会員登録
転換点に立つマンガ、今とこれからを考える~夏目房之介さんに聞く(下) 2016-08-02
 「日本マンガ」に確固たる本質があるのか?各国の人々がイメージしている「日本マンガ」は同じか否か?現在、この問題を各地で調査中のマンガ評論家夏目さんに伺います
和歌山と言いますと~和歌山県・梶本堅史郎さんに聞く(上) 2016-07-26
 「日本の自治体職員在中国 加油」、今月と来月は和歌山県です。今回は中国のネットユーザーの目に映った和歌山県のイメージをめぐり、現在は山東省で研修中の梶本さんに確認をします。
漱石の孫として生まれる~夏目房之介さんに聞く 2016-07-19
 先月、マンガの意識調査で北京を訪れたマンガ評論家で、夏目漱石の孫・夏目房之介さんに伺います。八卦掌から中華料理、そして現在開発中の「漱石ロイド」の様子など、ざっくばらんにお話を伺いました……
60年前の感動をいつまでも~梅蘭芳訪日公演時の日本側スタッフ・稲垣喬方さんに聞く 2016-07-12
 1956年5~7月、名優・梅蘭芳が率いる中国京劇訪日団公演時のスタッフだった稲垣さんに当時の様子を振り返っていただきます。そこから、今後の中日文化交流において、何を汲み取り活かすのか。
東洋の油絵の開花に期待を寄せて―アーティスト・江上越さんに聞く 2016-07-05
 この6月末に、北京にある中央美術学院油画科を優秀な成績で卒業し、日本と北京の両方を拠点に創作活動に取り組む日本人アーティスト・江上さんに話を伺います。
ペーロン選手が案内する長崎~長崎県上海事務所・久保貴義さん 2016-06-28
 今月の自治体職員のゲストは、会社のペーロン(ドラゴンボート)チームの選手でもある久保さんです。中国人聴取者のインターネットへの書き込みや音声を交えて進めます。
学生手話交流に寄せた思い~藤田安彦さんに聞く 2016-06-21
 中国に進出した日系企業で初の車椅子対応バリアフリー工場を作った藤田さん。手話を異文化交流の一環とみなし、北京の日本人留学生を対象に、手話による中国との交流活動を地道に展開してきました。
大野清司さんのテレビ人生⑨~TBS世界遺産、中国の第一歩は黄山 2016-06-14

 今回から中国での撮影を中心に伺います。大野さんが中国で最初に撮影した世界遺産は安徽省黄山でした。ここで見た雲に狂喜、感動しましたが、いざ編集してみると…

中国の胃がん治療~国立がん研究センター東病院胃外科・木下敬弘医師に聞く 2016-06-07
 学会での手術執刀のため北京を訪れた日本国立がん研究センター東病院胃外科の木下敬弘医師にガン治療における中日の交流と提携の様子をお伺いします。
九州の旅へ誘う~鹿児島県職員・船井英史さんに聞く 2016-05-31
 今月の自治体は鑑真和上が日本に上陸した地・鹿児島県です。雄大な自然、味わい豊かな食、個性あふれる温泉、現代日本の礎となった歴史の足跡…船井さんの案内で鹿児島への小旅行にでかけましょう!
触れ合って心に残る交流を~北京日本文化センター前所長・吉川竹二さんに聞く 2016-05-24
 今回のゲストはこれまで3年余、数多くの中日文化交流の現場の第一線にいた方です。日本の独立行政法人・国際交流基金北京日本文化センターの所長をこの4月末まで務めた、吉川竹二さん。
私にとっての日本、私にとっての中国~ライター・趙海成さん&原口純子さんに聞く(下) 2016-05-17
 「日本」あるいは「中国」との出会いが、その後の人生に大きな影響与えたお二方に今週もお話を聞きます。日本/中国とのかかわりの原点、そして、今後に向けて期待するのは?
2冊の出版企画に寄せた思い~ライター・趙海成さん&原口純子さんに聞く(上) 2016-05-10
 中日関係が低迷する状況を受け、相次いで相手国への深い観察に基づいた本を出版した二人のライターがゲストです。本のタイトルにある「それでも」に寄せた思いを伺いました…
特別企画「中国アマチュア無線の今」取材リポート 2016-05-03
 5月5日は中国では「アマチュア無線の日」です。これに先立って、北京市通州市のクラブ局でアマチュア無線を楽しむ人たちを訪ねました。その日は48時間の国際コンテストの日でした…
ようこそ京都へおいでやす~京都府職員・永江兆徳さんに聞く 2016-04-26
 「日本の自治体職員在中国 加油」、今月は京都府職員で、日本自治体国際化協会北京事務所・所長補佐の永江さんがゲストです。
prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
SearchYYMMDD  
今週の番組
今日熱点
快楽学唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS