国務院台湾弁公室 「脱中国化」学習指導要領推進の民進党をけん制

2021-10-14 14:17  CRI

 台湾の小中学校歴史科目の学習指導要領で「脱中国化」が進んでいるという台湾教育界の指摘を受け、国務院台湾事務弁公室の馬暁光報道官は13日の定例記者会見で、「いかなる脱中国化の行動も台湾が中国の一部である事実を変えることができない」と示し、民進党が推奨する歴史科目の学習指導要領に対し異論を呈し、民進党をけん制しました。 

国務院台湾弁公室 「脱中国化」学習指導要領推進の民進党をけん制_fororder_NTW.JPG
会見中の国務院台湾事務弁公室・馬暁光報道官

 馬報道官は「大陸も台湾も同じ中国に属しており、両岸の同胞は同じ中華民族に属している。同じ中国人として、台湾同胞が民族の歴史を知る権利は誰からも奪われることはない。いかなる脱中国化の行動も、中国大陸と台湾の歴史的つながり、人々の血のつながりを断ち切ることはできない。ましてや台湾が中国の一部であるという事実を変えることもできない」と指摘し、民進党をけん制しました。

 馬報道官はさらに、「民進党当局が歴史をゆがめ、孫文先生と辛亥革命の偉大なる功績を風化させ、ひいては抹消しようとしている。こうした行動は間接的な台湾独立にあたり、悪い影響がもたらされた」と指摘しました。

(Yan、CK)

コメント()

ラジオ番組
10月20日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王小燕