重陽節に際して「親孝行」と「敬老」をしっかり学ぼう

2021-10-14 16:58  CRI

 中国では、旧暦9月9日(今年は10月14日)が重陽節と呼ばれます。中国には、「誰が言う寸草の心 三春の暉(き)に報い得んと」、つまり「小さな草は、春の日差しに感謝してもしきれるものではない。人も、母などから受けた暖かい恩義に感謝しつくすことはできない」という意味の言葉が残されています。親孝行をし、高齢者を尊敬し、中国の2億人余りの高齢者に心を寄せるのです。習近平主席はこのことについて、ずっと身をもって努力し、実行してきました。習主席は、「高齢者に必要な保障があり、高齢者が頼ることができ、高齢者に楽しみがあり、高齢者が安定して生活できるようにし、誰もが幸せな晩年を過ごせるようにせねばならない」と述べています。

コメント()

ラジオ番組
10月20日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
陈木月