会員登録
中国外務省、日本政府の釣魚島に関するサイト開設を非難
 日本、離島奪回作戦の軍事演習
 王外相、中国の発展と台頭を日本が受け入れるかが要
 日本九州日中友好交流訪問団 中国を訪問
 日本メディアが報道した習主席談話
 習近平主席「中日関係の前途は両国人民の手の中に」
 第13回中日安保対話が開催
 <全人代>李首相「中日関係は試練とチャンス」
 <全人代>王外相「日本は良心を失ってはいけない」
 中国外務省、日本政府の無理な要求を受け入れない
More>>
• 2014年版「日本経済青書」を発表
 「日本経済情勢シンポジウム」が20日北京で開かれ、2014年版「日本経済青書」が発表されました。
 このシンポジウムは、全国日本経済学会���中国社会科学院日本研究所、社会科学文献出版社が合同主催したものです……
•  程大使講演、げん骨と対話の両立はあり得ない
 日本駐在の程永華中国大使はこのほど、東京で行われた第9回「日中懇話会」で講演した際、「げん骨で殴られながら、対話を求められようでは、誰であっても応じることができない」と表明しました…
More>>
•  日本国民、特定秘密保護法の運用基準の閣議決定を非難
 日本政府は14日、特定秘密保護法の運用基準と施行日を閣議決定し、特定秘密の対象として55の「細目」を指定しました。多くの日本人は「この法律は日本国民の知る権利と報道の自由を侵害し…
•  積極的平和主義、武力行使の手段ありに憂慮と西原春夫氏
 元早稲田大学総長で、アジア平和貢献センターの西原春夫理事長はこのほど北京で、安倍内閣の安全保障政策の基本をなす「積極的平和主義」には、「武力の行使」という手段が含まれていることが問題だと憂慮の気持ちを示しました……
• 中国学者、「日本は自国の未来を傷つけている」
 日本の安倍晋三首相の最近の集団的自衛権に関する対応について、上海交通大学環太平洋研究センターの程亜文研究員が評論文を発表しました。以下、程研究員の評論を紹介します…
More>>
  •  外務省、南京大虐殺犠牲者数についての日本側の弁解に反論

  •  中国外務省、日本側の消極的な行動に強く反対

  •  中国外務省の洪磊報道官は17日、北京で行われた定例記者会見で、靖国神社をめぐって起きた日本側の消極的な動きに重大な関心を寄せ、断固として反対する立場を表しました…
  •  中国外務省、「日本は侵略の反省を順守すべき」

  •  中国外務省の秦剛報道官は27日、日本の指導者が日本の侵略の歴史に関して誤った言動をすることについて記者の質問に答えました。
     日本メディアの報道によりますと、日本の安倍晋三首相は今年4月に、和歌山県高野山の奥の院「昭和殉難者法務死追悼碑」で開かれた戦犯の法要に「自分の魂をかけて祖国の礎となった」と哀悼メッセージを送ったということです......

    More>>

     香港、甲午戦争120周年記念展示会が開催

     写真で見る抗日戦争期、中国遠征軍のビルマ戦線

     瀋陽日本人戦犯特別軍事法廷旧跡陳列館が開館

    日本が出版した中国侵略映像、オークションに
    More>>
    •  新華社論評、実際の行動による中日関係の改善を日本に期待
     中日関係の改善に向けて中日双方が7日北京で4項目からなる原則的な共通認識に達したことから、国際世論に高く注目されています。新華社通信はこれについて論評を発表し、「この4項目合意は中日関係の改善と発展にとって積極的な役割を果たすだろう」とし、日本が共通認識に則って、実際の行動で中日の政治的信頼関係を構築し……
    •  新華社 歴史の教訓を銘記し、平和と正義を守る
     「七七事変」(盧溝橋事件)と中国全民族抗日戦争勃発77周年の記念日に当たり、新華社通信は6日「歴史の教訓を銘記し、平和と正義を守る」と題する評論員の文章を掲載しました…
    •  中国学者、日本の集団的自衛権行使容認を批判
     日本政府が1日に集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の変更を閣議決定したことについて、中国の学者らは「これは、『専守防衛』の基本理念を主としてきた日本の戦後の安全保障政策が大きく変化することを意味する」とみています……
    •  右傾化する安倍政権、地域情勢への影響が懸念 李薇氏
     中国社会科学院日本研究所所長の李薇氏は22日北京で、「安倍政権の政治、安保政策は攻撃的なもので、東アジアの地域情勢や中日関係に悪影響をもたらしかねない」と話し、中日両国は信頼関係の増進に向け定期交流メカニズムの設立を提案しました……
    More>>
    釣魚島問題に長期化の兆し、心を痛める在日華僑華人 横浜
     日本政府が9月、釣魚島(日本名・尖閣諸島)を「国有化」して以来、中国政府は相次いで政府高官の相互訪問を中止するなど反発措置を講じ、両国関係は国交正常化以来の氷点下に陥った。両国の激しい対立により、地方交流の多くも停滞状態となっている。ウェブサイト「日本新華僑報網」が伝えた……
    中日領土紛争 国民の生活を犠牲にして争う意義があるのか
     中国のあるメディアの報道によると、ホンダの中国合弁会社「東風本田汽車」(湖北省武漢市)の生産ラインで働く従業員の月収が中日間で釣魚島(日本名・尖閣諸島)をめぐる紛争が発生した後、2000元(約2万4千円)近く減少したという。また、日本の9月分の輸出金額が5兆3598億円で前年同月比10.3%減となり……
    • 中国外務省、日本政府の釣魚島に関するサイト開設を非難
    •  「釣魚島の歴史真相」が上海で出版される
    •  中国海警局発足1年、釣魚島領海を34回順航
    •  中国海警編隊、29日釣魚島海域を巡航
    • 釣魚島問題に長期化の兆し、心を痛める在日華僑華人 横浜
    • 中日領土紛争 国民の生活を犠牲にして争う意義があるのか
    •  中国外務省、釣魚島への日米安保適用に強く反対
    • 中国、釣魚島の真相を次世代に教えるべきだと日本を促す
    •  中国海警が釣魚島領海を巡航、今年5回目
    More>>
    •  国連人権理事会、日本の「慰安婦」問題に関心
    •  「河野談話」検証結果、韓国与野党が批判
    •  韓日、慰安婦問題を巡る局長級協議を16日に
    •  韓国、慰安婦問題解決で行動を取るよう、日本に督促
    •  南京の慰安所跡地、文物保護対象へ
    •  韓国、慰安婦の歴史資料を世界記憶遺産に申請へ
    •  中国、慰安婦問題の適切処理を日本に要求
    •  韓国外相、慰安婦問題で日本の人権違反を非難
    •  中国外務省、日本の歴史歪曲を強く警戒
    •  日本の村山元首相、韓国で慰安婦被害者と会見
    More>>
    •  日本の総務相や147人の国会議員が靖国神社を参拝
    •  日本の安倍首相、靖国神社に供物
    •  米ケネディ駐日大使、「地域撹乱の行動が建設的ではない」
    •  タンザニアメディア、安倍首相の靖国参拝を批判
    •  米大統領副補佐官、日本が歴史を尊重するよう促す
    •  劉国連大使、安保理で安倍首相の靖国参拝を非難
    •  中国外務省、「安重根氏は著名な抗日の義士」
    •  「中国は前向きに考えているが、靖国で戻される」
    •  駐ノルウェー中国大使、安倍首相の靖国参拝を批判
    More>>