「初心を保ち、使命を胸に刻む」ーー共産党創立100周年記念特別番組_fororder_da
more

 人物編

  • 早稲田大学に留学した中国共産党の創設者――李大釗_fororder_001

    早稲田大学に留学した中国共産党の創設者ーー李大釗

    李大釗は中国共産党の創設を主導した思想家で北京大学の図書館長や教授も務めました。1913年、早稲田大学に入学。日本の社会民衆党の創始者・安部磯雄の影響を受け、マルクス主義に接しました。1918年『毎週評論』を創刊し、「庶民の勝利」などの文章を発表してマルクス主義、ロシア革命を紹介して大きな影響を与えました。北京を拠点とした李大釗は、上海の陳独秀らと共産党設立の準備を進め、コミンテルンとの連携により、1921年に中国共産党を創設しました。

  • 日本に留学した中国共産党の初代総書記――陳独秀

    日本に留学した中国共産党の初代総書記ーー陳独秀

    陳独秀は中国共産党成立の過程において、「南陳北李」、つまり陳独秀と李大釗の貢献が人々に広く知れ渡ることになりました。東京高等師範学校速成科を卒業した後、1915年に帰国し、上海で『新青年』を創刊します。「民主」や「科学」といった西洋文明の原理を全面的に取り入れるべきだと主張し、五・四運動期の急進的民主派にもなりました。1920年に上海で共産主義グループを組織し、1921年7月に中国共産党が成立すると、党の総書記に選出されました。

  • 中国共産党の創立を初めて明確に提案した理論家―蔡和森

    中国共産党の創立を初めて明確に提案した理論家ーー蔡和森

    中国共産党初期の理論家。1919年にフランスへ留学、周恩来らと共産主義運動を始めます。パリでマルクス・レーニン主義を猛勉強するだけではなく、ロシア革命や共産主義に関する書籍を数多く翻訳しました。初めて明確に中国共産党の創立を提案した上で、党の結成に関する理論と原則についても初めて系統的に述べました。1921年に帰国すると、中国共産党最初の政治機関紙《嚮導》の責任者として活躍しました。

  • 法政大学に留学した中国共産党革命の先人――董必武

    法政大学に留学した中国共産党革命の先人ーー董必武

    中国共産党創立メンバーの一人である董必武は1914年1月、日本の法政大学に入学して法律を専攻し、期間中、河上肇の「貧乏物語」などの社会主義作品に触れていきました。帰国後、国民性を改革し、新思想を広めるため、新聞と学校を積極的に創設していきました。1921年に武漢地区代表として中国共産党第1回党大会に参加しました。新中国成立後は、政務院副総理、最高人民法院院長、国家副主席、国家主席代理などの要職を歴任しました。

  • 東京第一高等師範学校に留学した中国共産党革命の先人――李達_fororder_李达-1

    東京第一高等師範学校に留学した中国共産党革命の先人ーー李達

    李達は中国共産党革命の先人で、中国マルクス主義の学者、思想家。1913年に公費で、東京第一高等師範学校理科に入学しました。在籍期間中、「救国活動」としての理科の探究をやめ、「救国思想」としてのマルクス主義や、河上肇の著作などの研究に懸命に取り組むようになりました。1920年に上海共産主義のグループに入り、1921年 7月、党の第 1回大会に出席し、中央宣伝部主任に選ばれました。1937年、李達は『社会学大綱』を出版し、これは中国人自身が書いた初めてのマルクス・レーニン主義哲学の教科書だと評価されました。

more

 会議編

  • 13名の党員が参加した中国共産党第一次全国代表大会

    13名の党員が参加した中国共産党第一次全国代表大会

    中国共産党第一次全国代表大会は、1921年7月23日から7月31日の日程で開催されました。7つの地域共産党の早期組織から来た13人の代表と2人の共産国際代表が上海に集まり、中国共産党第一次全国代表大会を開催し、中国共産党の正式な成立を宣言しました。

  • 党の最低・最高網領を制定した中国共産党第二次全国代表大会

    党の最低・最高網領を制定した中国共産党第二次全国代表大会

    中国共産党の第2次全国代表大会は1922年7月16日から23日まで上海で開かれました。会議では中国近代史上初となる帝国主義反対・封建主義反対の民主主義革命網領が明確に打ち出され、中国革命のための方向を指し示しました。

  • 土地改革と武装蜂起の方針を決定した「八七会議」

    土地改革と武装蜂起の方針を決定した「八七会議」

    1927年8月7日、中国共産党中央は湖北省漢口で秘密裏に緊急会議を招集しました。これが有名な「八七会議」です。この会議で土地改革と武装蜂起の方針が決定されました。大革命失敗後、中国共産党は正しい革命の道を探し出しました。その道とは、都市から農村に立脚点を移すというものでした。

  • 新人民軍隊の整備上で一里塚的な意義を持つ「古田会議」

    新人民軍隊の整備上で一里塚的な意義を持つ「古田会議」

    1929年12月28日から29日まで福建省上杭県古田村で古田会議が開かれました。会議は「紅四軍」が創設されてから軍整備面における経験と教訓をくみ取り、人民軍建設の基本原則が確立され、軍隊の性格や主旨、任務などを定め、改めて党が軍隊に対する絶対的指導権を持つとする原則を強調しました。

  • 毛沢東路線確立の第一歩となった歴史的な会議「遵義会議」

    毛沢東路線確立の第一歩となった歴史的な会議「遵義会議」

    遵義会議は1935年1月15日から17日までの3日間、今の貴州省遵義市で開催された中国共産党中央政治局の拡大会議です。会議では秦邦憲らが指導する党中央の政策が批判され、最も緊急な軍事問題と中央書記処、中央革命軍事委員会の組織問題が決議されました。この会議以降、共産党指導部における毛沢東の指導権が確立し、紅軍は陝西省北部に到着して新たな根拠地を築くことになります。

  • 抗日民族統一戦線の政策が打ち出された「瓦窰堡会議」

    抗日民族統一戦線の政策が打ち出された「瓦窰堡会議」

    9・18事変後、1935年の夏、日本帝国主義は華北5省を占領するために華北への侵略を急ぎ、中国民は抗日民主運動のブームを引き起こしました。この時、中国共産党は土地革命戦争から民族革命戦争へと転換する大きな転換期を迎えるようになりました。1935年12月25日、中国共産党中央は陝西省北部に位置する瓦窰堡で中央政治局会議を開きました。会議では、抗日民族統一戦線という政策が打ち出されました。