女子バレー初優勝から40年 中国駐大阪総領事館が記念行事

2021-11-18 14:25  CRI

 1981年11月16日、この日は中国のバレーファンにとって忘れられない日です。大阪で開かれたワールドカップバレーボールに、女子中国代表が国際大会で初めて栄冠に輝きました。その日から40年となる16日、大阪にある中国総領事館はオンラインで記念行事を行いました。

女子バレー初優勝から40年 中国駐大阪総領事館が記念行事_fororder_d6ca7bcb0a46f21f9edad80ef7381b690d33aea2
1981年11月16日 大阪府立体育会館(現在「エディオンアリーナ大阪」)
表彰台に立つ女子バレー中国代表

 中国の女子バレーは大阪での優勝を皮切りに、そのあと、1986年までの5年間、ワールドカップ、世界選手権とオリンピックで立て続けに5連勝を実現し、改革開放が始まった中国社会に「目標に向かってどんな時もあきらめない」という「女子バレー精神」の伝説を残しました。

 オンラインで出席した中国の孔鉉佑大使は、「この精神が来年2月初めに開幕予定の北京冬季オリンピックでもしっかり受け継がれてほしい」と期待を寄せました。

 大阪府の吉村洋文知事は孔大使の発言を受け、「大阪はこれからも中国との交流と協力を一層充実させていく」と示しました。

女子バレー初優勝から40年 中国駐大阪総領事館が記念行事_fororder_N3女排
オンラインで記念行事に参加した女子バレー中国代表のOGたち

 当時の選手たちもオンラインで出席し、「バレーボール精神」を旗印に頑張り続けてきた歩みを振り返りました。

女子バレー初優勝から40年 中国駐大阪総領事館が記念行事_fororder_N3 500
40周年記念にビデオメッセージを寄せる女優・荒木由美子さん

 また、1980年代前半、中国でも一世を風靡した日本のスポーツドラマ『燃えろアタック』で、ヒロインの小鹿 ジュンを演じた女優の荒木由美子さんも出席しました。「中国の選手の皆さんも、私も、あきらめてはいけないという精神が根付いていると思う。60歳を過ぎた今もまた元気をもらった」と笑顔で記念行事に参加した感想を話しました。そのうえで、「日本と中国は今後もアジアの代表として、良い形で交流を深め、スポーツと芸術をどんどん発展させていってほしい。私もそれに向けて頑張っていく」と意気込みを見せました。(Yan、CK)

コメント()

ラジオ番組
12月5日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王小燕