米国は実際の行動で国際社会の信頼を得るべき=外交部

2021-10-13 17:52  CRI

 「生物多様性条約」第15回締約国会議(COP15)の第一段階会議が雲南省昆明市で開催されています。「生物多様性条約」は現在、締約国数が最も多い国際環境条約の一つですが、米国は1990年代に同条約に署名した後、批准手続きを未だに完了していません。

 これについて、外交部の趙立堅報道官は13日の定例記者会見で、「米国は国際事務に参与する際の実利を優先するやり方を早期に改め、しかるべき国際的責任と義務を担い、世界の人々の福祉に目を向けて着実に取り組み、実際の行動で国際社会の信頼を得るべきだ」と指摘しました。(ヒガシ、謙)

コメント()

ラジオ番組
10月20日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
陈木月