AED保有数、日本は10万人当たり約400台、中国は1台

2021-08-19 16:23  CRI

 上海地下鉄の運営会社は18日、今年末までに全駅に自動体外式除細動器(AED、心臓停止患者救命のための装置)を据え付ける予定であることを明らかにしました。総数は500台を超える見通しとのことです。

 中国のAED普及率は先進国と比べで、依然として大きな差があります。統計によれば、日本では現在人口10万人当たり約397台のAEDが設置されていますが、中国ではわずか約1台です。

 中国の主要都市ではここ数年、交通の要所や人の流れが集中する場所で、AEDを据え付ける作業が次々に展開されています。上海市は2015年、中国で先頭を切ってAEDを導入し、昨年1月には全市内の設置数が2700台以上に達しました。深セン地下鉄ではすべての駅にAEDが設置されており、昨年1月までにAEDを利用して10人あまりの命を救うことに成功しました。南京地下鉄は昨年8月、AEDの全範囲カバーが実現し、地下鉄各駅に少なくとも1台、計169台を設置したと発表しました。北京市は2022年末までにすべての軌道交通駅にAEDを据え付ける計画で、深セン市は今後5-10年で、AEDを人口10万人あたり300台、計6万台を設置する計画です。(雲、鈴木)

AED保有数、日本は10万人当たり約400台、中国は1台

上海地下鉄内のAED設備

ラジオ番組
10月29日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
赵芸莎