習総書記、陝西省楡林市を視察

2021-09-14 16:21  CRI

 習近平中国共産党中央委員会総書記は13日、陝西省楡林市を視察しました。習総書記は国家エネルギーグループ楡林化工有限公司、米脂県銀州街道高西溝村、楊家溝革命史跡に前後して足を運びました。習総書記は循環経済における石炭の総合利用、土地浸食の管理とエコ文明建設の推進、革命旧跡の保護と利用の強化などの状況について報告を聞き取りました。

習総書記、陝西省楡林市を視察

 習総書記は国家エネルギーグループ楡林化工有限公司で、循環型経済の石炭総合利用の状況を視察しました。国家エネルギーグループ楡林化工有限公司は資源から製品まで、さらに再生可能な資源までを含むグリーン発展の道を歩んでおり、廃水、廃塩、排気ガスの新たな処理技術を模索しています。同公司は中国における石炭由来オレフィン関連企業として、廃水の「ほぼゼロ排出」を実現しました。

 習総書記は、「石炭エネルギーの開発は構造転換・グレードアップして、グリーンで低炭素の発展の道を歩むべきだ。それによって資源、エネルギー、環境の限界を超えることはなく、炭素排出のピークアウトやカーボンニュートラルの目標達成に役立つ。また、人類運命共同体の構築にも応えることができ、地球を更に保護できるようになるだろう」と強調しました。

習総書記、陝西省楡林市を視察

 習総書記は米脂県高西溝村では、土壌流失対策とエコ文明建設の推進状況を視察しました。陝西省北部の黄土高原の丘陵と谷が連なる地域にある高西溝村は、かつては土壌の流失が深刻な荒れ果てた場所でした。地元民は1950年代に山の整備や治水の運動を開始しました。地面にひび割れが走る草木のない山間部が、現在では「陝西北部の江南」と呼ばれる土地になりました。

 習総書記は田畑に立ち入り、農作物の生長ぶりを確かめて、陝西省の農家と交流しました。

習総書記、陝西省楡林市を視察

 習総書記は楊家溝革命史跡では、史跡の保護と利用などの状況を視察しました。楊家溝は中国共産党の歴史と中国革命史での重要な地位にあります。楊家溝は、1947年11月22日に毛沢東と周恩来、任弼時が、コードネームを「アジア部」とした中国共産党中央機関を率いて到来し、120日間にわたって滞在した場所です。この楊家溝滞在中に画期的な意義を持つ「十二月会議」が開かれました。(玉華、鈴木、CK)

コメント()

ラジオ番組
9月19日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王玉华