人民政治協商会議に新たな成果見られる

2021-09-19 16:34  CRI

 中国人民政治協商会議は、社会主義協商民主の重要なチャンネルと専属の協商機構です。中国共産党第18回全国代表大会以降、習近平総書記はこの中国の特色ある制度をめぐり、一連の重要な論述を行ってきました。中でも、中国人民政治協商会議の発足から70周年にあたる2019年、習近平総書記は新時代の人民政治協商会議の活動について全面的な配置を行い、政治協商、民主的監督、参政・議政(政治に参加し、政治を論じる)のレベルを高め、共通認識をよりよく結集し、人民政治協商会議制度をしっかりと堅持し、その事業をしっかりと発展させることを強調しました。

人民政治協商会議に新たな成果見られる_fororder_96dda144ad345982d209dd31854a49a8c9ef84d1
中国人民政治協商会議成立70周年記念大会

 2019年9月20日に開催された中国人民政治協商会議成立70周年記念大会で、習総書記は人民政治協商会議を2つの「偉大さ」で評価しました。これについて、中国人民大学国際関係学院教授で浙江(嘉興)中外政党研究センターの周淑真主任教授は、この2つの「偉大さ」の背後に制度への自信が明確に示されていると指摘しています。周主任教授は、「歴史の発展から見れば、人民政治協商会議制度は中国の文化的土壌の中で培ってきたものであり、中国の民主主義革命の発展の必然の結果である。それは非常に深い社会的土台を持っており、党派、団体、民族、宗教の各界別から構成されており、その運営メカニズム、機能・役割は実施可能なものであるうえ、非常に効果的で、今日の社会の現実に合致している」と評価しました。

 国務院新聞弁公室が今年6月に発表した『中国新型政党制度』白書によりますと、民主諸党派、無党派人士など党外代表人士は各級政治協商会議の中で比較的大きな割合を占めており、交代の際に委員は60%以上、常務委員は65%以上を占めることとなっています。また、現在の全国の各級政治協商会議の中で、累計41万人あまりの中国共産党員以外の代表が政治協商会議委員を務めているということです。(RYU、Yan)

コメント()

ラジオ番組
10月20日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
马玥