米国際政治学者、「米国式民主」を批判

2022-01-11 17:02  CRI

米国際政治学者、「米国式民主」を批判

2021年1月6日に米ワシントンで発生した米連邦議会議事堂襲撃事件

 米スタンフォード大学フリーマン・スポグリ国際関係研究所のシニア・フェロー、フランシス・フクヤマ氏はこのほど、米紙ニューヨーク・タイムズで、「米国式民主は衰退し、信用を失い続けている」とする論評を発表しました。 

 論評は、2021年1月6日に発生した米連邦議会議事堂襲撃事件について「相当数の米国人が自国の『民主』制度に不満を抱き、暴力を利用して自分たちの目的を達成した」瞬間を示すものだと指摘しています。

 その上で、1月6日を米国の「民主」における汚点としたのは、共和党が暴動を批判しないばかりか事実を粉飾し、2020年の大統領選の真実について語ろうとする人々を追い出したという事実だとしています。

 21年1月6日の事件が発生する前まで、このような暴動は、民主制度の基盤が固まっていない国で起こりうるものとされ、米国もこのような事件を大いに批判してきました。そのため、論評はこうした状況が米国内で発生したことで、良好な「民主」の実践モデルを確立する上で、米国の信用は地に落ちたと指摘しています。

 また、米国式モデルは衰退してから一定の時間が経過しているとし、米国の政治は1990年代半ばから日増しに二極化し、基本的な政府職能を履行できなくなっていたとも指摘しています。それに加え、金銭が政治に与える影響や民主的な選択とますますずれる選挙制度の影響など、米国の体制には明らかな問題があり、米国は自己改革ができないようだと分析しています。(怡康、柳川)

コメント()

ラジオ番組
1月20日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
张怡康