北京のPM2.5濃度、5年間で50%以上低下

2021-08-19 15:21  CRI

北京のPM2.5濃度、5年間で50%以上低下_fororder_网1图
 

 生態環境部が18日に発表したデータによりますと、北京市では2020年、大気汚染をもたらす有害な微小粒子状物質(PM2.5)の平均濃度が、15年比で50%以上低下しました。

 20年までの5年間、平均濃度は右肩下がりです。15年は1立方メートル当たり80マイクログラム、16年は同73マイクログラム、17年は同58マイクログラム、18年は同51マイクログラム、19年は同42マイクログラム、20年は同38マイクログラムで、下げ幅は52.9%となっています。

 また、北京市で、空気質指数(AQI)が200以上の「重汚染」の日数は、15年の43日に対し、20年は10日と80%近く減りました。

 全国のPM2.5平均濃度は、20年が同37マイクログラムで、15年比で28.8%低下しました。排出基準に満たないガソリン車の淘汰強化、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)を含む「新エネルギー車」の使用普及、企業の排出削減推進、工事現場のほこり対策強化などの措置を講じた効果が現れています。(怡康、柳川)

コメント()

ラジオ番組
10月27日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
张怡康