米国の海外での人権侵害に「動かぬ証拠ある」=外交部

2021-09-15 21:25  CRI

 米国はこれまでの20年、シリア、イラク、アフガニスタンなど多くの国で9万回以上の空爆を実施し、空爆で命を落とした民間人は最多では4万8千人にも上ると報じられています。これを受け、外交部の趙立堅報道官は定例記者会見で、「米国は海外で重大な人権侵害行為を引き起こしていることに、動かぬ証拠は山ほどあり、物事の本来の姿は人々が良く分かっている」と示しました。

 さらに、「第1、米国は偽情報で戦争を画策し、悲惨な人権損害の災難をもたらした。2001年以降、米国が不法に戦争と軍事行動を起こしたことが原因で、80万人以上が死亡し、数千万人は故郷を追われている。第2に、米国はテロ対策に名を借りて、おびただしい数の民間人を殺害している。2001年以降、米国が発動した戦争で犠牲になった民間人は約33.5万人を超えている。第3に、米国による「一方的制裁」は関係国民衆の人権を著しく害している。新型コロナウイルスの感染拡大が報告された後、米国は一方的な強制措置の使用を減らさなかったどころか、逆に増やし続けている。これら安保理の承認を得ていない一方的な強制措置は、現地の民衆の生存と発展に深刻な災難をもたらしている」と指摘しました。(雲、Yan)

コメント()

ラジオ番組
9月19日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
赵芸莎