満ちた叫び声を受け、ホールは熱狂に包まれました。中国メロディーは今回から3回に分けて鄭小瑛さんの音楽の世界を紹介します。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、36回目して、中日民間友好の使者――日本人女優・中野良子さんについてお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」では、ジン族など中国の少数民族の食文化をご紹介いたします…

  •  日本では秋といえば、読書の秋、スポーツの秋など、色々な秋がありますね。中国では秋といえば、収穫や豊作などを思い浮かべる人が多いかもしれません。新米が出回り、野菜や果物が収穫期を迎え、牛や羊、魚介類もちょうど良く熟成した美味しい旬の時期に入ります。秋の大地には至る所豊作の喜ばしい光景が広がっています。今回の中国メロディーでは豊作を祝う音楽作品3曲を紹介します。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、35回目して、中日国交正常化50周年の関連ニュースをお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」では、中国の少数民族、チワン族やハニ族、タイ族などの代表的な料理をお伝えいたします…

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、34回目して、中日交流フォーラムが主催する「初心を忘れず、代々の友好」と題した中日国交正常化50周年記念会の様子を紹介します。そして「56の民族、56輪の花」では、中国で人口の最も多い少数民族トップテンについてお伝えいたします…

  •  中国のポップス音楽界において、「戯歌」は人気のあるポップスジャンルです。この音楽ジャンルは伝統演劇の節回しを流行歌の中に取り入れ、伝統演劇の新たな楽しみ方を生み出しました。今回の中国メロディーは先週に引き続き「戯歌」の名曲をご紹介しましょう。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、33回目して、切手の中の中日友好物語をお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」では、中国の少数民族・ジン族、メンバ族とカザフ族をご紹介いたします…

  •  今回の中国メロディーでは「戯歌」はここ数年、若者に人気のジャンルで、伝統的な演劇の節回しやメロディーなどの要素を流行歌に取り入れているところが魅力です。今回の中国メロディーは先週に引き続き、最近人気の味わいある伝統演劇の中で歌われる「戯歌」を紹介します。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、32回目して、切手の中の中日友情物語の前編をお伝えいたします。そして「56の民族、56輪の花」では、中国の少数民族・仡佬 (コーラオ) 族と土家(トゥチャ)族をご紹介いたします…

  •  「中国メロディー」では、若者に人気の優れた伝統演劇の味わいある歌「戯歌」を紹介します。そして「中国の昔話」では、「宝のたまる鉢」(聚宝盆)」というお話を紹介します。

  • 「50年の歩み」というシリーズ番組では、31回目して、日本の田中角栄元首相をご紹介いたします。そして「56の民族、56輪の花」では、中国南部に暮らしている少数民族・トン族とマオナン族についてお伝えいたします…

  •  今回の中国メロディーは「中国最後の女性部族長」であったマリア・ソーの物語とエベンキ族の民謡を紹介します。中国の昔話では「宝のたまる鉢」(聚宝盆)というお話を紹介します。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、30回目して、日本の田中角栄元首相をご紹介いたします。そして「56の民族、56輪の花」では、中国南部に暮らしている少数民族・チワン族とヤオ族についてお伝えいたします…

  •  今回の【中国メロディー】はチベット族の伝統的な祝日であるショトゥン祭り(雪頓節)とチベット族の歌をご紹介します。【ラウンジトーク〜三人行〜】では「ラウンジトーク最終回、4年間の内容を振り返る」という話題でお話ししていきます。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、29回目して、中日関係が難関を越えるために尽力した石橋湛山元首相をご紹介いたします。そして「56の民族、56輪の花」では、中国南部の広西チワン族自治区に暮らしている少数民族、ムーラオ族とチワン族についてお伝えいたします…

  •  今週の【中国メロディ―】では蒙古族の伝統行事ナーダム祭りの様子と蒙古族の歌をご紹介します。今回の【ラウンジトーク〜三人行〜】は「科学技術館を楽しむ夏休み」という話題をご紹介します。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、28回目して、先週に引き続き中日友好に貢献した陳毅副総理をご紹介いたします。そして「56の民族、56輪の花」では、中国南部の雲南省に暮らしている少数民族・基諾(ジーヌオ)族と布朗(プーラン)族についてお伝えいたします…

  •  今回の中国メロディーでは中国メロディーは先週に引き続き中華圏で人気の男女デュットソングをご紹介します。また、今回のDr.劉のお悩み相談室では今年の9月から北京大学の大学院に通う陳雪婷さんの「毎日不安と焦りに囲まれて落ち着かない」というお悩みです。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、27回目して、中日友好に貢献した陳毅副総理をご紹介いたします。そして「56の民族、56輪の花」では、チベット族の風俗習慣や文化についてお伝えいたします…

  • 今回の【中国メロディー】は中華圏で人気の男女デュットソングをご紹介します。【ラウンジトーク〜三人行〜】は「杭州アジア競技大会の開催が2023年に決定」というニュースをご紹介します。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、26回目して、新時代の中日関係の開拓者、鄧小平氏をご紹介いたします。そして「56の民族、56輪の花」では、中国の南部に暮らしている少数民族、トールン族とヌー族についてお伝えいたします…

  • 今週の【中国メロディー】では2年ぶりに再開された火把節、たいまつ祭りのお祝いムードと少数民族音楽をご紹介しましょう。今回の【Dr.劉のお悩み相談室】は、今年9月から外交学院の大学院に通う張偉傑さんの「通訳や翻訳の仕事がAIに取られるのが不安」というお悩みです。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、25回目して、新時代の中日関係の開拓者、鄧小平氏をご紹介いたします。そして「56の民族、56輪の花」では、中国の南部に暮らしている少数民族、アチャン族の刀とハニ族の棚田についてお伝えいたします…

  •  今週の【中国メロディー】は先週に引き続き、中国の著名な作曲家、雷振邦さんが生み出した名作映画音楽をご紹介しましょう。【ラウンジトーク〜三人行〜】では北京の各地にあるハスの花の鑑賞スポットをご紹介します。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、24回目して、先週に引き続き中国で30年間砂漠化防止に取り組んてきた日本の「砂漠の父」遠山正瑛氏の物語をご紹介いたします。そして「56の民族、56輪の花」では、中国の南部に暮らしている少数民族、アチャン族とプミ族をご紹介いたします…

  • 今回の中国メロディーでは中国の著名な作曲家の一人、雷振邦さんが生み出した名作映画音楽をご紹介します。Dr.劉のお悩み相談室は今年の9月から北京大学の大学院に通う崔宇さんの「日本語の朗読が上手くなりたい」というお悩みです。

  • 今回の中国メロディーでは香港の「ラブソングの王子」ダニー チャンの作品をご紹介します。 今回のDr.劉のお悩み相談室では広東外語外貿大学の大学院1年生・曾萍萍さんの「コンプレックスをどう克服すれば良いのかわからない」というお悩みです。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、23回目して、中国で30年間砂漠化防止に取り組んてきた日本の「砂漠の父」遠山正瑛氏の物語をご紹介いたします。そして「56の民族、56輪の花」では、中国の南部に暮らしている少数民族、ワ族とナシ族をご紹介いたします…

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、17回目を再放送して、上海のコロナ対策を支援した日本人ボランティア佐藤敦さんをご紹介いたします。そして「56の民族、56輪の花」では、マオナン族の歌とスポーツ、京(ジン)族の「魚汁」と民族衣装、水族の文字と祭りなどをご紹介いたします…

  • 今週の中国メロディ―は、先週に引き続き喬羽さんの音楽作品をお楽しみください。【ラウンジトーク〜三人行〜】「店内飲食の喜びが戻ってくる!上海の一部地域で6月29日から順次開放へ」というニュースをご紹介します。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、22回目として、先週に引き続き1965年に行った中日青年大交歓が中日国交正常化のための民間交流の基礎を築いた歴史的経緯ををご紹介いたします。そして「56の民族、56輪の花」では、タイ族とラフ族のことををご紹介いたします。担当は孟群と星和明です。

  •  今回の中国メロディーは著名な作詞家・喬羽さんの音楽人生と代表作をご紹介します。「Dr.劉のお悩み相談室」ではまもなく北京外国語大学の大学院に進学する于航さんの、「卒業して大学の先生や友人と別れるのが辛い」というお悩みにお答えします。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、21回目として、1965年に行った中日青年大交歓が中日国交正常化のための民間交流の基礎を築いた歴史的経緯ををご紹介いたします。そして「56の民族、56輪の花」では、イ族、ジンポー族、ジーヌオ族のことををご紹介いたします…

  •  今回の中国メロディーは夏にまつわる3曲をご紹介します。【ラウンジトーク〜三人行〜】では、話題になった「全国統一大市場」についてお話しします。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、20回目として、先週に引き続き中国科学技術協力賞に授与された日本人科学者・藤嶋昭氏をご紹介いたします。そして「56の民族、56輪の花」では、ダイ族の仏教信仰と踊り、ワ族の岩絵と音楽、ラフ族の風俗習慣などをご紹介いたします…

  • 今回の中国メロディーは80、90年代の香港音楽界を牛耳った「ラブソングの王子」ダニー チャンの音楽人生と代表曲を紹介します。「Dr.劉のお悩み相談室」では外交学院院生1年生の楊剣萍(よう けんへい)さんの「勉強した内容を復習せずについ次に進んでしまう」というお悩みです。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、19回目として、中国科学技術協力賞に授与された日本人科学者・藤嶋昭氏をご紹介いたします。そして「56の民族、56輪の花」では、バウアン族とホイ族、エヴェンキ族などの食生活などについてお伝えいたします…

  •  今回の中国メロディーはタイ族の粽祭り、チベット族の花摘み祭、イ族の薬草採りなど、それぞれ特色のある少数民族の習わしや伝統的な民謡をご紹介します。【ラウンジトーク〜三人行〜】では、話題になった「世界一不便なコンビニ」についてお話しします。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、18回目として、中日交流の最新情報をお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」では、コーラウ族の喫新祭やリス族の水酒、キン族の「魚汁」などについてお伝えいたします…

  • 今回の中国メロディーは子供たちの純粋な歌声とともに、鄧小嵐さんと馬蘭村の子供たちの音楽の縁をご紹介します。【ラウンジトーク〜三人行〜】では和田の夜市を取材したことある劉叡が現地の実際の状況などを紹介しながら、その見どころなどをお伝えします。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、17回目として、上海のコロナ対策を支援した日本人ボランティア佐藤敦さんをご紹介いたします。そして「56の民族、56輪の花」では、マオナン族の歌とスポーツ、京(ジン)族の「魚汁」と民族衣装、水族の文字と祭りなどをご紹介いたします…

  • 今週の「中国メロディ―」は皆さんと一緒に、中国西南部の少数民族の村を訪れた気持ちになって、特色のある民族音楽とともに、この祭りのにぎやかな雰囲気を味わってみましょう。「ラウンジトーク〜三人行〜」は「今年9月から、すべての小中学生が料理から家電の修理までを学ぶことに…」というニュースをご紹介します。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、16回目・中日の文化交流に特別な貢献をした京劇演出家梅蘭芳の物語をお送りいたします。そして「56の民族、56輪の花」では、中国の人口が最も少ない少数民族であるロッパ族、ホジェン族、タタール族などをご紹介いたします…

  •  今回の【中国メロディー】は母性愛と関連した3曲をご紹介します。【ラウンジトーク〜三人行〜】では北京大学の院生1年生、李博涵さんの「ゲーム業界に入りたいけど、何の準備を優先すればいいのかわからない」というお悩みです。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、15回目・中日の文化交流に特別な貢献をした京劇演出家梅蘭芳の物語を再放送いたします。そして「56の民族、56輪の花」では、中国の少数民族、チベット族の叙事詩「ケサル王伝」やチベット絵画の「タンカ」、ポタラ宮などをご紹介いたします…

  • 5月8日が母の日で、今回の【中国メロディー】はこれにちなんで、母性愛と関連した3曲をご紹介します。【ラウンジトーク〜三人行〜】では新型コロナによって、皆さんの生活スタイルが大きく変化したことをお話します。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、15回目として、先週に引き続き、中日の文化交流に特別な貢献をした京劇演出家梅蘭芳の物語をご紹介いたします。そして「56の民族、56輪の花」では、中国の少数民族、トーロン族の女性の「紋面」(顔の入れ墨)やリス族の「自然歴」と「合杯酒」、ナシ族のトンパ文字などをご紹介いたします…

  • 中国メロディーは、香港の女性実力派シンガー、サンディ・ラムと有名な作曲家であるジョナサン・リーのミュージシャンの恋物語をお話しましょう。今回の「ラウンジトーク〜三人行〜」では劉叡が現地取材したボアオ・アジアフォーラム(開催期間:4月19日から22日)についてご紹介します。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、14回目として、中日の文化交流に特別な貢献をした京劇演出家梅蘭芳の物語をご紹介いたします。そして「56の民族、56輪の花」では、中国の少数民族、イ族の民族名の由来やジンポ族の祭りなどについてお伝えいたします…

  •  新暦4月20日頃は二十四節気の一つ、穀雨に当たります。今回の中国メロディーは美しい音楽に伴なって谷雨に関連する文化と習わしをご紹介します。ラウンジトーク〜三人行〜では「メーデー連休の北京10大ホットスポット 市内観光ならここだ」という話題をご紹介します。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、13回目として、中日友好の使者と呼ばれるパンダについてお話をいたします。そして「56の民族、56輪の花」では、中国の少数民族、タイ族の風俗習慣などについてお伝えいたします…

  • 今回の中国メロディーは春にかかわる音楽作品をご紹介します。【Dr.劉のお悩み相談室】では今週は今年9月に上海外国語大学に入学予定の余嘉軒さんの「SNSで目にする他人の努力を見ると不安になる」というお悩みです。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、12回目として、中日友好の使者と呼ばれるトキについてお話をいたします。そして「56の民族、56輪の花」では、中国の少数民族、バウアン族とホイ族、エヴェンキ族などなどの食生活などについてお伝えいたします…

  • 今週の中国メロディーは、清明にちなんだ風習や音楽をご紹介します。【ラウンジトーク〜三人行〜】では「中国の清明節連休初日 『オンライン墓参り』約3倍増」というニュースをご紹介します。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、11回目として、中日友好の使者と呼ばれるトキについてお話をいたします。そして「56の民族、56輪の花」では、中国の少数民族、トジャ族やシェ族などの食生活などについてお伝えいたします…

  •  「中国メロディー」は「春に花咲く」をテーマにした音楽作品をご紹介します。「ラウンジトーク〜三人行〜」では、二週間に渡って自宅隔離していた劉叡が無事に解除となり、スタジオに戻ってきました。中国国内では引き続き、コロナに対して厳重な対応が続くなか、隔離生活の終盤、解除に至るまでの経緯や隔離生活を通して感じたことなどについて、前回の続編をお届けします。そして、後半は今、話題になっている中国の宇宙事業についての話題もお送りします。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、10回目として、中日交流の最新情報をお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」では、中国の少数民族、リス族やキン族などの食生活などについてお伝えいたします…

  •  今回の中国メロディーは中国のポップ音楽界で異色のミュージシャン・唐恬さんの音楽作品を引き続き紹介していきます。「ラウンジトーク〜三人行〜」では、劉叡は自宅からのリモート参加となりました。その理由は新型コロナの隔離のためでした。幸いにも本人は感染していませんが、濃厚接触者ということによる措置です。中国国内ではこのほど、コロナ感染者が散発的に確認され、北京市内でも繁華街の多い東側を中心に感染者が出始めています。今回は、劉叡が実際に隔離に至るまでの経緯、隔離生活、そして、現在の北京市のコロナ対策などについてご紹介していきます。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、9回目として、先週に引き続き松山バレエ団が日中のバレエ外交に貢献した話についてお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」では、中国の江西省や湖北省、四川省に暮らしている少数民族、それにチャン族についてお伝えいたします…

  •  「中国メロディー」は唐恬さんと彼女の音楽作品をご紹介します。「ラウンジトーク〜三人行〜」では、国際女性デーに合わせて取り上げられた女性配達員の話題に始まり、配達業の変化が中国社会にもたらした影響、そして、3月末に公開予定の「閔アナの職業体験記」の最新回・バイク便編についても触れていきます。そのロケに立ち会った梅田が見聞きした、バイク便の裏話も盛りだくさん。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、8回目として、松山バレエ団が日中のバレエ外交に貢献した話についてお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」では、中国の最も人口の少ない少数民族、ロッバ族やホジェン族などについてお伝えいたします…

  • 今回の「中国メロディ―」は春に関わる音楽をお届けします。「ラウンジトーク〜三人行〜」では、「中国のペット数が10年で1億3千万匹増加」というニュースをご紹介します。

  •  「50年の歩み」というシリーズ番組では、4回目を再放送いたします。北京冬季オリンピックで最も注目を集めていた日本人選手・羽生結弦選手をご紹介いたします。そして「56の民族、56輪の花」では、中国の少数民族、リス族やキン族などの食文化についてお伝えいたします…

  •  「50年の歩み」、中日国交正常化50周年特別番組では、7回目として、中日交流の最新情報をお伝えします。再放送の「56の民族、56輪の花」(中国の少数民族)では、江西省、湖北省、四川省に住む少数民族をご紹介いたします…

  • 今回の中国メロディーは雄大な三国時代を表現した波乱万丈の時代をお伝えします。「オンライン相談室」では、悩める各地の若者たちと北京のスタジオをつないで、そのお悩みにお答えしていきます!今回は北京大学・劉佳さんの「とにかく時間がない!」というお悩みです。

  •  「50年の歩み」、中日国交正常化50周年特別番組では、6回目として、誠実さと知恵で中日両国民の心と心の距離を縮めた日本テレビの辻岡義堂記者をご紹介します。再放送の「56の民族、56輪の花」(中国の少数民族)では、ラフ族の旧正月やドアン族の水かけ祭り、リス族の年越し祭りを紹介するほか、チワン族の五色飯、ハニ族のプーアル茶、ペイ族のおいしい食べ物「生皮」などをご紹介いたします…

  • 今週の「中国メロディー」は、冬季オリンピックで中国のフィギュアスケート選手が好む曲をご紹介しましょう。「ラウンジトーク〜三人行〜」では「<北京冬季五輪>IOC会長『ウインタースポーツには大きな潜在力がある』」というニュースをご紹介します。

  •  旧正月、春節は中国のもっとも重要な祝日です、今年の春節連休は、北京冬季オリンピックの開催と重なって、祝日の喜びと冬季オリンピックの多彩なイベントがもたらす二重の喜びが、近年の新型コロナウイルス感染症による人々の心の陰りを吹き飛ばし、春が近づいているという希望と喜びを感じさせてくれました。春節の風物詩である中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)の年越し番組『春節の夕べ』の視聴率は今年も複数の記録を塗り替え、視聴者数は12億9600万人を記録しました。今週の中国メロディーは、「春節の夕べ」のステージで人気を博した曲をご紹介します。

  • 「50年の歩み」、中日国交正常化50周年特別番組では、皆さんと一緒に国交正常化50周年の前後に起きた大きな出来事を振り返り、現在の中日関係についてもご紹介します。

       今週は、中国のスウ・イーミン選手を優勝に導いた佐藤康弘コーチの国境を越えたスポーツマンシップをご紹介します。

  •  2月4日夜、2022年北京冬季オリンピックの開会式では、「二十四節気」のカウントダウン、氷雪の中から五輪マーク誕生、思いがけない五輪点火式……想像力に富んだ映像が次々と世界各国の観客に映し出されました。また、開会式の音楽でも、中国の農村部の子供たちがギリシャ語で歌う『オリンピック聖歌』や、華やぐ開会式のテーマソング『雪花』が印象的でした。今週の中国メロディーでは皆さんと一緒に北京オリンピック開会式の美しい音楽をもう一度お楽しみください!

  • 「50年の歩み」、中日国交正常化50周年特別番組では、皆さんと一緒に中日国交正常化50周年の前後に起きた一連の大きな出来事を振り返るとともに、現在の中日関係についてもご紹介いたします。今週は、北京冬季オリンピックで最も注目を集めていた日本人選手・羽生結弦選手をご紹介します。

  •  「50年の歩み」、中日国交正常化50周年特別番組では、3回目として、中日の民間外交を進めてきた周恩来総理(中編)をお送りいたします。再放送の「56の民族、56輪の花」(中国の少数民族)では、蒙古族と満族の話についてお伝えします…

  •   迫る2月4日、2022年冬季オリンピック・パラリンピックが北京で開催されます。オリンピックがますます近づくにつれて、世界の多くの国から選手やスタッフが相次いで北京オリンピック村に進出しています。それに伴って、様々な冬季オリンピックのロゴが飾られた北京の街では、随所にその賑わいが感じられます。今週の中国メロディーは北京冬季オリンピックをテーマに、楽しいオリンピックソングに合わせて北京冬季オリンピックの雰囲気を味わいましょう。

  • 小柯(シャォクー)さんは中国大陸のポップス歌謡界の男性シンガー、作詞作曲家、音楽プロデューサーで、中国大陸の音楽界では稀に見る万能の天才と言われています。彼にとって音楽創作の最盛期であった21世紀初頭、中国大陸ではポップスランキングのトップ10のうち、4曲は小柯さんが作詞作曲、残りの数曲もほとんど彼が制作に携わった作品で、その卓越した音楽的才能が開花していました。もちろん、彼は今でもポップス界の重鎮です。

  •  「50年の歩み」、中日国交正常化50周年特別番組では、2回目として、中日の民間外交を進めてきた周恩来総理(中編)をお送りいたします。再放送の「56の民族、56輪の花」(中国の少数民族)では、ホイ族とダウール族の話についてお伝えします…

  •  「50年の歩み」、中日国交正常化50周年特別番組では、1回目として、中日の民間外交を進めてきた周恩来総理(前編)をお送りいたします。再放送の「56の民族、56輪の花」(中国の少数民族)では、タタール族、トンシャン族、ユイグー族の話についてお伝えします…

  •  二胡は中国の伝統的な弦楽器で、千年以上の歴史があります。最近、数年間独学で二胡を学んだだけのフランス人の若者が、SNS上で人気の二胡ミュージシャンになり、1本の動画で400万件以上のクリック数を得ました。今回の中国メロディーはフランスのミュージシャン、エリオット・トルドーさんが二胡で見せる東洋の音楽の世界をご紹介しましょう。担当は黄競です。

  • 2022年は十二支の寅年。中国人は昔から虎を崇拝し、正義、勇敢、威厳のあるものを虎と命名してきました。例えば、三国志の蜀の関羽、張飛、趙云、馬超、黄忠の5人の武将は、五頭虎の武将「五虎武将」と呼ばれました。2020年に、作曲家、譚盾さんがスマホゲーム「王者栄耀」の「五虎武将」英雄シリーズのために作曲した「王者栄耀・五虎武将交響曲」は、ゲームプレーヤーから愛されています。今週の中国メロディーはそんな「五虎武将交響曲」をお楽しみください!

  •  2021年末、アニメーション映画「雄獅少年(ライオンの少年)」が公開されて大好評を博しています。このアニメは私たちのような平凡な一般人の喜怒哀楽を描いていて、映画の画面も音楽も素朴で優美で、冬の日差しのように温かく心を癒してくれます。今週の中国メロディ―はこの感動的なアニメ映画のストーリーと音楽をお楽しみください。

  • 「初心を保ち、使命を胸に刻む」―共産党創立100周年シリーズ番組、7月から「七一勲章」の受勲者についてお送りしています。26回目の今日は村民を率いた起業で発展を図る七一勲章の受勲者―バイバイティ・ガン・ウーバイさんについて、お伝えします。担当は劉非です。

  • 北京ラジオテレビ局と故宮博物院が共同制作した12話のドキュメンタリー「紫禁城」がこのほど、北京衛星テレビで放送されました。ドキュメンタリーの中の複数の主題歌が、大手音楽サイトの新曲ランキングに続々と登場しています。今回の中国メロディーはその中から挿入歌3曲をご紹介し、紫禁城600年の移り変わりを体感していただきましょう。担当は黄競です。

  •   「初心を保ち、使命を胸に刻む」―共産党創立100周年シリーズ番組、7月から「七一勲章」の受勲者についてお送りしています。25回目の今日は初心を守り続ける戦闘英雄——郭瑞祥について、お伝えします。担当は劉非です。

  • 「初心を保ち、使命を胸に刻む」―共産党創立100周年シリーズ番組、今月から「七一勲章」の受勲者についてお送りしています。24回目の今日は衣服問題解決のために尽くした紡績工場の労働者―黄宝妹について、お伝えします。担当は劉非です。

  • 中国共産党創立100年を記念して制作された40話連続ドキュメンタリー「理想照耀中国(理想は中国を照らす)」が今、CCTVで放映されています。この連続ドキュメンタリーは過去100年にあったさまざまな出来事や、歴史的な瞬間を切り取り、40話で構成されています。今回の中国メロディ―はこの40回の特別シリーズの中から選りすぐりの物語3話と歌をご紹介します。中国共産党が百年の風雨を乗り越え、世界最大党に成長した背景にある物語を探ってみましょう!

  •  1973年2月19日、月曜日。この日、北京放送の電波から久しぶりに中国語講座が聞こえました。タイトルは「初級中国語講座」。番組で個人名は出さない時代でしたので、講師は名乗りをせずに、オープニングの「ピンイン字母歌」が終わって簡単な挨拶の後にすぐに授業が始まりました。講師は女性で、澄んだ声の持ち主。流暢で上品な日本語を使っていました。

     講師の名は陳真、その日から陳さんは18年間、北京放送の中国語講座で講師を務めていました。のちに、放送局からの派遣でNHKでテレビ中国語講座を担当した10年も加わり、「中国語講座の陳真先生」の名が日本の中国語学習者に知れ渡り、「陳真先生の中国語講座」が北京放送の代名詞のような存在になりました。

     陳真さんが放送に向かった時の原点は何か?生前残した録音などでご紹介します。担当は王小燕です。

  •  2021年12月3日は中国共産党が率いる中国人民対外放送開始80周年です。その第一声は日本語放送でした。これまでの80年、どのような人たちがどのような思いで放送に携わってきたのでしょうか。シリーズでお伝えします。2回目は中国人民対外放送の初代中国人日本語アナウンサー―王艾英さんについてお伝えします。担当は王小燕です。

  •  37歳のポップシンガー・ジェーン・チャンがこのほど、上海広播電視台が主催した中国語音楽部門賞「第28回東方風雲ランキング」の「最優秀女性シンガー賞」「今年のポップシンガー賞」「最優秀舞台演出賞」の3部門の賞を受賞し、今年の中華圏で最も注目を浴びたポップシンガーとなりました。今回の中国メロディーはジェーン・チャンの曲をご紹介しましょう。担当は黄競です。

  • 「初心を保ち、使命を胸に刻む」――中国共産党創立100周年シリーズ番組、7月から「七一勲章」の受勲者についてお送りしていきます。22回目は人民の文芸事業のために力を尽くす俳優――藍天野についてお伝えします。

  •  11月12日、香港の有名女性シンガー、アニタ•ムイの死から18年を記念して制作された同名映画「アニタ•ムイ」が公開されました。今のところ、このかつての香港芸能界のスーパースターを描いた伝記映画の興行は非常に好調で、1990年代の香港の歌姫への愛着がうかがえます。

     多くの香港人の心の中で、アニタ•ムイは香港に与えられた贈り物のような存在です。彼女のまろやかな歌声、香港映画史に残る定番の役柄、公益に熱心な人柄は多くの人を感動させました。2003年、40歳だったアニタ•ムイは、癌により、愛するファンと永遠に別れましたが、彼女が歌った名曲は依然としてファンの心に刻まれています。今回の中国メロディ―では、1990年代の香港の歌姫・アニタ•ムイと、彼女が歌った名曲をご紹介しましょう。担当は黄競です。

  •  中国共産党創立100周年シリーズ番組「初心を保ち、使命を胸に刻む」――「七一勲章」の受章者。今日は21回目として、現代愚公――黄大発についてお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」のコーナーでは中国の少数民族・タジク族、ロシア族、キルギス族についてご紹介いたします…

  •  空港のラウンジに集う劉叡、日本人スタッフの梅田謙、星和明の男3人がそれぞれ興味のある情報を持ち寄り、三者三様で中国について語り尽くすコーナー。毎週1つの話題についてじっくりとああでもないこうでもないとラウンジでの会話を繰り広げます。今回は「劉記者が取材した第4回輸入博」という話題をご紹介します。

  •  中国共産党創立100周年シリーズ番組「初心を保ち、使命を胸に刻む」――「七一勲章」の受章者。今日は20回目として、国境線を半世紀守り抜いた哨兵・魏徳友夫妻についてお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」のコーナーでは中国の少数民族・トゥ族、サラール族、ウズベク族についてご紹介いたします…

  • 「旅愁」は多くの日本人にとってすっかり日本の歌として親しまれていますが、実はこの歌は米国の音楽家・ジョンオードウェイの「家と母を夢見て」の日本語カバー曲です。20世紀初めに日本で留学した中国人音楽家・李叔同がこの歌を中国語の詞に訳し、中国でも広く伝えられました。今回の中国メロディ―はこの米、日、中3カ国の人々に愛される歌をご紹介しましょう。担当は黄競です。

  •  中国共産党創立100周年シリーズ番組「初心を保ち、使命を胸に刻む」――「七一勲章」の受章者。今日は19回目として、最高の労働者になりたい――中国溶接業界の先導者・艾愛国さんについてお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」のコーナーでは中国の湖北省に住む少数民族やチャン族などについてご紹介いたします…

  •  11月初めの北京、秋の気配が深まり、澄み渡る青空の下、北方の大地は黄金色に変身しました。この季節には、温かい日差し、凛と咲く秋の花、はらはらと舞い散るもみじ、たまに降る秋雨には秋の風情が感じられます。今回の中国メロディ―ではフォークソングから秋の風情を楽しみましょう。担当は黄競です。

  •  中国共産党創立100周年シリーズ番組「初心を保ち、使命を胸に刻む」――「七一勲章」の受章者。今日は18回目として、50年間住民に奉仕し続ける共産党員――林丹さんについてお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」のコーナーでは中国の湖南省に住む土家(トゥチャ)族などついてご紹介いたします…

  •  中国共産党創立100周年シリーズ番組「初心を保ち、使命を胸に刻む」――「七一勲章」の受章者。今日は17回目として、山林の自然を愛し、党と人民に奉仕し続ける共産党員代表――周永開さんについてお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」のコーナーでは中国の南部に住むヤオ族、プイ族についてご紹介いたします…

  •  国連生物多様性条約第15回締約国会議が10月中旬、中国西南部の雲南省昆明市で開催されています。中国では長年、野生動植物の保護措置の積極的な展開に伴い、トキ、アジアゾウなど絶滅の危機に瀕している動植物の数が増え続けています。今回の中国メロディーは世界中で愛されるある動物にかかわる音楽をお楽しみください。担当は黄競です。

  •  中国共産党創立100周年シリーズ番組「初心を保ち、使命を胸に刻む」――「七一勲章」の受章者。今日は16回目として、医学の最高峰で国民を救い続ける百歳の医師――辛育齢さんについてお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」のコーナーでは中国の南部に住む京(ジン)族、侗(トン)族についてご紹介いたします…

  • 10月14日は旧暦9月9日、中国の敬老の日に当たります。ここ数年、中国では高齢化に伴い、高齢者に関連する社会問題がますます注目されています。今回の中国メロディーでは、ファンタジー色を帯びた老人を題材にした映画「20歳よ、もう一度」の挿入歌をご紹介しましょう。担当は黄競です。

  •  中国共産党創立100周年シリーズ番組「初心を保ち、使命を胸に刻む」――「七一勲章」の受章者。今日は15回目として、渡江戦役で英雄となった少女・馬毛姉さんについてお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」のコーナーでは中国の南部に住む瑤(ヤオ)族、毛南(マオナン)族についてご紹介いたします…

  • 【中国メロディー】

    中国で大ヒットしたアニメ映画「白蛇・縁起」が7月30日、日本で公開されました。民話「白蛇伝」をモチーフにしたこの映画はヒロイン・白娘の前世の物語を描いたものです。今回の中国メロディ―はアニメ映画「白蛇:縁起」のサウンドトラックをご紹介しましょう。担当は黄競です。

  •  中国共産党創立100周年シリーズ番組「初心を保ち、使命を胸に刻む」――「七一勲章」の受章者。今日は14回目として、祖国や人民のために創作することを使命とする作曲家―呂其明についてお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」のコーナーでは中国の雲南省に住む少数民族、イ族とジンポ族などについてをご紹介いたします…

  •  今年の七月末、中国のアニメ映画「白蛇:縁起」の日本語吹替版が日本で公開され、主演を務める三森すずこや佐久間大介をはじめ豪華声優陣がミーティングに出席しました。このアニメは2019年に中国本土で70億円以上の興行収入を誇りました。今回の中国メロディ―は「白蛇:縁起」の主題歌と挿入歌をご紹介しましょう。

  • 毎年旧暦24節気の秋分の日は「中国農民豊作の日」です。この豊作の季節に、稲は熟して黄金色の波のように、真っ白な綿は白い雲が地上に降りてきたように、赤いリンゴは少女の耻ずかしそうな顔のように実り、至る所で豊作の光景が見られます。今週の中国メロディーでは、豊作祝いをテーマにした音楽作品をご紹介しましょう。担当は黄競です。

  • 13回目の今日は朝鮮戦争の戦闘英雄―孫景坤について、お伝えします。担当は劉非です。

  •  中国共産党創立100周年シリーズ番組「初心を保ち、使命を胸に刻む」――「七一勲章」の受章者。今日は12回目として、ボランティア活動に心血を注ぐ共産党員代表――王蘭花さんについてお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」のコーナーでは中国の雲南省に住む少数民族、アチャン(阿昌)族の刀(かたな)、プーラン(布朗)族の竹細工、プミ(普米族)の成人式などについてをご紹介いたします…

  • 【中国メロディー】

     毎年二十四節気秋分の日前後に、中国各地ではモクセイの花が咲き始めます。夕方、涼しい秋風がモクセイの香りを運んで来ると、秋まで優しくなったようです。今回の中国メロディーはキンモクセイゆかりの曲をご紹介しましょう。担当は黄競です。

  •  中国共産党創立100周年シリーズ番組「初心を保ち、氏名を胸に刻む」――「七一勲章」の受章者。今日は11回目として、革命伝統を受け継ぎ、党に忠誠を尽くす共産党党員代表―瞿独伊さんについてお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」のコーナーでは中国の少数民族、チンポー(景頗)族の民族衣装やムーナオ祭り(目瑙纵歌)、56番目の民族と言われるジノー(基諾)族の話、プーラン族(布朗族)とプーアル茶の話などについてをご紹介いたします…

  •   中国の音楽界で、38歳のタン・ウェイウェイは異色の存在です。民謡、ポップス、ロックという3つの異なる音楽スタイルを完璧に歌い上げる、まさに歌姫と言えるでしょう。今日はそんな変化に富んだ歌姫、タン・ウェイウェイの音楽の世界を楽しみましょう。

  •  中国共産党創立100周年シリーズ番組「初心を保ち、氏名を胸に刻む」――「七一勲章」の受章者。今日は10回目として、ムウス砂漠の環境を変え、植樹造林事業に大きく貢献した模範―石光銀さんについてお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」のコーナーでは中国の少数民族、タイ族の孔雀舞やワ族の木製太鼓などについてをご紹介いたします…

  •  中国の歌謡界で、美女シンガー・タン・ウェイウェイといえば、「完璧なラブソング歌手だ」と言う人もいれば、「変化に富んだロックガールだ」と言う人もいますが、「珍しい実力派の歌唱者だ」という声もありました。2006年に24歳でデビューして以来、音楽の夢を求めて努力し、輝きを放ってきたタン・ウェイウェイの音楽の世界を、今週と来週の中国メロディーでご紹介しましょう。

  • この地球上で、全世界の人口の15%を占める障害者たちの力は、見るに値するものではないでしょうか。スポーツの名のもとに。24日19時20分に2020東京パラリンピックが東京新国立競技場で開幕しました。今回の中国メロディーでは、パラリンピックの舞台で起きた感動的な物語や歌をご紹介しましょう。担当は黄競です。

  •  中国共産党創立100周年シリーズ番組「初心を保ち、氏名を胸に刻む」――「七一勲章」の受章者。今日は9回目として、青海・チベット高原の人々の命の安全を守る医者――呉天一さんについてお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」のコーナーでは中国の少数民族、エヴェンキ (鄂温克) 族、カザフ族(哈萨克族)の食文化についてをご紹介いたします…

  • リー・ロンハオは中華圏音楽界の新生代のシンガーソングライターです。彼の小さな目は魅力的で、淡々とした歌声の中には人を引き付ける力が込められていています。特に彼のラブソングは恋人同士が思い合う感情を見事に表現ししましょうています。今回は中国メロディーでリー・ロンハオの音楽の魅力を紹介しましょう。担当は黄競です。

  •  中国共産党創立100周年シリーズ番組「初心を保ち、氏名を胸に刻む」――「七一勲章」の受章者。今日は8回目として、南海を守り、漁民を率いてともに豊かな道を歩む共産党員王書茂さんについてお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」のコーナーでは中国の少数民族、 シェ族、ウイグル族、バォアン族の食文化をご紹介いたします…

  •  中国共産党創立100周年シリーズ番組「初心を保ち、氏名を胸に刻む」――「七一勲章」の受章者。今日は7回目として、中国の銃弾跡識別システムの完備に力を尽くしてきた崔道植さんについてお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」のコーナーでは中国の少数民族、布依(プイ)族、土家(トゥチャ)族、撒拉(サラ)族の食文化をご紹介いたします…

  •  今年の8月14日は旧暦の7月7日、七夕にあたり、中国ではバレンタインデーと呼ばれています。8月8日に注目を浴びた東京オリンピックが成功裏に閉幕し、8月24日には東京パラリンピックが開幕します。この恋+オリンピックのシーズンに、中国メロディーでは美しいオリンピックのメロディ―に乗せて、オリンピックの舞台で生れた感動的なラブストーリーを振り返ってみましょう。

  •    8月8日、十数日間にわたった東京オリンピックが閉幕します。新型コロナウイルス感染症の影響で、今回の五輪競技場はなんと初の無観客会場となりました。しかし、観客も拍手もない寂しい競技場で、感動的で軽快な歌や音楽が、選手たちをいつものように奮い立たせてきました。今回の中国メロディーでは東京オリンピックで選手たちに勇気や力を与えた中国の歌や音楽を紹介します。担当は黄競です。

  •  中国共産党創立100周年シリーズ番組「初心を保ち、氏名を胸に刻む」――「七一勲章」の受章者。今日は6回目として、戦功輝かしい「二級戦闘英雄」王占山さんについてお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」のコーナーでは中国の少数民族、チワン族やハニ族、タイ族などの代表的な料理ををご紹介いたします…

  • 今回は「2021北京アイスマップ!フーマーには2元のソフトクリーム」という話題をご紹介します。
    冷たいものが美味しい季節がやってきた! ここ北京でもアイスは人気ですが、ここ数年は既製品もお店で食べるものも、魅力的な新商品がどんどん登場しています。そして今年の流行はずばり、「かき氷」ではないかと、梅田が言い切ります。

  •  中国共産党創立100周年シリーズ番組「初心を保ち、氏名を胸に刻む」――「七一勲章」の受章者。今日は5回目として、科学技術で国を振興させる中国自動化科学技術の開拓者である陸元九さんについてお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」のコーナーでは中国の少数民族、チワン族やハニ族、タイ族などの代表的な料理ををご紹介いたします…

  •  中国共産党創立100周年シリーズ番組「初心を保ち、氏名を胸に刻む」――「七一勲章」の受章者。今日は4回目として、中国とアフリカの関係発展に大きく貢献した劉貴今大使についてお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」のコーナーでは中国の少数民族、ユーグ(裕固)族とイ(彝)族などをご紹介いたします…

  •    7月23日、東京で五輪の聖火が5年ぶりに点火されました。世界中の人々がテレビやインターネットでこのシーンを見て、感慨深く感じたことでしょう。史上最大規模の感染症に直面して、各国の選手たちがさまざまな困難を乗り越えて再び世界人民の大団結を象徴する五輪の旗の下に集えたことは、銘記すべき偉大な瞬間といえます!今週の中国メロディーでは、オリンピックをテーマに人々の心に残る感動的な曲をご紹介しましょう。担当は黄競です。

  •   ご存知のように、北京の伝統的な民家が建ち並ぶ細い路地「胡同」は北京の伝統文化の大舞台です。特に昔、路地裏に響く様々な物売りの声が人々の生活を彩っていました。今回の中国メロディーは、北京の路地胡同の交響曲と呼ばれる物売りの声と北京の伝統的な味わいのある歌を紹介しましょう。担当は黄競です。

  •  中国共産党創立100周年シリーズ番組「初心を保ち、氏名を胸に刻む」――「七一勲章」の受章者。今日は3回目として、革命の伝統を受け継ぐ中国革命の大先輩・李大钊の孫、李宏塔さんについてお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」のコーナーでは中国で人口の少ない少数民族をご紹介いたします…

  •  7月中旬、中国各地の子供たちは待ちに待っていた夏休みを迎えます。学生時代、夏休みに家でゆっくりと窓の外から聞こえてくるおなじみの物売りの声を聞いていると、とても心地よい気持ちになっていました。今では北京や上海のような大都市で伝統的な売り文句を聞くことは少なくなり、それはすでに人々の良い思い出となっています。今週と来周の中国メロディーでは、「都市の魂」と呼ばれる伝統的な売り声や売り歌をご紹介します。今回はまず、上海弄堂小路の物売りの声をご紹介しましょう。担当は黄競です。

  •  中国共産党創立100周年シリーズ番組「初心を保ち、氏名を胸に刻む」――「七一勲章」の受章者。今日は2回目として、解放戦争や朝鮮戦争に参加し、朝鮮から「自由独立勲章」を授与された戦闘英雄である柴雲振さんついてお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」のコーナーでは中国で人口の最も多い少数民族トップテンをご紹介いたします…

  •  中国共産党創立100周年シリーズ番組「初心を保ち、使命を胸に刻む」――「七一勲章」の受章者。今日は1回目として、40年間雲南省の貧困地区の教育に心血を注いだ張桂梅さんについてお伝えします。そして「56の民族、56輪の花」のコーナーでは中国の少数民族、メンバ族とカザフ族をご紹介いたします…

  •  7月7日は二十四節気の小暑で、この時期は梅雨が明け、暑さが日増しに厳しくなるころ。あちこちで元気なセミの鳴き声が聞こえはじめ、サルスベリは鮮やかなピンクの花を咲かせます。今回の中国メロディ―は小暑にかかわる歌をお楽しみください。担当は黄競です。

  •  「親愛なるあなたへ」のコーナーでは、最終回となる8回目は、新型コロナ中に人々を励ました3通の手紙をご紹介します。また、再放送で「56の民族、56輪の花」の特集をお送りいたします。今日は少数民族ムーラオ族(中国語:仫佬族)とチワン族をご紹介いたします。担当は孟群と星和明です...

  •  6月21日は24節気の夏至に当たります。夏至とは、一年のうちで、最も昼の時間が長い日のこと。「この日から本格的な夏が始まるよ!」という日です。夏と言えば、皆さんは何を思い浮かべますか?窓の外のセミの鳴き声か、下校途中、同級生たちと食べたアイスクリームか、甘くて苦い初恋か。今回の中国メロディーは、夏をテーマに素敵な歌をお楽しみ頂きましょう。

  •  今年の父の日は6月20日。私はもう20年父と一緒にこの日を祝っていません。しかし、父が去ったこの20年間、私は父と本当に離れた感じがしなくて、父は私のことをずっと温かく見守ってくれているように思っています。今週の中国メロディ―は私の父とすべての父親たちに捧げます。

  •  シリーズ番組「親愛なるあなたへ」、7回目は、6月19日の父の日にちなんで習近平国家主席から父親に送られた手紙についてご紹介します。また、再放送で「56の民族、56輪の花」の特集をお送りいたします。今日は中国南部の貴州省に住む少数民族と中国中部の湖北省に住む少数民族ををご紹介いたします。担当は孟群と星 和明です…

  •  シリーズ番組「親愛なるあなたへ」、第6回の主人公は、遵義の貧困村で貧困脱却活動のリーダーを務めていた余永流が、この世を去った前に愛娘への手紙をご紹介します。また、再放送で「56の民族、56輪の花」の特集をお送りいたします。今日は中国南部に住む少数民族コーラオ族(仡佬族)とトゥチャ族(土家族)ををご紹介いたします。担当は孟群と星 和明です…

  •  美しい都市ソングは、都市の特別な名刺と言われることが多く、都市ならではの魅力を届けてくれます。今回の中国メロディ―は引き続き中国で人気の都市ソングを紹介しましょう。

  •  ここ数年、都市名を曲名にするのが流行しているようで、「北京北京」、「廬州の月」、「僕は重慶っ子」などノスタルジアに満ちた歌が多くの若者に愛されています。都市はますます多くの若者にとって生活、勉強、仕事、奮闘の舞台です。また、人々は昔を懐かしむ心があるのかもしれません。「中国メロディ―」は人々に愛される都市のソングを引き続きご紹介しましょう。担当は黄競です。

  •  シリーズ番組「親愛なるあなたへ」、第5回の主人公は「中国天眼の父」と呼ばれる、500メートル口径球面電波望遠鏡・FASTの首席科学者兼首席技術者だった南仁東です。手紙を書いたのは、彼の妻・郭家珍でした。また、再放送で「56の民族、56輪の花」の特集をお送りいたします。今日は中国南部に住む少数民族トン族とミャオ族ををご紹介いたします。担当は孟群と星 和明です…

  •  シリーズ番組「親愛なるあなたへ」、第4回の主人公は中国の宇宙開発の第一人者である銭学森が友人に宛てた、救助を求めた手紙です。また、再放送で「56の民族、56輪の花」の特集をお送りいたします。今日は中国の広西チワン族自治区に住む少数民族や貴州省に住む水族をご紹介いたします。担当は孟群と星 和明です…

  •     世界の都市は、じっくり味わえば、いつでもその唯一無二の魅力に気づくことができます。また、独特の味わいのある歌だけで人々の憧れを惹きつける都市もありますが、それが音楽の魅力であり、この都市の魅力なのではないでしょうか。「中国メロディ―」は人々に愛されている都市のソングを3回に分けて紹介しましょう。担当は黄競です。

  •      5月下旬の北京、バラの花が咲く季節を迎え、町中至る所で咲き誇るバラは人々の目を楽しませています。バラは愛を象徴する花として知られています。今週の中国メロディーは愛をテーマに、民国時代のラブレターと恋の歌をお届けしましょう。担当は黄競です。

  •  「親愛なるあなたへ」のコーナーでは、第3回としてある女性からのラブレターをご紹介いたします。また、再放送で「56の民族、56輪の花」の特集をお送りいたします。今日は少数民族毛南(マオナン)族と京(ジン)族をご紹介いたします。担当は孟群と星 和明です…

  •  2008年5月12日14時28分に四川省ブン川県でマグニチュード8.0の大地震が発生し、地震による死傷者は10万人以上を超えました。今ちょうど13年が経ち、被災地の人々は強靭な意思によって徐々に嘆きと絶望の中から立ち上がってきました。今回の「中国メロディ―」では四川大地震発生後、被災地の人々が暗闇から抜け出せるよう寄り添い、希望と力を与えた震災復興応援ソングを振り返ってみましょう。担当は黄競です。

  •  「親愛なるあなたへ」のコーナーでは、第2回として、若くして中国共産党に入党し、革命に生涯を捧げた任弼時が父に宛てた手紙をご紹介いたします。また、再放送で「56の民族、56輪の花」の特集をお送りいたします。今日は少数民族チワン族とヤオ族をご紹介いたします。担当は孟群と星 和明です…

  • 今週はドクター劉とアシスタントの梅田謙、星和明が今を生きる中日の若者から悩みを聞き、アドバイスするコーナー「Dr.劉のお悩み相談室」をお届けします。

  •  「親愛なるあなたへ」のコーナーでは、第1回として、抗日戦争で犠牲になった東北人民革命軍の女性リーダー趙一曼が、受刑に向かう列車の中で、7歳の息子への死別の便りをご紹介いたします。また、再放送で「56の民族、56輪の花」の特集をお送りいたします。今日は少数民族ムーラオ族(中国語:仫佬族)とチワン族をご紹介いたします。担当は孟群と星 和明です...

  • 美しい歌の後ろには感動的な物語が隠されています。今回の「中国メロディー」は歌と歌に関する物語を楽しみ、これらの歌から癒しの力を見つけていただきましょう。担当は黄競です。

  •  「初心を保ち、使命を胸に刻む」のコーナーでは、16回目として、2017年に開かれた中国共産党第19期中央委員会第1回全体会議についてお送りします。また、再放送で「56の民族、56輪の花」の特集をお送りいたします。今日は人数の少ない少数民族・基諾(ジーヌオ)族をご紹介いたします。担当は孟群と星 和明です…

  •  4月の北京は百花繚乱です。この美しい季節に、中国メロディーは皆さんとともに春に向かう列車に乗って、心を揺さぶるメロディーに合わせて、花の海の中で春の魅力を楽しみましょう。

  •  「初心を保ち、使命を胸に刻む」のコーナーでは、15回目として、1978年に開かれた中国共産党第11期中央委員会第3回全体会議についてお送りします。また、再放送で「56の民族、56輪の花」の特集をお送りいたします。今日はチベット族の歴史や風俗習慣などをご紹介いたします。担当は孟群と星 和明です…

  •  「初心を保ち、使命を胸に刻む」のコーナーでは、14回目として、1949年に開かれた中国共産党第七期中央委員会第二回全体会議についてお送りします。また、再放送で「56の民族、56輪の花」の特集をお送りいたします。今日は雲南省に住む少数民族をご紹介いたします。担当は孟群と星 和明です…

  • 4月初め、中国音楽家協会学会成立音楽会が北京音楽ホールで開かれ、中国音楽界の多くの名演奏家が競演し、特にチェロ奏家・朱亦兵の素晴らしいパフォーマンスは多くの観客を感動させました。今回の中国メロディ―は中国の名チェロ奏者・朱亦兵の音楽世界と音楽作品をお楽しみいただきましょう。

  • CMG(チャイナメディアグループ)による「清明節特集演奏会」が先週の週末にCMG音楽チャンネルで放送され、複数の若者演奏家と人気バントが美しい春のメロディーを奏でました。今回の中国メロディーはそんな演奏会の様子を抜粋してお届いたします。担当は黄競です。

  •  「初心を保ち、使命を胸に刻む」のコーナーでは、13回目として、中国共産党第6期中央委員会第6回全体会議についてお送りします。また、再放送で「56の民族、56輪の花」の特集をお送りいたします。今日はトーアン族とリス族の風俗習慣をご紹介いたします。担当は孟群と星 和明です…

  • 4月4日は二十四節気の清明に当たります。中国では清明節は先祖を祭って墓参りをしたり、ピクニックをしたりする伝統的な祝日です。今回の中国メロディーは清明節の春にまつわる歌をご紹介しましょう。

  •  「初心を保ち、使命を胸に刻む」のコーナーでは、11回目として、1937年に開かれた中国共産党の「洛川会議」についてお送りします。また、再放送で「56の民族、56輪の花」の特集をお送りいたします。今日はトーロン族とヌー族の風俗習慣をご紹介いたします。担当は孟群と星 和明です…

  • 今年は中国共産党創立100周年にあたります。創立当時13人だった党員は、今では9000万人を超えています。中国の平和的な振興をリードしてきた中国共産党の成功の秘訣とは?

  •  毎年三月下旬と四月初めの清明節の頃には茶摘みの黄金期に当たり、この時期、茶農家たちは一刻を争うように茶摘みに追われます。茶農家の顔に溢れる豊作の喜びを見るたびに、幸せは簡単なものだと実感します。今期の「中国旋律」は茶摘みをテーマに中国各地の民謡の特集でご紹介しましょう。

  • TikTok(ティックトック)は若者の間で人気のあるショートムービーアプリで、たくさんの素晴らしい音楽がこのプラットフォームで知られ、全土を席巻する人気作となっています。TikTokはこのほど、「2020年TikTok人気曲トップ5」を発表しました。これらの曲からは、現在の若者が好む音楽スタイルが窺えるでかもしれません。今回の中国メロディーは引き続きTikTok人気曲をお楽しみください。

  •  「心を保ち、使命を胸に刻む」のコーナーでは、10回目として35年に開かれた中国共産党の「遵義会議」(じゅんぎかいぎ)についてお送りします。また、「6の民族、56輪の花」のコーナーでは、ジヌ族とブラン俗習慣をご紹介いたします…

  • 皆さんご存じのように、TikTok(ティックトック)は現在、世界で最も人気のあるショートムービーアプリの一つです。データによりますと、ティックトックの一日当たりのアクティブユーザー数は6億人を超えたとのことです。このような膨大なユーザー層を持つプラットフォームでは、多くの曲が全土を席巻する人気作となっています。今回と次回の中国メロディーは2020年TikTok人気曲トップ5をご紹介しましょう。担当は黄競です。

  •  「初心を保ち、使命を胸に刻む」のコーナーでは、9回目として、1929年に開かれた中国共産党の「古田会議」(こでんかいぎ)についてお送りします。また、再放送で「56の民族、56輪の花」の特集をお送りいたします。今日はイ族とジンポ族の風俗習慣をご紹介いたします...

  •  有名な女性作家・氷心は「世界に女性がいなければ、この世は少なくとも10分の5の『真心』、10分の6の『善良』、10分の7の『美しさ』を失わなければならない」と語りました。誠実で善良で美しい人間の代表である女性たちが、突然訪れたコロナ禍に立ち向かって勇敢でたくましい姿を見せています。今回の中国メロディーはそんな女性医療従事者をたたえる歌をお楽しみいただきましょう。担当は黄競です。

  •  「初心を保ち、使命を胸に刻む」のコーナーでは、8回目として、1927年に開かれた中国共産党の「八七会議」(はち・しちかいぎ)についてお送りします。また、再放送で「56の民族、56輪の花」の特集をお送りいたします。今日はワー族とナシ―族の風俗習慣をご紹介いたします。担当は孟群と星 和明です

  • 中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)による中国の紅白歌合戦と呼ばれる国民的年越し番組、「春節聯歓晩会(春節の夕べ)」は毎年、多くの観客の注目を集めます。歌手も俳優も、「春節の夕べ」の舞台に立つことを誇りに思い、この舞台を借りて、中華圏で人気スターになりたいと思っていることでしょう。今回の「中国メロディー」は、今年の「春節の夕べ」で人気となった曲を紹介しましょう。担当は黄競です。

  •  「初心を保ち、使命を胸に刻む」のコーナーでは、6回目として、中国共産党第一次全国代表大会をご紹介いたします。担当は劉非です。また、再放送で「56の民族、56輪の花」の特集をお送りいたします。今日はペー族とハニ族の風俗習慣をご紹介いたします。担当は孟群と星 和明です…

  •  テレビゲームは1960年代後半に登場して以来、世界的で人気を博してきました。海外で流行しているスタンドアロンゲームとは異なり、中国のゲーマーはオンラインゲームを好みます。ゲームの世界には、美しいゲーム画面だけでなく、緊張感と刺激を与えるテクニック、さらには人の心を揺さぶるゲームサウンドがあります。今回の中国メロディーは中国のオンラインゲームの世界で感動を呼んだゲームのテーマ曲をご紹介しましょう。担当は黄競です。

  •  「初心を保ち、使命を胸に刻む」のコーナーでは、6回目として、中国共産党第一次全国代表大会をご紹介いたします。担当は劉非です。また、再放送で「56の民族、56輪の花」の特集をお送りいたします。今日はペー族とハニ族の風俗習慣をご紹介いたします。担当は孟群です…

  • 中国でオンラインゲームが始まってから、もう20年近く経ちました。この20年間、オンラインゲームは若者の間で人気を集めています。そしてそこに使われる音楽もゲームプレーヤーに楽しみを与えてくれています。今回の中国メロディーはオンラインゲーム音楽作品を紹介しましょう。担当は黄競です。

  • 今日のこの時間は、チワン族の民族衣装や伝統的な祝日の「三月三」、ヤオ族の長太鼓などについてご紹介いたします。詳しくはどうぞ引き続き番組をお聞きください。担当は孟群です。

  •   アクション映画「葉問(イップ・マン)」のカンフー対決も「七剣(セブンソード)」の侠客たちが正義を正すシーンも、多くの観客を熱くさせました。映画のサウンドトラックは中華文化の美しさを十分に現していますが、この中国伝統文化の息吹が漂う音楽が、日本のミュージシャンによって作られたとは驚きではないでしょうか。今回の中国メロディーは引き続き、中国の映画音楽の舞台で活躍する日本人ミュージシャンの優れた映画音楽作品を紹介していきます。担当は黄競です。

  • 今日のこの時間は、人口が最も少ない少数民族であるロッパ族、ホジェン族、タタール族など6つの少数民族をご紹介いたします。詳しくはどうぞ引き続き番組をお聞きください。担当は孟です。

  •  映画の中のサウンドトラックは女性のメイクに例えられ、派手すぎるとけばけばしいと言われます。
    でも化粧をしないと美人でも色気が足りないのではないでしょうか。良いサウンドトラックは映画の画面と雰囲気に巧みにマッチし、調和のとれた境地に達することができます。今、日本の映画音楽のレベルはアジアひいては世界でも優れているため、多くの中国映画音楽が日本のミュージシャンによって製作されています。今回の中国メロディーは中国映画の中で日本のミュージシャンが創作した優れた映画音楽を楽しみましょう。

  • 今日のこの時間は、チベット族の叙事詩「ケサル王伝」やチベット絵画の「タンカ」、ポタラ宮などをご紹介いたします。

  •  リーナは中国音楽界でも稀に見る活躍を見せ、彼女の10年の音楽活動の間に160作品の映画やテレビ番組で200曲余りの挿入歌を歌いました。「チベット高原」「好人一生平安(穏やかな一生)」などの名曲は今も歌い継がれています。しかし、1997年に全盛期の中、35歳の彼女は音楽の舞台から引退して仏門に帰依し、多くのファンに名残惜しさを残しました。今回の中国メロディーはリーナが出家する前にリリースした最後のアルバム「蘇武牧羊(蘇武、羊を牧する)」の中の音楽をお送りします。この作品はリーナ音楽の絶筆と呼ばれています。

  • 今日のこの時間は、トーロン族の女性の「紋面」(顔の入れ墨)やリス族の「自然歴」と「合杯酒」、ナシ族のトンパ文字などをご紹介いたします。

  •  フランキーチェン(陳勳奇)は香港映画界に公認された万能なスターで、彼が脚本や監督を手がけた、あるいはサウンドトラックを担当した映画は30本以上あります。その中で「東邪西毒(楽園の瑕)」などの映画のために創作した音楽は香港映画サウンドトラック史上最高の作品となっています。今週の中国メロディーは香港の映画音楽の聖手--フランキーチェンが映画「東邪西毒(楽園の瑕)」のために創作した映画音楽作品を紹介しましょう。

  •  今日のこの時間は、ブーラン族とプーアル茶の話、アチャン族の「戸撒刀」、プミ族の成人式などをご紹介いたします。

  •  中国のミュージカル映画といえば、2005年に公開された香港映画『ウィンター・ソング(原題:如果・愛)』が本当の意味での国産ミュージカルと言われていますが、15年経った今も感動的な映画です。今回の中国メロディーは、映画『ウィンター・ソング』の映画音楽クリエイターである金培達と彼の映画音楽作品をご紹介しましょう。

  •  シリーズ番組「小康社会に向かう中国人の暮らし」では、第27 回として青海省海南チベット族自治州で移住し、ヤクの養殖に携わる人々の生活改善についてお届けします。また、「56の民族、56輪の花」の番組では、チワン族の民族衣装や伝統的な祝日の「三月三」、ヤオ族の長太鼓などについてご紹介いたします…

  •  香港の作曲家陳光栄は、香港ポップミュージック界の重要な存在であり、その作品は香港金像賞のオリジナル音楽賞を三回受賞したことがあります。陳光栄は男の心に精通したミュージシャンとして知られています。アクション映画の速いテンポの音楽はもちろん、義理や愛を表現する深い愛情の音楽も男の胸のうちを十分に感じさせてくれます。今回の中国メロディーは陳光栄の映画音楽作品をお楽しみください。

  •  シリーズ番組「小康社会に向かう中国人の暮らし」では、第26回として、チベット自治区山南市ゴンガ県吉雄鎮の赤星コミュニティのここ数年間の変化についてお届けします。また、「56の民族、56輪の花」の番組では、人口が最も少ない少数民族であるロッパ族、ホジェン族、タタール族など6つの少数民族をご紹介いたします…

  • 今週はドクター劉とアシスタントの梅田謙、星和明が今を生きる中日の若者から悩みを聞き、アドバイスするコーナー「Dr.劉のお悩み相談室」をお届けします。

  •  シリーズ番組「小康社会に向かう中国人の暮らし」では、第25回として湖南省西洞庭湖自然保護区で従来の漁業をやめて環境保護に積極的に取り組み始めた人たちの話をお届けします。また、「56の民族、56輪の花」の番組では、チベット族の叙事詩「ケサル王伝」やチベット絵画の「タンカ」、ポタラ宮などをご紹介いたします…

  •  黄霑は香港出身の有名な作詞作曲家で、生前作曲した作品は2000曲以上、その多くの歌は今も歌い続けられています。「中国人がいれば、黄霑の作った歌が聴ける」と言われるほどで、彼は「音楽界の奇才」と呼ばれています。今回の中国メロディーはそんな黄霑の映画音楽作品をご紹介しましょう。

  •  シリーズ番組「小康社会に向かう中国人の暮らし」では、第24回として新疆ウイグル自治区で果物のネット販売で大成功した話をお届けします。また、「56の民族、56輪の花」の番組ではトーロン族の女性の「紋面」(顔の入れ墨)やリス族の「自然歴」と「合杯酒」、ナシ族のトンパ文字などをご紹介いたします…

  •  1980年代90年代、香港映画は最盛期を迎え、香港という小さなところに数えきれないほどの名作が生まれました。これらの名作映画の音楽はいつも私たちを当時に連れ戻してくれます。どの映画の音楽もそれぞれの人生を表したり、違った趣を放ち、何度聞いても飽きません。今回の中国メロディーは映画の舞台裏の見えない映画人を覗いてみましょう。今日の主人公は「時代の音符」ともいえる香港映画音楽の大家・胡偉立の音楽作品をご紹介しましょう。

  •  シリーズ番組「小康社会に向かう中国人の暮らし」では、第23回として自然環境が厳しいチベット自治区での生活改善の話をお届けします。また、「56の民族、56輪の花」の番組では、、ブーラン族、アチャン族、プミ族のことをご紹介いたします…

  •  映画は音と画面の芸術と言われます。優れた映画は音楽と画面の調和の美しさを表現し、素晴らしい映画音楽は観客に映画を見終えてから、音楽を忘れさせるとも言われます。音楽に対する印象が深くて、映画を無視すれば、それは映画音楽としては失敗なのです。そのため、多くの優れた映画作品の中で、映画音楽はあまり自己主張をしません。今回の中国メロディーは素朴で魅力溢れる映画音楽をご紹介しましょう。

  •  シリーズ番組「小康社会に向かう中国人の暮らし」では、第22回としてネットを活用して楽器の販路を拡大した新疆ウイグル自治区のエマイルジャンさんの話をお届けします。また、「56の民族、56輪の花」の番組では、イ族、ジンポー族、ジンポー族のことをご紹介いたします…

  •  世界遺産の故宮(紫禁城)が今年創建600年を迎え、国内外の注目を集めています。故宮と言えば、ユニークなクリエイティブグッズについてこの番組でも度々ご紹介してきましたが、そのブームを牽引するテレビ番組『上新了・故宮』がいま話題になっています。番組は紫禁城の歴史や文化財を紐解き、その要素を取り入れたグッズを若者たちが創り出すという内容です。最近のテーマになったのは、なんとスニーカー!「故宮×スニーカー」という異色のコラボが大きな反響を呼んでいます。一体どのようなものなのでしょうか。

  •  シリーズ番組「小康社会に向かう中国人の暮らし」では、第21回として内蒙古自治区で最も人口の少ない三つの少数民族の貧困脱出話をお届けします。また、「56の民族、56輪の花」の番組では、ダイ族の仏教信仰と踊り、ワ族の岩絵と音楽、ラフ族の風俗習慣などをご紹介いたします…

  •  映画音楽は映画の魅力を感じさせると同時に、自分だけの魂を持っていて、音楽そのものの精神も伝えてくれます。著名な映画音楽作曲家の趙季平は中国映画のために多くの優れた音楽作品を作りました。その中に映画『さらば、わが愛/覇王別姫』のために作った音楽は中国映画史上、超えられない名作と讃えられています。今回の中国メロディーはそんな趙季平が作った映画音楽作品をご紹介しましょう。

  •  シリーズ番組「小康社会に向かう中国人の暮らし」では、第20回として郷土料理の「加加麺」のレストランを経営するジョマラムさんをご紹介します。また、「56の民族、56輪の花」の番組では、バウアン族とホイ族、エヴェンキ族などの食生活をご紹介いたします…

  •   度々振る秋雨の後、北京は秋の気配がますます濃くなります。香山の紅葉、釣魚台の銀杏、西山の虫のさざめき、玉泉山の月夜、潭柘寺の鐘の音は北京の秋に独特な魅力を添えます。その風情は老舎、郁達夫などの文人達が多くの北京の秋を讃える名文を残したほどです。今回の中国メロディーは文人の目に映る北京の秋と音楽をご紹介します。

  •  シリーズ番組「小康社会に向かう中国人の暮らし」では、第19回として中国で循環農業の理念を広める川崎広人さんをご紹介いたします。また、「56の民族、56輪の花」の番組では、トゥチャ族とサラール族、ウイグル族などの食生活などについてお伝えいたします…

  •  「中国メロディー」の時間では、中華圏映画を彩ってきた素晴らしい映画音楽作品をご紹介いたします。また、「Dr.劉のお悩み相談室」のコーナーでは、海南大学院生1年の周波さんの「家庭と学業の両立で悩んでいる」というお悩みのご相談です…

  •  シリーズ番組「小康社会に向かう中国人の暮らし」では、第18回として貧困脱却をリードした英雄と呼ばれた吉林省白山市靖宇県大北山村村民、高秀虎さんをご紹介いたします。また、「56の民族、56輪の花」の番組では、コーラウ族の喫新祭やリス族の水酒、キン族の「魚汁」などについてお伝えいたします…

  •  10月初めの長雨は南唐の皇帝・李煜の名句「寂寞梧桐深院锁清秋(秋を閉じ込めるように奥の庭に寂しげな青桐がある)」が描いた、もの悲しい秋の風景を思い浮かばせます。今回の中国メロディーは詩人皇帝と呼ばれる李煜の詩作をモチーフにした音楽作品をご紹介しましょう。

  •  特別企画シリーズ「小康社会に向かう中国人の暮らし」、今日は第17回、『黄河メロンはコロナ禍にもまけず 小康生活への一歩』をテーマに、河南省新郷市封丘県荆隆宫郷の老鴉張村の村民たちが、政府の支援の下で設立した栽培専業合作社にたよってメロンを栽培し、メロンのように甘く、円満な、より良い生活を手に入れつつあることについてお伝えします…

  •  今週はドクター劉とアシスタントの梅田謙、星和明が今を生きる中日の若者から悩みを聞き、アドバイスするコーナー「Dr.劉のお悩み相談室」をお届けします。

  •  唐の時代の名詩人・白楽天の叙事詩「長恨歌」は楊貴妃と玄宗皇帝の恋物語を詠んでいて、今でも広く歌い継がれています。詩の中に描かれた楊貴妃が住んでいた宮殿・華清宮(かせいきゅう)はまるで仙境のようで、 「骊宫高处入青云,仙乐风飘处处闻(華清宮は白い雲の中で、ふわふわと美しく漂っている)」という詩句は後世の人々に憧れを抱かせています。このほど、この詩句の中に出てくる華清宮の遺跡が西安で発見されました。華清宮は中国の歴史上の恋と政治闘争が入り混じった物語が何度も繰り広げられた重要な舞台として注目を浴びています。今回の中国メロディーはそんな華清宮の物語と音楽をご紹介しましょう。

  •  特別企画シリーズ「小康社会に向かう中国人の暮らし」、今日は第16回、『山奥を後にして、班彦新村の新しい暮らし』をテーマに、厳しい環境を離れ、移住を通して貧困脱却を実現した青海省互助トゥ族自治県の班彦新村についてお伝えします…

  •  特別企画シリーズ「小康社会に向かう中国人の暮らし」、今日は第15回で『山村の発展は飲用水の解決から』をテーマに、カルスト地形のため飲用水で困っていた湖北省保康県の変化についてお伝えします…

  •  中国では毎年二十四節季の秋分の日は豊作の祭りとして祝われます。この祝日には各地の農家たちが豊作を祝うためにさまざまな祝賀行事を行います。今回の中国メロディーは引き続き中国の少数民族の豊作まつりの伝統行事と歌をご紹介しましょう。

  •  2020年、それは中国にとって特別な一年。貧困脱却の堅塁攻略戦の決勝の年、小康社会の全面実現における一里塚の年です。今年6月から、貧困脱却に焦点を当てた大型取材イベントが全国規模で行われ、全国900人の記者が8つの重点地域で人々の生活を密着取材しました…

  •  9月22日は二十四節季の秋分の日で、この時期、畑でも果樹園でも至るところで豊作の喜ばしい光景が見られます。そのため、毎年の秋分は中国の豊作の日として祝われています。今回と次回の中国メロディーは中国各地の少数民族が豊作を祝う歌をお楽しみください。

  •  2020年、それは中国にとって特別な一年。貧困脱却の堅塁攻略戦の決勝の年、小康社会の全面実現における一里塚の年です。今年6月から、貧困脱却に焦点を当てた大型取材イベントが全国規模で行われ、全国900人の記者が8つの重点地域で人々の生活を密着取材しました…

  •   中国では多くの人がテレビやラジオ、劇場の中で北京フィルハーモニー合唱団の澄んだ子供の歌声に魅了され、心が洗われたことがあるでしょう。その懐かしく美しい歌声の後ろには楊鴻年という有名な指揮者の存在があります。今年7月26日にこの、音楽教育者は北京の病院で享年86歳の命を終えました。彼の音楽事業には終止符が打たれましたが、彼の名前は中国の児童合唱とこれからもりつながり続けていきます。今回の中国メロディーは楊鴻年教授の音楽人生をご紹介しましょう。

  •  2020年、それは中国にとって特別な一年。貧困脱却の堅塁攻略戦の決勝の年、小康社会の全面実現における一里塚の年です。今年6月から、貧困脱却に焦点を当てた大型取材イベントが全国規模で行われ、全国900人の記者が8つの重点地域で人々の生活を密着取材しました…

  • 2016年初め、まだその名をあまり知られていない上海虹室内合唱団はアンコールの曲「張士超你昨天晩上到底把我家钥匙放哪里了(張君、昨日の夜、僕の家のカギはどこに置いたんだ?)」で若者の間で爆発的人気を誇り、そのおどけた歌のスタイルは一般人の生活になじみ、多くの人々に親しまれています。今週の中国メロディーは引き続き、そんな上海虹室内合唱団の作品をお楽しみください。

  •  2020年、それは中国にとって特別な一年。貧困脱却の堅塁攻略戦の決勝の年、小康社会の全面実現における一里塚の年です。今年6月から、貧困脱却に焦点を当てた大型取材イベントが全国規模で行われ、全国900人の記者が8つの重点地域で人々の生活を密着取材しました…

  • 合唱と言えば、高尚な芸術のイメージがあり、笑いとはなかなか結びつかないような気がします。しかし、上海虹室内合唱団の合唱はときどきお腹を抱えて大笑いさせたり、感動して涙を流させるような作品があり、上品な合唱の舞台を若者が好むポップな舞台に変身させてしまいます。これによって、上海虹室内合唱団は一番面白い合唱団と呼ばれています…

  •  2020年、それは中国にとって特別な一年。貧困脱却の堅塁攻略戦の決勝の年、小康社会の全面実現における一里塚の年です。今年6月から、貧困脱却に焦点を当てた大型取材イベントが全国規模で行われ、全国900人の記者が8つの重点地域で人々の生活を密着取材しました…

  •   8月25日は旧暦の七夕に当たり、中国のバレンタインディーです。恋の魔力は私たちの世界を不思議な美しさに変えます。もしお気に入りの彼女あるいは彼氏に出会ったら、このロマンチックな七夕祭りに告白しましょう。今回の中国メロディーは七夕の日に好きな人に贈るのにぴったりなラブソングをご紹介しましょう。

  • このほど、「得不到的愛情(得難い愛)」という歌が多くの音楽アプリの人気おすすめランキングに上り、先月、中国の人気バラエティ番組「乗風破浪的姐姐(波風に乗った女性たち)」の中で4人の女性タレントグループに歌われ、そのレトロリズム感あるメロディーが人気となりました。「得不到的愛情(得難い愛)」は1940年代の人気歌手・姚莉が歌った曲で、彼女が歌った上海を中心に流行した30-40年代の歌は今も歌い継がれ、時代を超えた名曲となっています。今回の中国メロディーはそんな姚莉の音楽作品を楽しみながら、1930、40年代の上海の繁栄と輝きを振り返りましょう。

  •  2020年、それは中国にとって特別な一年。貧困脱却の堅塁攻略戦の決勝の年、小康社会の全面実現における一里塚の年です。今年6月から、貧困脱却に焦点を当てた大型取材イベントが全国規模で行われ、全国900人の記者が8つの重点地域で人々の生活を密着取材しました…

  •  今週はドクター劉とアシスタントの梅田謙、星和明が今を生きる中日の若者から悩みを聞き、アドバイスするコーナー「Dr.劉のお悩み相談室」をお届けします。

  •  特別企画シリーズ「小康社会に向かう中国人の暮らし」、今日は第8回「伝統工芸銀細工が人気 山西省平遥古城」で、無形文化遺産の伝承者、山西省平遥古城銀細工職人の劉興東さんのお話をお伝えします…

  •  2020年、それは中国にとって特別な一年。貧困脱却の堅塁攻略戦の決勝の年、小康社会の全面実現における一里塚の年です。今年6月から、貧困脱却に焦点を当てた大型取材イベントが全国規模で行われ、全国900人の記者が8つの重点地域で人々の生活を密着取材しました…

  •  軍事警察と言えば、大柄で逞しい体格、厳しそうな顔を思い浮かべるでしょう。しかし、そんな警察部隊の中でも歌声で人々の心を癒す中国軍事警察男声合唱団が活躍しているのをご存じでしょうか。

  •  2020年、それは中国にとって特別な一年。貧困脱却の堅塁攻略戦の決勝の年、小康社会の全面実現における一里塚の年です。今年6月から、貧困脱却に焦点を当てた大型取材イベントが全国規模で行われ、全国900人の記者が8つの重点地域で人々の生活を密着取材しました。

  • 中華圏音楽界ではフォークソングはポピュラー音楽として、長く多くのファンに親しまれています。フォークソングは心の奥の声であり、フォーク歌手は最も敬虔なミュージシャンであるという言い方があります。

  • ①「小康社会に向かう中国人の暮らし」(新企画!)

    ②「56の民族、56輪の花」

  •  今回の相談は、北京大学にで留学している高橋雄一郎さんの「日本人の中国に対するイメージをどう変えればいいのか」というお悩みをお届けします。

  •  2020年、それは中国にとって特別な一年。貧困脱却の堅塁攻略戦の決勝の年、小康社会の全面実現における一里塚の年です。今年6月から、貧困脱却に焦点を当てた大型取材イベントが全国規模で行われ、全国900人の記者が8つの重点地域で人々の生活を密着取材しました。

  •  空港のラウンジに集う劉叡、日本人スタッフの梅田謙、星和明の男3人がそれぞれ興味のある情報を持ち寄り…

  •  2020年、それは中国にとって特別な一年。貧困脱却の堅塁攻略戦の決勝の年、小康社会の全面実現における一里塚の年です。今年6月から、貧困脱却に焦点を当てた大型取材イベントが全国規模で行われ、全国900人の記者が8つの重点地域で人々の生活を密着取材しました…

  • 今年の中国は夏に入ってから、北方地方の降雨量が例年より多くなっています。雨水が十分に満たされた北方の草原では色とりどりの花が、生気あふれる姿で大自然に彩りを添えています。

  •  2020年、それは中国にとって特別な一年。貧困脱却の堅塁攻略戦の決勝の年、小康社会の全面実現における一里塚の年です。今年6月から、貧困脱却に焦点を当てた大型取材イベントが全国規模で行われ、全国900人の記者が8つの重点地域で人々の生活を密着取材しました。

  •  福建省はシェ族が最も多く住む省です。少数民族人口ランキングで21位のシェ族、人口は71万人ほど。うち90%は福建省と浙江省の山間部に居住しており、中でも半分以上に当たる38万人が福建省にいます。

  •  6月21日は父の日です。この日になると、世界各地の人々は様々な形でお父さんに感謝の気持ちを伝えます。子供にとってはいつも側にいてくれたお母さんと比べると、お父さんの広い肩は安心感があり、何かあれば助けてくれる存在だったかもしれません。

  •  今日は、孟群アナが担当する「56の民族、56輪の花」を再放送いたします。3回連続してお送りいたします。どうぞお聞きください。

  •  蒙古族の歌と言えば、広々とした大地を思わせるような民謡を思い浮かべる人が多いかもしれません。今週と来週の中国メロディーの主人公・ハリンはしなやかで美しい歌声で人々の心を打ち、蒙古族音楽のまた違った魅力を感じさせてくれます。

  • 今日は、孟群アナが担当する「56の民族、56輪の花」を再放送いたします。3回連続してお送りいたします。どうぞお聞きください。

  •   中華圏で最も影響力のある音楽賞の一つである「第30回台湾金曲奨」が、今年のノミネート曲を発表しました。その中に、香港の53歳の女性実力派シンガー、サンディ・ラムがアルバム「0」で選ばれ、音楽界での不動の地位を見せつけました。

  • 今日は、孟群アナが担当する「56の民族、56輪の花」を再放送いたします。3回連続してお送りいたします。どうぞお聞きください。

  •  中国では毎年6月1日は子供の日です。今年の子供の日は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、子供たちが昔のように仲間と自由に遊ぶことができません。ところが、大人たちはオンラインで子供の日を話題に、楽しかった少年時代の生活を回想したり、子供のように無邪気に、目の前の困難を楽観的に捉えようとしています。今回の中国メロディーは子供の日にちなんだ3曲をご紹介します…

  •  今日は、孟群アナが担当する「56の民族、56輪の花」を再放送いたします。3回連続してお送りいたします。どうぞお聞きください。

  •  まずは、タジク族です。2010年の第6回国勢調査で人口が5万1100人、新疆の総人口の0.21%を占めていることが分かり

  • タタール族は新疆ウイグル自治区に分散して居住しており、人口の比較的に集中した居住地区は…

  • もし、春が来なければ、私たちはどうやって冬を乗り切ることができるだろうか?もし、未来を信じないなら、私たちは焦る今を乗り越えることができるだろうか?オンライン慈善公演「未来を信じる」が5月4日から10日まで中国の多くのネットプラットフォームで配信され、この史上最大規模のオンライン慈善公演は多くの人々の注目を浴びました...

  •  5月4日から5月10日まで中国音楽界の歌手およそ130人が参加したオンライン慈善公演「未来を信じる(相信未来)」が北京、杭州、長沙という三つの都市で相次いて行われました。公演は音楽の力で感染症に悩まされている人々を鼓舞しようと願っています。この史上最大規模のオンライン慈善公演の参加者は延べ4億4000万人に達し、中国のSNSで話題になっています。中国メロディーは今週と来週2回に分けてこの慈善公演の様子をお伝えします。

  •  現在、新型コロナの影響で日本では緊急事態宣言がまだ解除されていません。2カ月前、新型コロナウイルスが最初に中国各地で猛威を振るい、多くの人の命を奪いました。

  •  今日は、孟群アナが担当する「56の民族、56輪の花」を再放送いたします。3回連続してお送りいたします。どうぞお聞きください。

     まずは、トゥ族についてです。トゥ族の主な居住地は青海省互助トゥ族自治県、民和、大通、それに甘粛省の天祝チベット族自治県にも一部住んでいます…

  •  毎年5月1日はメーデーで、この日は労働者のための日と言われます。新型コロナによる打撃を受けた中国にとって今年のメーデーは特別な意義があります。

  •  今日は、孟群アナが担当する「56の民族、56輪の花」を再放送いたします。3回連続してお送りいたします。どうぞお聞きください。

  • 今日は、孟群アナと星和明アナが担当する番組「中国の少数民族」を再放送いたします。2回連続してお送りいたします。どうぞお聞きください。

  • 中国メロディー:エンジュの花はいつ咲く&【Dr.劉のお悩み相談室】

  •  晩春、街角を散歩していると、道端の大木に絡みつくように紫色の藤の花がふさふさとたくさん咲いています。濃淡鮮やかな藤の花はまるで美しい花の波のようで、その柔らかく甘い香りの中から喜びとともに寂しげな情緒を感じさせます。

  •  今日は、孟群アナと星和明アナが担当する番組「中国の少数民族」を再放送いたします。2回連続してお送りいたします。どうぞお聞きください。

  •  4月の北京、すっかり春らしい暖かい季節になりました。今回の中国メロディーも引き続き春に向かう列車に乗って、心を揺さぶるメロディーに合わせて、お花畑の中で春の魅力を楽しみましょう。

  •  まずは京族についてです。東南アジアを主な居住地とする京族は、中国では主に広西チワン族自治区防城港市の三つの島に住み、ベト族とも呼ばれます。2010年の国勢調査では2万8200人。京族の祖先はベトナムの漁民で、魚の群れの後を追って16世紀にベトナムから中国に移動し、定住するようになりました。

  • 4月の北京は百花繚乱です。この美しい季節に、中国メロディーは皆さんとともに春に向かう列車に乗って、心を揺さぶるメロディーに合わせて、花の海の中で春の魅力を楽しみましょう。

  • ウィークデーのワイドプログラム「ハイウェイ北京」、新型コロナウイルス感染を防止、抑制する特別番組をお送りします。感染が世界で拡大する中における中国製造業企業の話や、中国で新型コロナ肺炎患者の平均治療費、そして、チベット族少女が家に居ながらにしてオンライン授業をできるために基地局を建設する話、新型コロナと闘う医療従事者の姿がSNS上のスタンプになった話題、武漢の女性が綴った48日間の「ひとり飯」日記、「自宅待機中も運動」という話題などについてお届けします。

  •  みなさんご存知のように、この世界では人類は「男」と「女」に分けられ、動物と植物も「オス」と「メス」に分かれます。ところで文字に性別はあるでしょうか?

  • 今週から、孟群アナと星和明アナが担当した番組「中国の少数民族」を再放送いたします。2回連続してお送りいたします。どうぞお聞きください。

  • 特別企画〜中国加油!日本人留学生に聞く、中国のいま③北京大学・中馬健一さん

  •  今週から、孟群アナと星和明アナが担当した番組「中国の少数民族」を再放送いたします。2回連続してお送りいたします。どうぞお聞きください。

  •  2019年7月19日夜6時30分、福建省アモイで、ある平凡な男性音楽教師の命が28歳で終止符を打ちました。その後、彼を悼み、しのぶコメントがネット上に殺到し、勤め先だったアモイ第六中学校の合唱団に関するものも含めて、クリック件数が3億件を超えました

  •  今月の「ハイウェイ北京」、月曜日の2時間目には、新しいシリーズ「今を生きる中国の伝統文化」をお届けします。古き良き中国、自らの文化を再発見する中国の旅を一緒にお楽しみください。今日の旅では、紫禁城こと博物院にクローズアップします。北京の故宮博物院は2019年10月10日に創立94年を迎えたものの、その祝賀イベント、行事などは行われずひっそりとした誕生日でした。しかし、599歳になった紫禁城の故宮角楼カフェ、故宮文創、故宮書店などのブランドは故宮のアイス、紫禁城バッチ、故宮のファンデーションなどを打ち出して、その誕生日を祝いました…

  • 中国メロディー:「三生三世 宸汐縁」の音楽世界&【Dr.劉のお悩み相談室】

  • 土曜日の放送は月曜の「ハイウェイ北京」でお届けした「今をいきる中国の伝統文化」を再放送いたします。古き良き中国、自らの文化を再発見する中国の旅を一緒にお楽しみください。今日の旅では「無形文化財の保護」にクローザップします。

  •  この間、国産アニメ映画「我从中国来之熊猫泰山(僕は中国から来たパンダ)」のクランクインを記念した式典が北京で開かれました。中国で初めてパンダが主役となる国産アニメ映画です。

  • 今月の「ハイウェイ北京」、月曜日の2時間目には、新しいシリーズ「今を生きる中国の伝統文化」をお届けします。

  • ハイウェイ北京木曜日の人気コーナー「ラウンジトーク〜三人行〜」と「Dr.劉のお悩み相談室」が日曜日に引っ越しました!短波放送では、隔週にてそれぞれのコーナーをお届けします。

  • 「ハイウェイ北京」、今日は、シリーズ「今を生きる中国の伝統文化」をお届けします。古き良き中国、自らの文化を再発見する中国の旅を一緒にお楽しみください。最初の旅先は、博物館です。

  • フランスと言ったら、ルーブル美術館やエッフェル塔、ブラジルと言ったら、サッカーやサンバを思い浮かべるでしょうか。では、中国と言ったら、皆さんは何を思い浮かべますか?

  • 土曜日の放送は茨城放送制作の「アラウンド東京」と「ハイウェー北京」の再放送をお送りいたします。

  • ハイウェイ北京木曜日の人気コーナー「ラウンジトーク〜三人行〜」と「Dr.劉のお悩み相談室」が日曜日に引っ越しました!短波放送では、隔週にてそれぞれのコーナーをお届けします。

  •  今月の「ハイウェイ北京」、月曜日の2時間目には、新しいシリーズ「今を生きる中国の伝統文化」をお届けします。古き良き中国、自らの文化を再発見する中国の旅を一緒にお楽しみください。今日の旅では、紫禁城こと故宮にクローズアップしてご紹介します…

  • 今回は「創建600年を迎える故宮が2020年に一連の特別展開催へ ドラマも製作」というニュースをご紹介します。

  • 土曜日の放送は茨城放送制作の「アラウンド東京」と「ハイウェー北京」の再放送をお送りいたします。

  • 1月初め、北京は2020年の初雪を迎えました。雪化粧した北京は新年を祝うかのような美しさでした。2019年を振り返り、悲しみや喜びにあふれた生活はきっと音楽があってこそ、ありふれた日常も照らし出されたのではないでしょうか。

  • 「ハイウェー北京」の再放送をお送りいたします。

  •    1月初め、北京は2020年の初雪を迎えました。雪化粧した北京は新年を祝うかのような美しさでした。2019年を振り返り、悲しみや喜びにあふれた生活はきっと音楽があってこそ、ありふれた日常も照らし出されたのではないでしょうか。

  • 土曜日の放送は茨城放送制作の「アラウンド東京」と「ハイウェー北京」の再放送をお送りいたします。

  • 12月7日と8日、国民的人気歌手・ユゥガンリーが自らプロデュースするミュージカル「昭君出塞(王昭君・西域へ)」がカナダのバンクーバーにある劇場、クイーン・エリザベス・シアターで公演され、成功を収めました…

  •  12月中旬、北京はこの冬最大の降雪に見舞われました。雪化粧した故宮博物院は壮厳な美しさと共に、生き生きとした躍動感を讃えていました。紫禁城の名でも知られる故宮博物院は、2020年に築城600周年を迎えます。今回の中国メロディーでは、紫禁城の歴史と文化を味わいながら、紫禁城にまつわる音楽を楽しみましょう。

  •  土曜日の放送は茨城放送制作の「アラウンド東京」と「ハイウェー北京」の再放送をお送りいたします。

  • ①中国メロディー:南西部少数民族の恋歌(後編) ②【Dr.劉のお悩み相談室】

  • 土曜日の放送は茨城放送制作の「アラウンド東京」と「ハイウェー北京」の再放送をお送りいたします。

  •  北京は師走の慌ただしい時期を迎えています。中国南西部の雲南省、貴州省、広西チワン族自治区には、多くの少数民族が暮らし、音楽も多彩で民族音楽の宝庫と呼ばれています。

  •  土曜日の放送は茨城放送制作の「アラウンド東京」と「ハイウェー北京」の再放送をお送りいたします。

  •  12月上旬、北京は色づいた紅葉の時期が終わり、冬の気配が感じられるようになります。中国南西部の雲南省、貴州省、広西チワン族自治区には、多くの少数民族が暮らし、音楽も多彩で民族音楽の宝庫と呼ばれています。

  •  土曜日の放送は茨城放送制作の「アラウンド東京」と「ハイウェー北京」の再放送をお送りいたします。

  • チャンヤンチュオマーは温かく、深く豊かな歌声で、最も美しいメゾソプラノと呼ばれています。しかし、デビューする前は、家が貧しく、生計にあくせくし、生活の苦しさを嘗めつくしていました。こうしたひもじい生活は彼女の歌声に独特な魅力を与えています。今回の中国メロディーは、引き続きチャンチュオマーの歌をお伝えします。

  • 土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「ハイウェー北京」の再放送、茨城放送制作の「アラウンド東京」をお送りいたします。

  • 最も美しいメゾソプラノ・チャンヤンチュオマー(前編)&「金の牛」

  •  土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「ハイウェー北京」の再放送、茨城放送制作の「アラウンド東京」をお送りいたしま。

  •  今年の8月上旬、世界合唱コンクール&第4回ヨーロッパ合唱コンクールがスウェーデンの港町・イエテボリで開催されました。広東省広州市のウミツバメ合唱団と華南師範大学合唱団が抜群の歌唱力で素晴らしい成績を収め、広州市のレベルの高さを見せつけました。

  • 土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「ハイウェー北京」の再放送、茨城放送制作の「アラウンド東京」をお送りいたします。

  •  中央ラジオテレビ総局は先月、「中国民謡大会国慶節記念特集」というバラエティー番組を放送し、各地の民謡歌手の素晴らしいパフォーマンスに多くの視聴者が魅了され、民謡界に活気を注ぎました。今回の中国メロディーは引き続き、その番組の様子をお伝えしましょう。

  • 土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「 ハイウェー北京」の再放送、茨城放送制作の「アラウンド東京」をお送りいたします。

  • 「中国メロディー」:中国民謡大会国慶節記念特集(前編)&中国の昔話:「崔猛」(後編)

  • 毎週土曜日にお送りしている「チャイナビジョン2019」。この番組では、中国共産党第19回全国代表大会後の中国社会の変化に焦点を当て、変容を遂げる中国の様々な表情を取り上げてご紹介しています。

  •  10月下旬、北京は秋晴れの心地よい季節を迎えます。このほど、2回目となる中国オリジナル民族音楽コンクール「中国民族音楽大会」が開かれ、全国各地の有名な民族音楽の演奏家や音楽愛好家が競演し、素晴らしい民族音楽の祭典を演じました。

  • 先週末に中国で二つの世界レベルの大会が開かれました。今日のこの時間はそれぞれの大会について、CRI評論員が書いた文章を抜粋してご紹介したいと思います。

  •  土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「 ハイウェー北京」の再放送、茨城放送制作の「アラウンド東京」をお送りいたします。

  • 中国メロディー:日本ポップスの中国カバー曲特集(後編)&中国の昔話:嫁たちの腕比べ

  •  土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「ハイウェー北京」の再放送、茨城放送制作の「アラウンド東京」をお送りいたします。

  •  9月末から10月初め、北京は虫の音で深まる秋を感じる頃となります。今週の中国メロディーも引き続き、人気ある日本の歌の中国カバー曲をご紹介しましょう…

  •   中華人民共和国成立70周年祝賀大会が、北京時間10月1日(火)午前10時に、北京市の天安門広場で行われました。習近平中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席による講演の後には1万5000人が動員される軍事パレードと、市民10万人規模のパレードが続きました…

  • 日本ポップソングの中国カバー曲特集(前編)&亡霊のいたずら(李潯)

  •  土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「ハイウェー北京」の再放送、茨城放送制作の「アラウンド東京」をお送りいたします。

  •  土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「ハイウェー北京」の再放送、茨城放送制作の「アラウンド東京」をお送りいたします。

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • 土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「ハイウェー北京」の再放送、茨城放送制作の「アラウンド東京」をお送りいたします。

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  •  土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「 ハイウェー北京」の再放送、茨城放送制作の「アラウンド東京」をお送りいたします。

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • 土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「ハイウェイ北京」の再放送をお送りいたします。

  •  今年の8月15日は、旧暦7月15日の中元節です。日本ではお中元と言われ、日ごろお世話になっている人に贈り物をする習慣があります。一方、中国ではこの時期、真夏が過ぎて秋の涼しさが始まる頃です。

  •  土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「ハイウェー北京」の再放送をお送りいたします。

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  •  土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「 ハイウェー北京」の再放送をお送りいたします。

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • 土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「ハイウェー北京」の再放送をお送りいたします。

  •  今日は「中国メロディー」と「中国昔話」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  •  今日の[チャイナビジョン2019]は、「米の圧力は中国に効かず、協議の役にも立たない」をタイトルとした「CRI時評」をお送りいたします。

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • 土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「 ハイウェー北京」の再放送をお送りいたします。

  •   ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • 土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「 ハイウェー北京」の再放送をお送りいたします。

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • 土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「 ハイウェー北京」の再放送をお送りいたします。

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • 今日の[チャイナビジョン2019]は、首都・北京の新しい発展にクローズアップします……

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • 土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「 ハイウェー北京」の再放送をお送りいたします。

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  •  今日の[チャイナビジョン2019]は、「封鎖と圧迫で中国の科学技術刷新の歩みを阻止することはできない」をタイトルとした「CRI時評」をお送りいたします。

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • 土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「 ハイウェー北京」の再放送をお送りいたします。

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • 土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「 ハイウェー北京」の再放送をお送りいたします。

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  •  土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「 ハイウェー北京」の再放送をお送りいたします。

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。

  • 今年から「China Vision 2019」が土曜日の枠に放送されることになりました。では「ハイウェイ北京」の再放送を続けてお送りいたします。

  •  「ハイウェイ北京」、今月から月曜日の2時間目には、シリーズ番組として、夏季の養生や健康管理についての豆知識をピックアップしてご紹介してお送りします。

  • ハイウェー北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。では「中国メロディー」の「エンジュの花はいつ咲く」と「医者と物乞い」(前編)を続けてお送りいたします。

  •  ハイウェー北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今年から「China Vision 2019」が土曜日の枠に放送されることになりました。では「中国の現代詩人とその作品」と「体感中国」を続けてお送りいたします。

  • 今週、北京は早くも初夏のような気候になり、昼間の最高気温はもう28度に達しました。

  • ハイウェー北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今年から「China Vision 2019」が土曜日の枠に放送されることになりました。

  •  ハイウェー北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今年から「China Vision 2019」が土曜日の枠に放送されることになりました。では「中国メロディー」の春に向かう列車(後編)と中国の昔話・「胡家の四旦那」(前編)を続けてお送りいたします。

  • 「ラジオドラマ『宮廷の諍い女・後宮甄嬛伝』 第4話(後編)」と「中国人物辞典」を続けてお送りいたします。

  • 今日は「中国メロディ」、「中国昔話」、「中国人物辞典」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • ハイウェー北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今年から「China Vision 2019」が土曜日の枠に放送されることになりました。

  • 今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  •  土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「技術中国」をお送りいたします。

  •  今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • 土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「技術中国」をお送りいたします。

  •  今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  •  土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「技術中国」をお送りいたします。

  • 今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  •  毎週土曜日にお送りしている「チャイナビジョン2019」。この番組では、新たな時代を迎えた中国に様々な角度からスポットを当て、最新の中国事情をお届けします。

  • 今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • 土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「技術中国」をお送りいたします。

  • 日曜日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  •  土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「技術中国」をお送りいたします。

  •  今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • 土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「技術中国」をお送りいたします。

  •   日曜日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • 土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「技術中国」をお送りいたします。

  •  今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  •  土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「技術中国」をお送りいたします。

  •  今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  •  土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「技術中国」をお送りいたします。

  •  今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • 土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「技術中国」をお送りいたします。

  • 日曜日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  •  土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「技術中国」をお送りいたします。

  •  ここ数年、中国では国学がブームになっています。「经典咏流传(古代名詩を歌い継ぐ)」、「中国詩詞大会(中国漢詩大会)」など、国学をテーマにしたテレビ番組が人気となり……

  •   土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「技術中国」をお送りいたします。

  • 新春を迎え、2018年の中国ポップス音楽を振り返ってみると、TikTok(ティックトック)などの新しいSNSは様々な音楽ジャンル、特にポップス音楽が広がる重要な舞台となりました。

  •  土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「技術中国」をお送りいたします。

  •  2019年の干支はいのしし年です。ところが、中国では動物に当てはめると「豚」になります。北京の街角やデパートは様々な豚のデザインで飾られ、あちこちにいのしし年を迎える雰囲気を感じることができます。

  • 土曜日の放送は「チャイナビジョン2019」と「技術中国」をお送りいたします。

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • 12月29日 土曜日

  • 今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • 12月22日 土曜日

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。

  •  中国の歴史において戦国時代は、多くの国が覇権を争い、偉大な人物を輩出した激動の時代です。200年にわたる群雄割拠の動乱を経て、秦は戦国七雄の他の6国を制圧し、中国全土を統一しました。

  •  春秋戦国時代は、中国史において重要な歴史的な変革の時期で、群雄割拠する諸侯が覇権を争い、戦いを繰り広げました。この時期には数多くの諸子百家、英雄が登場しました。また、各地の特色ある民謡もこの偉大な時代を彩りました。

  • 今週は「チャイナビジョン2018」と「技術中国」をお送りいたします...

  •   中国の歴史において戦国時代は、多くの人々が憧れを抱く偉大な時代です。この時期には軍事、政治、科学技術などはいずれも黄金時代に入り、文化と芸術も「百花斉放 百家争鳴(様々な花を開花させ、様々な思想を戦わせよう)」と言う繁栄の時期を迎えました。

  • 11月24日 土曜日

  •   今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。「中日平和友好条約」の発効40周年記念日の10月25日に、日本の首相が7年ぶりに中国を公式訪問しました。

  •  第20回中国上海国際芸術祭がこのほど、開催されています。今回の芸術祭では、有名な指揮者・湯沐海が芸術祭駐在指揮者として招かれ、各界の注目を浴びています。

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。先ごろ、中国共産党第19回全国代表大会が順調に閉幕しました。

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします……

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。

  •     今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。先ごろ、中国共産党第19回全国代表大会が順調に閉幕しました。

  •  先週の中国メロディーではこのほど、病気で他界した蒙古族の歌手・ブレンバヤルの音楽人生をご紹介しました。今週は引き続き、彼の音楽の世界をお送りしましょう。

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。先ごろ、中国共産党第19回全国代表大会が順調に閉幕しました。中国の特色ある社会主義は新たな時代を迎え……

  •  

    ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • 9月29日 土曜日

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  •  中国の特色ある社会主義は新たな時代を迎え、中国経済もスピードを追い求める段階から質の向上を目指す段階への転換がなされました。

  •  今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  •   今週は「チャイナビジョン2018」と「中国人inジャパン」をお送りいたします。

  • 9月9日 日曜日

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。

  •  今週は「チャイナビジョン2018」と「一帯一路・共栄の道」をお送りいたします…

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。先ごろ、中国共産党第19回全国代表大会が順調に閉幕しました。

  •  今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • 改革開放政策が施行されて今年で40年。この間に、ビジネス、留学、就職のために中国を訪れた外国人は数知れず。彼らは自らの目で中国の変化を見届けてきた生き証人のような存在です。

  •  今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします……

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。

  • 7月22日 日曜日

  • 今回は、改革開放40年の荒波を経て、さらに輝きと存在感を増し続ける伝統工芸品「景泰藍」の世界をご紹介します...

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。先ごろ、中国共産党第19回全国代表大会が順調に閉幕しました……

  •  今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。

  •  6月21日は二十四節気の夏至にあたり、一年で最も昼間が長くなる日です。この時期、蓮や睡蓮の花は見頃を迎えています。

  • 6月30日 土曜日

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  •  国務院は今月中旬、「外資の積極的、効果的利用を通じて高質な経済成長を推進する若干の措置についての通知」を発表しました…

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。

  •   ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「中国昔話」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います...

  • 今週の中国メロディーは愛をテーマに、民国時代のラブレターと恋の歌をお届けしましょう…

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。先ごろ、中国共産党第19回全国代表大会が順調に閉幕しました。中国の特色ある社会主義は新たな時代を迎え、中国経済もスピードを追い求める段階から質の向上を目指す段階への転換がなされました。

  •  5月21日は24節気の小満で、万物が成長して大地に満ちていく時季です。先日、偶然にテレサ・テンが唄った「何日君再来(いつの日君帰る)」を耳にしました……

  •  今週は「チャイナビジョン2018」と「チャイナシアター」をお送りいたします。

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。

  • 5月19日 土曜日

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。

  • 5月6日 日曜日

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います...

  •  

    ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と新番組「北京アワー」をお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  •  毎週土曜日にお届けしているこの「チャイナビジョン2018」では、第19回党大会の後、中国でどのような変化が起きているのかを詳しく紹介していきます。今週は「チャイナビジョン2018」と「チャイナシアター」をお送りいたします。

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「百家姓物語」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!  

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います...

  •  毎週土曜日にお届けしているこの「チャイナビジョン2018」では、第19回党大会の後、中国でどのような変化が起きているのかを詳しく紹介していきます。今週は「チャイナビジョン2018」と「チャイナシアター」をお送りいたします。 

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「百家姓物語」を続けてお送りいたします……

  • 4月7日 土曜日

  •  

    ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「二十四節気時代」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「百家姓物語」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。先ごろ、中国共産党第19回全国代表大会が順調に閉幕しました…

  •    ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「二十四節気時代」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!  

  •  毎週土曜日にお届けしているこの「チャイナビジョン2018」では、第19回党大会の後、中国でどのような変化が起きているのかを詳しく紹介していきます。今週は「チャイナビジョン2018」と「中国で暮らす外国人」をお送りいたします。

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「百家姓物語」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • 3月10日 土曜日

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「二十四節気時代」を続けてお送りいたします……

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「百家姓物語」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  •  毎週土曜日にお届けしているこの「チャイナビジョン2018」では、第19回党大会の後、中国でどのような変化が起きているのかを詳しく紹介していきます。今週は「チャイナビジョン2018」と「中国で暮らす外国人」をお送りいたします。

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。先ごろ、中国共産党第19回全国代表大会が順調に閉幕しました。

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「百家姓物語」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。先ごろ、中国共産党第19回全国代表大会が順調に閉幕しました……

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「二十四節気時代」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います……

  • 中国鉄道総公司が2日、北京で活動会議を開き、陸東福総経理が活動報告を行いました。その報告によりますと、昨年、中国鉄道総公司は総額8010億人民元に上る固定資産投資を行い、3038キロの鉄道新路線を整備し、今年はさらに3500キロの高速鉄道の整備を行う予定だということです。

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「二十四節気時代」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!  

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「百家姓物語」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  •   ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「二十四節気時代」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  •   今週は「国交正常化45年の歩み~あの日その時」と「食をつなぐ中日友好」を続けてお送りいたします。

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「百家姓物語」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!  

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「二十四節気時代」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!  

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今年は中日国交正常化45周年です。

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「百家姓物語」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • 「ハイウェイ北京」、今月から、新しいシリーズ「食をつなぐ中日友好」をお届けします。

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今年は中日国交正常化45周年です。

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「百家姓物語」を……

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「二十四節気時代」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください……

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今年は中日国交正常化45周年です。この記念すべき年を迎えるに当たり、中国国際放送局は特別企画「国交正常化45年の歩み―あの日、その時」を毎週土曜日の枠に放送することになりました。

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「百家姓物語」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください! 

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今年は中日国交正常化45周年です。この記念すべき年を迎えるに当たり、中国国際放送局は特別企画「国交正常化45年の歩み―あの日、その時」を毎週土曜日の枠に放送することになりました…

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。

  •  今年は中日国交正常化45周年です。この記念すべき年を迎えるに当たり、中国国際放送局は特別企画「国交正常化45年の歩み―あの日、その時」を毎週土曜日の枠に放送することになりました。今週は「国交正常化45年の歩み~あの日その時」と「ネット中国」を続けてお送りいたします。 

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「二十四節気時代」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  • ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今年は中日国交正常化45周年です。

  •   今日は「中国メロディー」と「百家姓物語」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  •  「中国日本商会」がこの夏に発表した「中国経済と日本企業2017年白書」によりますと、2012年現在、中国への進出日系企業数は外資企業全体の7.9%を占めており、2万3094社(2012年現在)であり、国別ではトップとなっている。

  •  ハイウェイ北京中国情報ラジオ土曜日曜は今まで放送した一部番組の再放送を行います。今日は「中国メロディー」と「二十四節気時代」を続けてお送りいたします。それではどうぞ聞いてください!

  •  今年は中日国交正常化45周年です。この記念すべき年を迎えるに当たり、中国国際放送局は特別企画「国交正常化45年の歩み―あの日、その時」を毎週土曜日の枠に放送することになりました。今週は「国交正常化45年の歩み~あの日その時」と「ネット中国」を続けてお送りいたします。

  •   9月の北京は初秋の季節で、道端で咲き競うバラの花は秋の趣を感じさせてくれます。今週の中国メロディーはポップ歌手・薛之謙(ジャッキー・シュエ)の音楽道と音楽作品をお伝えしましょう。

  •  同日午後1時40分、日本の特別機が北京空港に着陸しました。天皇皇后両陛下がタラップに現れたその瞬間、中日の二千年以上にわたる交流に歴史的な瞬間が訪れました…  

  •  中日国交正常化45周年、特別企画「国交正常化45年の歩み―あの日、その時」お相手は劉非です。今週は、今から25年前、日本の天皇皇后両陛下が中国を訪問した様子をお届けします。

  •   9月の北京の空は高く、空気は爽やかで、朝晩の涼しいそよ風が秋の気配を感じさせます。今回も前回に続き、女性歌手・譚晶の音楽道と音楽作品をお伝えします。

  •   夏の暑さという大きなストレスがきっかけで、自律神経が乱れてしまい、胃腸の障害を招きます。いわば夏バテになりやすいのです。

  •   「二十四節気時代」、今回の主役は「白露」です。

  •   上野動物園で6月に生まれた赤ちゃんパンダ。入園者やグッズ売り上げの増加などで、東京都内だけで経済効果が約267億円に上るという試算があるそうです。

  •  「百家姓」の本に書かれた中国の苗字を毎回1つ取り上げて紹介していきます。今回は、「謝」という苗字のお話をします。 

ラジオ番組
KANKAN特集