9・11の20年後、「回転ドア」のような米国反テロ

2021-09-11 17:51  CRI

9・11の20年後、「回転ドア」のような米国反テロ

 2001年9月11日、米国で前代未聞の深刻な同時多発テロが発生しました。その後、米国は反撃を行い、反テロの名の下でアフガニスタンに侵入し、タリバン政権を打倒しました。あれから20年経ち、米国による「史上最も長い戦争」に終止符が打たれました。米国はアフガニスタンから慌ただしく撤退することを余儀なくされたほか、かつて厄介者扱いしていたタリバンの政権復帰に、なすすべがありませんでした。

 この戦争は、米国が反テロの旗印を掲げて引き起こしたものでした。しかし、20年の間、反テロを推し進めるにつれて、かえってアフガニスタン国内ではテロ組織の増加に歯止めがかかりませんでした。駐留米軍による行動でアフガニスタンの一般人3万人以上が死亡、6万人以上が負傷、さらに約1100万人が避難生活を余儀なくされました。このアフガニスタン戦争によって、巨大な人道主義の災難がもたらされたとしか言いようがありません。

 米国がアフガニスタンで反テロ活動を繰り広げるのは自国の国家利益を守るためでしたが、過去20年間には2兆ドルを費やして、アフガニスタンに対する「民主的改造」を行っていました。しかし、アフガニスタンの他にも、イラクやシリアも米国による「民主的改造」の不幸から逃れることができませんでした。

 バイデン米大統領はかつて、就任早々に「米国は戻ってきた」と宣言しました。まさにその発言のように、米国は20年間の反テロ戦争を経て、また原点に戻ってきたようです。

コメント()

ラジオ番組
9月19日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
殷絮