SMC、世界ロボット大会に登場

2021-09-13 17:04  CRI

 2021世界ロボット大会が10日から13日にかけて北京で開催されました。スイスに本社を置くロボット大手のABB、安川電機、日本の空気圧制御機器メーカーであるSMC、および中国の新松ロボット自動化会社などを含む全世界のロボット製造分野の一流企業130社余りが出展し、サービス、工業、特別支援などの分野の最新製品を含む500種余りの展示品やソリューションが展示されました。

SMC、世界ロボット大会に登場

SMCが展示したピアノを弾くロボット

 SMCは中国に進出してすでに27年になり、中国市場を楽観視しています。SMC自動化有限公司の馬清海社長によりますと、昨年、同社の中国市場での営業収入は20%あまり成長し、今年1月から8月までは昨年の同時期に比べて50%増加したとのことです。馬社長は、「世界市場からみて、以前は中国市場の占める比率は5%にも満たなかったが、今年はその比率が30%近くになった。当社の販売高は1996年には数千万元だったが、今年は100億元に達し、百倍も増加した」と述べました。

SMC、世界ロボット大会に登場

取材を受ける馬清海社長

 馬社長はまた、「中国市場には非常に自信を持っている。中国経済は感染症の衝撃を経て、現在は自動車製造などの伝統的な分野でロボット設備を大量に使っているのに加え、新エネルギー業界、半導体業界でのロボットの使用も急速に増えている。私の知っている日本やドイツ、中国の一部のトップ企業は昨年の下半期以降、売れ行きが非常によく、一部の企業はフル生産でも注文に追いつかないそうだ。当社では徐々に生産能力を増やし、研究開発費の投入を拡大している」と語りました。

 世界ロボット大会は2015年に始まり、これまでに6回開催されました。今年、米国ロボット工業会(RIA)、英国工学技術学会(IET)など20あまりの国際組織が招きに応じて支援機関として参加しました。(玉華、坂下)

コメント()

ラジオ番組
9月19日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王玉华