鉄・アルミ関税の一番の被害者は米国農家=米農業団体

2018-04-28 16:09  CRI

00:00:00
00:00:00

 米国の主要農業団体が支援する超党派グループ「ファーマーズ・フォー・フリートレード」(The Farmers for Free Trade)は、近ごろ発表した研究報告の中で、「鉄鋼とアルミニウムの輸入関税引き上げが中米貿易摩擦に影響を及ぼし、米国の農業は輸出関税引き上げのあおりを受けて損失を被るだろう」と示しています。

 今回の研究報告『代価を払うのは農家たち:鉄鋼とアルミニウムの報復』によりますと、貿易摩擦の影響を受ける主な農産品はアーモンド、クルミ、ピスタチオ、ブドウ、オレンジ、リンゴ、チェリー、ニンジン、豚肉などで、地域別に最も大きな影響を受けるのはカリフォルニア州、アイオワ州、ワシントン州、ミズーリ州、ノースカロライナ州だということです。

 ファーマーズ・フォー・フリートレードは研究報告と合わせて声明を発表し、「鉄鋼とアルミニウムの関税引き上げは米中間の貿易摩擦を引き起こし、米国における農業の輸出コストを増大させることになる。それにより農家は農産品の価格を抑えなければならなくなり、同時に、中国は他の生産国を探し始めるだろう。一番の被害者は米国内の農業従事者であり、これは農家に対する関税引き上げにほかならない」と主張しました。

 ファーマーズ・フォー・フリートレードはさらに、「米国政府が中国からの輸入品に新たな制裁としての関税措置を課すならば、新たな報復が生まれていく。米国内の農業は持続的なダメージを受けていくだろう」と警告しました。(雲、謙)

コメント()

ラジオ番組
8月21日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
马玥