「環境と気候」に関する第2回中国・EUハイレベル対話開催

2021-09-28 16:36  CRI

 中国共産党中央委員会政治局常務委員、国務院副総理の韓正氏は、27日北京で、欧州委員会のティメルマンス第1副委員長とビデオ形式で第2回「環境と気候に関する中国・EUハイレベル対話」を行いました。

 韓副総理は、習近平国家主席が第76回国連総会の一般討論で、中国が発展途上国のエネルギーのグリーン化と低炭素化を強く支持し、中国国外では新たな石炭発電プロジェクトを建設しないと発表したことを紹介した上でで、「この発表は、グローバルな気候ガバナンスに対する中国の責任ある態度をあらためて示すもので、中国はカーボンピーキングとカーボンニュートラルの目標を予定通り達成するために、すでに一連の取り組みに着手している。気候変動の問題について、中国は常に言動を重んじ、カーボンニュートラルの目標を達成する自信と決意がある」と述べました。

 また、韓副総理は中国とEUがハイレベル対話のプラットフォームを最大限に活用し、両首脳のコンセンサスをさらに実行し、中国とEUのグリーン協力の深化を促進し、世界の持続可能な発展に貢献する必要性を示しました。また、メカニズムでのリーダーシップを強化し、相互理解と信頼を高め、政策の伝達と調整を強化し、重要な分野に焦点を当て、実践的な協力を深め、より実りある成果を得るために努力していく考えを示しました。さらに、多国間主義を実践し、パリ協定の実施を支援し、世界の気候協力に自信を注入していく必要性を指摘しました。中国は、国連気候変動枠組条約第26回締約国会議の前向きな成果を促進するため、すべての締約国と協力して調整を強化し、相違点を解消し、コンセンサスを促進していく方針です。韓副総理は生物多様性条約第15回締約国会議のホスト国として、中国がすべての締約国と協力して会議の成功を促進することに力を注いでいく考えを示しました。

 これに対してティメルマンス副委員長は、欧州側が気候変動に対処するために中国が行っている多大な努力を高く評価していると示しました。そのうえで、環境と気候の分野で中国との対話と調整を継続的に強化し、グラスゴーで開催される国連気候変動会議に貢献し、中国が生物多様性条約第15回締約国会議を開催することを支援していく考えを示しました。(ミン・イヒョウ、CK)

ラジオ番組
10月29日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
马玥