在ジュネーブ中国公使 米国の人権問題を批判

2021-09-15 17:28  CRI

 在ジュネーブ国際機関中国政府代表部の蒋端公使は現地時間14日、第48回国連人権理事会(UNHRC)と国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)との対話で発言を行い、米国の人権問題に継続的に注目し、人権についての国際的な義務の着実な履行を同国に促すよう、UNHRCとOHCHRに要請しました。

在ジュネーブ中国公使 米国の人権問題を批判

在ジュネーブ国際機関中国政府代表部の蒋端公使

 蒋公使は「米国は民衆の生命権と健康権を無視している。世界最先端の医療設備と技術を保有しているにもかかわらず、新型コロナウイルスの感染者数と死亡者数はいずれも世界最悪だ。米政府は新型コロナウイルス感染症への対策で全力を尽さずして、ウイルスの発生源調査で政治的操作を行い、感染症対策で失敗した自らの責任を他国に転嫁することを企てている。米国はまた、国際社会において『民主』や『人権』の旗印を掲げて虚言と虚偽情報を流布し、強権政治を大掛かりに行って他国の内政に干渉し、自らのモデルと価値観を他者に押し付け、ともすれば一方的な強制措置を行っている。新型コロナウイルス感染症の流行が始まってからは、数多くの国への医薬品やワクチンの供給を妨げて関係諸国の国民の人権を甚だしく侵害した。米国が発動した戦争で他国の民間人に死傷者や難民が大量に出ている。米国は自国の深刻な人権問題を実際の行動により着実に解決すべきであり、自らのイデオロギーと価値観を強制的に押し広めたり、人権を口実に他国を圧迫し、他国に軍事干渉することは停止すべきだ」と主張しました。(ジョウ、鈴木)

コメント()

ラジオ番組
9月19日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
聂永胜