水素燃料電池バス212台、北京冬季五輪に登場

2021-09-15 14:05  CRI

 北京市経済情報化局が14日の記者会見で明らかにしたところによりますと、北京市・天津市・河北省は今後4年間で、2022年北京冬季五輪開催期間中の旅客輸送バスを含む燃料電池自動車の活用場面を体系化します。モデル車両の活用規模は5300台以上になります。更に、燃料電池自動車の主要部品と装備製造産業群を構築します。 

 北京市、天津市、河北省は、中国第1陣の燃料電池自動車のモデル都市群として、全産業チェーン協同の燃料電池自動車の自主開発産業システムを構築し、多元化した相互補完の燃料電池自動車のモデル的な活用場面を体系化します。燃料電池自動車が高緯度・寒冷な環境で運行する際の性能的な優位性を発揮させ、中・遠距離、中・重型トラックなどの運輸分野で、北京冬季五輪開催期間中の旅客輸送サービスや港湾地区の作業、大口物資運輸などを含む10の活用場面を体系化するほか、地域を跨ぐ貨物運輸路線と都市間コールドチェーン(低温物流)を重点とし、モデル都市群の燃料電池自動車産業の発展を後押しします。 

 水素燃料電池自動車は、伝統的な内燃機関とは異なり、騒音と排ガスがないため環境に優しく、充電速度も純電気自動車と比べて速く、野外環境でスピーディーに動力を補うことができます。北京冬季五輪開催期間中、212台の水素燃料電池バスは選手の移動と休憩などで使用されます。 

水素燃料電池バス212台、北京冬季五輪に登場

2022年北京冬季五輪開催期間中に北京延慶会場で使用予定の水素燃料電池バス

 水素燃料電池バスは、外形は一般的なバスとあまり変わりませんが、内部にはエネルギー貯蔵装置があります。6個の水素貯蔵装置を同時に満タンにすることで500キロメートル走行できます。零下30度でも始動できます。一般的な電気自動車の低温下での電池電力釈放不足の問題を克服しました。(玉華、柳川)

コメント()

ラジオ番組
9月19日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王玉华