「初心を保ち、使命を胸に刻む」ーー共産党創立100周年記念特別番組_fororder_da
more

 人物編

  • 早稲田大学に留学した中国共産党の創設者――李大釗_fororder_001

    早稲田大学に留学した中国共産党の創設者ーー李大釗

    李大釗は中国共産党の創設を主導した思想家で北京大学の図書館長や教授も務めました。1913年、早稲田大学に入学。日本の社会民衆党の創始者・安部磯雄の影響を受け、マルクス主義に接しました。1918年『毎週評論』を創刊し、「庶民の勝利」などの文章を発表してマルクス主義、ロシア革命を紹介して大きな影響を与えました。北京を拠点とした李大釗は、上海の陳独秀らと共産党設立の準備を進め、コミンテルンとの連携により、1921年に中国共産党を創設しました。

  • 日本に留学した中国共産党の初代総書記――陳独秀

    日本に留学した中国共産党の初代総書記ーー陳独秀

    陳独秀は中国共産党成立の過程において、「南陳北李」、つまり陳独秀と李大釗の貢献が人々に広く知れ渡ることになりました。東京高等師範学校速成科を卒業した後、1915年に帰国し、上海で『新青年』を創刊します。「民主」や「科学」といった西洋文明の原理を全面的に取り入れるべきだと主張し、五・四運動期の急進的民主派にもなりました。1920年に上海で共産主義グループを組織し、1921年7月に中国共産党が成立すると、党の総書記に選出されました。

  • 中国共産党の創立を初めて明確に提案した理論家―蔡和森

    中国共産党の創立を初めて明確に提案した理論家ーー蔡和森

    中国共産党初期の理論家。1919年にフランスへ留学、周恩来らと共産主義運動を始めます。パリでマルクス・レーニン主義を猛勉強するだけではなく、ロシア革命や共産主義に関する書籍を数多く翻訳しました。初めて明確に中国共産党の創立を提案した上で、党の結成に関する理論と原則についても初めて系統的に述べました。1921年に帰国すると、中国共産党最初の政治機関紙《嚮導》の責任者として活躍しました。

more

 会議編

  • 13名の党員が参加した中国共産党第一次全国代表大会

    13名の党員が参加した中国共産党第一次全国代表大会

    中国共産党第一次全国代表大会は、1921年7月23日から7月31日の日程で開催されました。7つの地域共産党の早期組織から来た13人の代表と2人の共産国際代表が上海に集まり、中国共産党第一次全国代表大会を開催し、中国共産党の正式な成立を宣言しました。

  • 党の最低・最高網領を制定した中国共産党第二次全国代表大会

    党の最低・最高網領を制定した中国共産党第二次全国代表大会

    中国共産党の第2次全国代表大会は1922年7月16日から23日まで上海で開かれました。会議では中国近代史上初となる帝国主義反対・封建主義反対の民主主義革命網領が明確に打ち出され、中国革命のための方向を指し示しました。

  • 土地改革と武装蜂起の方針を決定した「八七会議」

    土地改革と武装蜂起の方針を決定した「八七会議」

    1927年8月7日、中国共産党中央は湖北省漢口で秘密裏に緊急会議を招集しました。これが有名な「八七会議」です。この会議で土地改革と武装蜂起の方針が決定されました。大革命失敗後、中国共産党は正しい革命の道を探し出しました。その道とは、都市から農村に立脚点を移すというものでした。

more

 「七一勲章」受勲者編

  • 南海を守り、漁民を率いてともに豊かな道を歩む共産党員ーー王書茂

    南海を守り、漁民を率いてともに豊かな道を歩む共産党員ーー王書茂

    王書茂さんは海南省琼海市潭門鎮潭門村党支部書記、潭門海上民兵連副連長、第13期全国人民代表大会の代表を務めています。王さんは海を守る模範として、南海に関する数多くの国家級プロジェクトや南沙島嶼の建設に参加し、南海を保護する民間勢力の養成に力を入れてきました。また、南海の権益維持の闘争では犠牲を恐れず、全く譲歩することもなく、中国領海の主権と海洋権益を守っています。

  • 青海・チベット高原の人々の命の安全を守る医者ーー呉天一_fororder_吴天一-2

    青海・チベット高原の人々の命の安全を守る医者ーー呉天一

    呉天一さんは新疆ウイグル自治区のイリに生まれたタジク族人です。1982年5月、中国共産党に加入。50年余りの歳月をかけて高山病研究に没頭し、高山病の予防と治療に関する国際基準を作り出しました。そのほか、「チベット族適応生理学」の研究を切り開き、数万人以上のチベット族の命を救いました。青海・チベット鉄道建設期間中、呉さんは一連の高山病予防措置と救急方案を制定した結果、高山病で亡くなる建設者は一人も出ませんでした。この奇跡によって、彼は「青海・チベット鉄道建設者の命を守る神様」と呼ばれるようになりました。

  • 中国の銃弾跡識別システム完備に尽力した崔道植_fororder_1

    中国の銃弾跡識別システム完備に尽力した崔道植

    崔道植さんは黒竜江省公安庁の元刑事です。17歳の時に、崔さんは中国人民志願軍に入り、朝鮮戦争に参加。その後は中国の銃弾跡識別システムの完備に力を尽くしてきました。5年余りの研究を積み重ねてきた結果、崔さんは特製のアルミホイルフィルムで銃弾の跡を複製する技術を発明しました。彼の発明で複製される銃弾の跡はとても鮮明で、非常に安定しています。また、彼は「弾頭ライフリング跡の自動識別システム」も研究開発し、その知的所有権も獲得しました。

  • 戦功輝かしい「二級戦闘英雄」王占山

    戦功輝かしい「二級戦闘英雄」王占山

    王占山さんは遼瀋戦役、平津戦役や朝鮮戦争、対ベトナム自衛反撃戦に参加し、血みどろになって奮戦したことで、毛沢東主席と4回も会見しました。特に朝鮮戦争では戦友とともに四日間連続で陣地を守り、敵の攻撃を38回退けて400人余りの敵を倒しました。王さんは朝鮮戦争志願軍「二級戦闘英雄」のほか、「全国定年退職幹部先進個人」などの称号を獲得しました。また、朝鮮戦争における戦功によって、朝鮮から「一級国旗勲章」を授与されました。定年退職後、王さんは国防事業に熱心に取り組み、革命伝統の継承に力を尽くしています。

  • 科学技術で国を振興させる中国自動化科学技術の開拓者・陸元九

    科学技術で国を振興させる中国自動化科学技術の開拓者・陸元九

    陸元九さんは1940年代、国費留学試験に合格し、米国のマサチューセッツ工科大学に留学し、「慣性航法の父」と呼ばれているチャールズ・スターク・ドレイパー教授の学生となり、1949年、彼は博士号を取得すると同時に、マサチューセッツ工科大学の副研究員、研究エンジニアとして招聘されました。1956年6月に帰国。当初、彼は中国科学アカデミー自動研究所の創設に参与し、そこで、研究員、研究室主任、副所長などを歴任しました。また、1958年に初めて「衛星回収」という概念を提出し、中国の「両弾一星」プロジェクトおよび宇宙開発プロジェクトの成功に卓越した貢献をしました。