会員登録
新中国アニメーションの草分け・持永只仁監督が中国に残してくれたもの 2015-12-22
 中国アニメーションの基礎を築き、多くの制作者を指導した日本人名監督の持永只仁氏(1919-1999、中国名:方明)の半世紀にわたる中国との交流の足跡をたどりつつ、関係者のインタビューをお送りします…
歌がつなぐ中日、歌でたどる友好の時 芹洋子さんに聞く 2015-12-15
 11月「四季の歌 芹洋子中日友好訪中記念北京コンサート」で北京を訪れた芹洋子さんに高橋恵子アナと白昊アナがインタビューしました。コンサートのライブ音源と共にお楽しみください。
中国残留孤児・宮崎慶文(みやざき よしふみ)さんに聞く(下) 2015-12-08

 両親も名前も生年月日も正確には解らない。「僕は誰なのか」の問いに答えを見つけることなく過ごした70年。去年のことです。戸籍上の誕生日を迎えた日に、この孤児たちの共通の思いを形にしたいと強く思いました……

中国残留孤児・宮崎慶文さんに聞く(上) 2015-12-01
 今回のゲストは日本がまもなく敗戦を迎えるという時期に中国東北部に生まれ、残留孤児となった宮崎さんです。中国人の養父母に育てられ、北京の大学で教職につきました。戦争は宮崎さんにどんな影響を与えたのでしょうか。1997年に帰国した後の人生なども伺いました…
宮崎県上海事務所・黒木裕介さん 2015-11-24

 月1回の「日本の自治体職員在中国 加油!」のコーナー。今月は太陽が燦々と輝く南国宮崎からお客様をお迎えしました。この春、宮崎県上海事務所にやってきた黒木裕介さんです…

旧暦のある暮らし~篆刻愛好者・「淘気爺爺(やんちゃ爺)」こと奥田正彦さんに聞く 2015-11-17
 今回は北京放送リスナー暦30年の篆刻愛好者・奥田正彦さん(雅号:奥田黄石)にお話を伺います。この秋、CRI主催の「和而不同」書画展に篆刻作品を出展してくださり、開幕式にあわせて北京に来てくれました。
青年書画家、デザイナー・鄧宇さんに聞く(下) 2015-11-10

 書道で、「個性を出すことを重視する」日本に対して、中国は「臨書など基礎を重んじる」と鄧さんは言います。
 同じように漢字を使い、源を同じくしながらも、「書道は中国と日本とでその後、趣の異なる道を歩んできた」だからこそ…

青年書画家、デザイナー・鄧宇さんに聞く 2015-11-03
 文化の秋。今月の「CRIインタビュー」は文化をテーマにお届けします。今週と来週は中国と日本の間を行き来して活躍している青年書画家、デザイナー・鄧宇さんにお話を伺います……
札幌市北京事務所・小笠原宅麻さん 2015-10-27
 北京では激しい北風が吹き始め、冬が近づいています。こんな北京からお送りする今月の「日本の自治体職員在中国 加油!」は、北の国のゲストにお話を伺います。
福島市前市長・瀬戸孝則さんに聞く(下) 2015-10-20
 4年前に福島を襲った大震災と原発事故。4年経った今、当時の対応をどう振り返り、被災地の復興に何が求められているのかを、先週に引き続き、瀬戸さんにお話を伺います。
福島市前市長・瀬戸孝則さんに聞く(上) 2015-10-13

 今週と来週は先日、中国を個人観光で訪れた福島市前市長の瀬戸孝則さんにお話を伺います。今週は福島市と北京市との友好交流に焦点を絞ります……

北京日本学研究センターの30年――徐一平主任教授に聞く 2015-10-06
 この秋、創設30周年を迎えた中日合作の教育研究機関「北京日本学研究センター」の徐一平主任教授にお話を伺います。センターの前身にあたる「大平学校」…
新潟市北京事務所・神田剛所長 2015-09-29
 月一回の「日本の自治体職員在中国 加油!」のコーナー。今回のゲストは新潟市の神田さんです。「潟(かた)」を中心とした新潟市の歴史、文化、中国とのかかわりをめぐりお話を伺います。
私の余暇~北京大学MTI中日通訳コース・雲青さん 2015-09-22
 9月は中国では新学年が始まる月です。昔は、中国の大学生や大学院生たちは、猛勉強するというイメージが強かったですが、「90后」がメインになっている今の学生たちは授業が終わった後、何をしているのか…
「撫順の奇跡」から「再生の大地」へ~姫田光義さん、蒋豊さんに聞く 2015-09-15
 8月末から9月初めにかけて中国を訪問し、北京で初公演を行った日本「再生の大地」合唱団関連の取材をお届けします…
prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
SearchYYMMDD  
今週の番組
今日熱点
快楽学唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS