「理想は中国を照らす」

2021-12-20 18:19  CRI

00:00:00
00:00:00

「理想は中国を照らす」

 中国共産党創立100年を記念して制作された40話連続ドキュメンタリー「理想照耀中国(理想は中国を照らす)」が今、CCTVで放送されています。この連続ドキュメンタリーは過去100年にあったさまざまな出来事や、歴史的な瞬間を切り取り、40話で構成されています。今回の中国メロディ―はこの40回の特別シリーズの中から選りすぐりの物語3話と歌をご紹介します。中国共産党が百年の風雨を乗り越え、世界最大党に成長した背景にある物語を探ってみましょう!

   「真理の味」

 連続ドキュメンタリー「理想は中国を照らす」の第1話「真理の味」は、言語学者の陳望道氏が「共産党宣言」を初めて中国語に訳した背後にある物語を描いています。
 1920年、夜明け前の暗い中国社会の中では、底辺でもがいている庶民と封建的な足かせと重圧を受けている女性が随所に見られ、多くの愛国青年は中国の未来の活路を見つけることができないために苦痛とためらいを感じていました。
日本留学から帰ってきたばかりの陳望道氏は「君は夢の中のあの小道は、光もなく、終わりもないと言っていたね。しかし、この本の中で僕はやっと希望の道を見つけたんだ」と親友に言いました。陳望道氏が言っている本とは「共産党宣言」のことです。
 「共産党宣言」の初の中国語翻訳者である陳望道氏は、松明を掲げるように、暗闇の中で方向性を見つけられずに苦しんでいる人々に明るい進路を照らし、多くの先進分子に革命事業に身を投じるよう激励しました。

「守護」

「理想は中国を照らす」の第2話「守護」は、中国共産党初期党員の張人亜氏が父親に頼んで、共産党の重要文書を20年間秘密裏に保存していたという物語です。
 1927年、上海で共産党員を大量虐殺した「四・一二」事件が勃発すると、中国の革命事業は大きな打撃を受け、一時スランプに陥りました。ある日、久しぶりに故郷に帰ってきた張人亜氏は慌ただしく実家に帰り、血のついた麻布のかばんをこっそり父に渡し、大切に保管してもらいました。張氏は父との別れ際、「私を信じてください。私たちの理想は必ず実現される、赤い中国は必ず実現される」という言葉を残しました。それ以来、張人亜氏は二度と帰ってきませんでした。
 張氏の父親は息子の生死がわからない20年の間、敵の捜索から逃れ、息子から託された文書を保管しようと必死になったあげく、ついには息子の偽の墓を作って20年間、そこに文書を隠していました。命をかけて守ってきたその重要な文献は1949年に新中国が成立して初めて、新政府に渡されました。これらの文献の中には、中国に現存する最古の「共産党宣言」の中国語訳も含まれています。


「歌おう祖国を」

 「理想は中国を照らす」で最もインパクトがあるのは第5話「歌唱祖国(歌おう祖国を)」です。1950年、新中国が成立して1周年を迎えたばかりの時、31歳の青年作曲家王莘は天津から出張で北京に来て、天安門広場で国慶節の行事のリハーサルをしている合唱団の子供たちに出会い、楽しく交流しています。別れを惜しむうちに、王莘は国慶節の祝典で行進しながら歌える合唱の歌を必ず作ると、子供たちに約束しました。
 子供たちが去った後、めでたい雰囲気の天安門広場と風にはためく国旗の五星紅旗を眺めながら、王莘は成立間もない新中国に心から感激し、誇りに思いました。天津に帰る汽車の中で王莘は一気通貫で今も歌い継がれる「歌唱祖国(歌おう祖国を)」の詞と曲を書き上げました。発表後、全国の人々に愛され、中国の「第2の国歌」とまで言われています。
 2008年北京オリンピックの開会式では、9歳の子供歌手・林妙可ちゃんが五輪の舞台で純真な子供の声でこの「歌おう祖国を」を歌い、五輪史上に素晴らしい瞬間を残しました!

番組の中でお送りした曲

1曲目 理想(りそう)
40話連続ドキュメンタリー「理想照耀中国(理想は中国を照らす)」の主題歌「理想」は、多くの革命の先駆者たちが全力を尽くして革命の火種をまき、真理を追求する心の声を歌っています。
この歌は、中国音楽界の多くの実力派ミュージシャンがコラボレーションした作品です。作曲家の小柯、ピアニストのラン・ラン、中華圏の10人の実力派歌手のコラボもこの曲に魅力を添えています。
歌詞:
振り向くと道ははるかに遠い
幾らかの深い足跡
見上げると道は長い
理想は依然として呼びかけている
見上げると道は長い
理想は前を照らし続ける

2曲目 光芒万丈(万丈の光)
「理想照耀中国(理想は中国を照らす)」の第2話「守護」のエンディングです。
歌詞:
どんなに長い道のりであっても
どんなに迷っても
光があなたや私に降り注ぐ
私のそばに立っている
たとえ私が異郷に眠っていたとしても
私は最も危険な方向に向かっている
私の胸で
銃剣と万丈の光を迎え入れる

3曲目 歌唱祖国(歌おう祖国を)
作曲家王莘が子どもたちのために作り、多くの子どもたちが世界の舞台で歌ったこの曲は中国の「第2の国歌」と言われました。
歌詞:
ひるがえるわが旗
五星の赤き旗
果てしなき野に山に
勝利の歌とどろく
讃えよ愛する祖国 限りなく栄えゆく
波立ち逆巻く
黄河・揚子江は流れゆく
美わしき大地 われら愛す祖国
鉄のごとき団結を
われらは強く守りぬく

コメント()

ラジオ番組
1月20日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
黄竞