会員登録

• <全人代>温家宝首相による政府活動報告
More>>




























autostart="true"



















src="mms://media.chinabroadcast.cn/japanese/20130225ri.wma">BR>



type="video/x-ms-wmv"














width="300"




height="44">

• 政府活動報告(一)

 第11期全国人民代表大会第1回会議以来の5年間は、わが国の発展の道のりにおいて極めて特別な5年となった。国際金融危機のゆゆしい衝撃に効果的に対応し、経済の安定した比較的速い発展を保ったことにより、国内総生産(GDP)は26兆6000億元から51兆9000億元に増え、世界2位に躍進した。公共財政収入は5兆1000億元から11兆7000億元に増えた。都市部の新規就業者数は累計5870万人に達し、都市部住民一人当たり可処分所得と農村住民一人当たり純収入は年平均でそれぞれ8.8%、9.9%伸びた。食糧生産量は9年連続の増加を実現した……

• 政府活動報告(二)

 党の第18回大会は、過去5年間の活動と党の第16回大会以来の奮闘の道のりや歴史的成果を科学的に総括した上で、小康社会の全面的な実現と改革開放の全面的な深化の目標を確定するなど、中国の特色ある社会主義事業のさらなる推進について全面的な布石・配置を行った。
 2013年は、党の第18回大会の精神を全面的に貫徹・実施する最初の年であり、第12次5ヵ年計画実施の前半期と後半期をつなぐ大切な年であり、小康社会の全面的な実現に向けて確固とした基盤を築き上げるための重要な年である。わが国は、大きく発展できる重要な戦略的チャンスの時期が依然として続いており……

• 政府活動報告(三)

 過去10年間、とくにここ5年間の活動の経験を踏まえ、今年度の政府活動の主なものについて以下の案を提出する。
 (1)経済発展パターンの転換を速め、経済の持続的で健全な発展を促す。わが国の社会主���現代化建設のあらゆる成果は、どれも経済の持続的で健全な発展の支えがあったからこそ勝ち取ることができたのである。つまり、経済の発展なしには、何事も成し遂げられないのである。わが国が今もなお、そしてこれからも長期にわたり社会主義の初級段階にあるという基本的な国情に変化がなく、人民の日増しに増大する物質面・文化面の需要と遅れた社会的生産との矛盾という主要な社会矛盾にも変化がなく、わが国が世界最大の発展途上国であるという国際的地位にも変化がない以上……

More>>
 <全人代>トルコ 中国新指導者の改革の姿勢に注目
 <全人代>「人民日報」社説 全人代閉幕を祝賀
 <全人代>露メディア 貿易分野の中国の姿勢を評価
 <全人代>李首相 改革をやり遂げる
 <全人代>李首相、中米関係について語る
 <全人代>李首相 共に世界平和と繁栄を維持
 <全人代>李首相、「中ロ協力は世界にも有利」
 <全人代>李首相、環境、食品問題について
 <全人代>李首相、新型都市化は人を中心に
 <全人代>香港・マカオの長期的繁栄を維持
 <全人代>李首相、内外記者の質問に回答
 <全人代>李首相、「民衆に尽くすべき」
 <全人代>李克強首相「人民の願う方向へ」
 <全人代>李首相、政府の解決すべき三大問題
 <全人代>李首相、政府機構改革に努力
More>>
• <全人代>格差縮小に所得分配改革を提案
 改革開放の実施から30年あまりが経ち、今や中国は世界第2の経済体に成長しました。それと同時に、各業界や地域では所得の格差問題が徐々に浮き彫りになっています……
• <全人代>中国の農産物 合格率は96%
 中国には、「民は食を以って天となす」ということわざがありますが、ここ数年発生した食品の安全に……
• <全人代>国務院機構改革と職能転換方案、職能転換が核心任務
 注目を集めている中国国務院機構改革と職能転換の方案は、10日午前に明らかになりました。鉄道省、衛生省、国家計画出産委員会が廃止され、国家食品薬品監督管理総局、国家新聞出版ラジオ・映画・テレビ総局などの職能統合が行われたことにつれて……
• <全人代>全人代代表と政協委員の語る中国外交
 今年の政府活動報告の中で触れられている、外交に関する記述はわずか50文字あまりですが、中国外交がいま直面している現状は決してそれほど単純なものではありません。
 過去一年、黄岩島、南海、釣魚島などをめぐる一連の問題が相次いで中国外交のホットイシューとなり、中国の周辺環境の複雑性を増しています……
More>>
• 記者の一言

 李陽です。第12期全国人民代表大会第1回会議および中国人民政治協商会議第12期第1回会議がそれぞれ、2013年3月5日と3月3日に北京で開催されます。この2つの会議は中国国民の生活に密接に関係しており、特に今年は国家主席の選出、国務院首相の人選の決定、第12期全国人民代表大会常務委員会委員長の選出などが行われます。これほど重要な会議の取材を任された私は、責任を感じつつも、誇りに思っています。1月に山梨での研修を終え、中国に戻ってきてから初の大きな使命ですから、山梨で学んだことを今回の取材に生かしていきたいと思います……

• 全国人民代表大会の概要
• 全国人民代表大会と中国共産党の関係
• 人民代表大会はどのように開かれるのか、どんな問題を解決できるのか
• 人民代表大会はどうして「二院制」をとらないのか?
• 人民政治協商制度の巨大な作用
• 中国人民政治協商会議とは
• 人民政治協商会議の由来
• 人民政治協商会議の性質、地位と主な職能
• 中国全人代と外国議会との交流
More>>
• <全人代>取材日記――3月17日

 3月5日から北京の人民大会堂で開幕された第12期全国人民代表大会第1回会議が3月17日に幕を下ろしました。私は全人代の取材記者として、中国の国民に密接に関わっている重要な大会の現場に行き、会議参加の代表を取材することができたことを嬉しく思うと同時に責任の重大さを感じています……

• <全人代>取材日記――3月15日

 全国人民代表大会の会場内外です……

• <全人代>取材日記――3月10日

 3月10日午後3時北京のメディア・センターで、全人代の現場労働者と農民の代表6人が記者会見しました。この平凡でごく普通の6人の代表が果たした偉業は、われわれに感動を与えている……

• <全人代>取材日記――3月6日

 3月6日、第12期全国人民代表大会第1回会議の、グループ別の代表団会議が行われました。北京市、上海市、遼寧省、海南省などの各代表団は、それぞれ、政府活動報告を審議し、政治、経済、文化、教育、医療、環境保護、食品安全などについて、意見や提案を提出しました……

More>>
More>>
• 丹東市の零細企業を訪問
 丹東華通測控有限会社は2000年6月に設立され、国家の新基準で認定されたハイテク企業です。丹東臨港産業園区のハイテクゾーンに……
• 丹東 零細企業の発展を後押し
 近年、遼寧省・丹東市は零細企業を対象にした優遇政策を打ち出し、企業の成長に力を入れています……
• 抗美援朝記念館と鴨緑江断橋を見学
 丹東抗美援朝記念館(朝鮮戦争の記念館)は1958年に建設が始まり、朝鮮戦争休戦協定の調印40周年記念日である1993年7月27日に開館しました……
• 丹東市の対朝鮮貿易の方式が多様化、経済貿易協力企業も増加
 中国と朝鮮の貿易活動の急速な成長に伴い、丹東市の対北朝鮮貿易の方式は多様化し、経済貿易の協力企業が増え続けています……
• 長春市、市民サービスコーナーを設置
 中国の東北部にある長春市の寛城区には、去年から市民サービスコーナーが設置されました。日常生活に関わるすべて事を市民から直接聴取……
• 雪の王国・長白山
 夏の天池(長白山の頂上にあるカルデラ湖)に魅了される人は多くいますが、長白山の壮大な雪景色を知る人は多くはありません……
More>>
More>>