2021年中日共同世論調査、「両国関係は重要」が共に約7割

2021-10-20 22:05  CRI

 中国外文局と日本の言論NPOが20日、中日共同世論調査の結果を共同で発表し、「両国関係は重要だ」との声が両国民とも7割近く存在することが判明されました。

2021年中日共同世論調査、「両国関係は重要」が共に約7割
2021年中日共同世論調査結果発表の記者会見

 2005年から毎年実施されてきたこの調査は、今年で17回目となります。今回は8月下旬から9月下旬までの間に中日両国で同時に行われ、相手国に対する印象や中日関係に関する認識などについて調べました。

2021年中日共同世論調査、「両国関係は重要」が共に約7割
中国外文局の高岸明副局長兼編集長

 記者会見に臨んだ中国外文局の高岸明副局長兼編集長は席上、「両国民は中日関係の重要性を認めており、地域協力およびグローバルな課題への対応についても、関心事が非常に一致している」と明らかにしました。

2021年中日共同世論調査、「両国関係は重要」が共に約7割
言論NPOの工藤泰志代表

 記者会見にリモート形式で参加した言論NPOの工藤泰志代表は、「日中関係が不安定な中でも、調査を受けた両国の国民は日中関係の今後や両国の協力に対して期待を失っていないことが多くの設問で確認できた」と述べました。

2021年中日共同世論調査、「両国関係は重要」が共に約7割_fororder_2009925293
2021年中日共同世論調査結果発表の記者会見

 調査では、中日関係を「重要」(「どちらかと言えば」を含む)だと答えた中国人は全体の70.9%で、同じ設問に対し日本側でも66.4%に達しており、双方の回答者はいずれも相手国との関係を重要視していることが改めて確認されました。

 また、両国関係の改善や発展における民間交流の重要性について、中国人は70%、日本側は50.9%が「重要」だと答えました。

2021年中日共同世論調査、「両国関係は重要」が共に約7割_fororder_1857837475
2021年中日共同世論調査報告

 さらに、相手国や中日関係に関する情報源については、中国側の89.7%、日本側の95.9%が「自国メディア」を選んでいます。なお、両国関係における自国メディアの貢献度について、「貢献している」と答えた中国人が合わせて83.7%に上るのに対し、日本側の回答は19.6%にとどまっています。(文と写真:斉鵬)

コメント()

ラジオ番組
12月5日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
李阳