パーさんが語る「私の故郷・新疆」(前編)~「西側メディアの報道 鵜呑みは禁物」

2021-05-19 00:00  CRI

00:00:00
00:00:00

ご案内:王小燕、斉鵬

パーさんが語る「私の故郷・新疆」(前編)~「西側メディアの報道 鵜呑みは禁物」_fororder_11.JPG
少年時代のパハルディンさん(左1)、祖母といとこたちとの写真

 「これは私の家族です。私には弟がいます。同級生もみんな、きょうだいがいますね。新疆に住む少数民族には『一人っ子政策』が適用されたことがありません。ましてや、ウイグル族の女性が強制的に不妊手術をせられるなどという話は絶対にありえません。信じないでください」

 オンラインチャットで写真を共有しながら、流暢な日本語でそう語るのは、東京在住のウイグル族の青年パハルディンさん(25歳)です。

 仲間からは「パーさん」の愛称で呼ばれる彼は、日本にある「中日青年産学連合会」の運営メンバーの一人。同連合会は最近、新疆ウイグル自治区の問題がメディアで頻繁に取り上げられたことを背景に、日本華人教授会の後援を得て、オンライン講演会「在日のウイグル人青年が故郷の新疆について語る」を開催しました。

 約1時間にわたって開催されたこの講演会には約200人が参加しました。パーさんは自身の体験に基づいて、新疆におけるウイグル族の教育、進学、学校での待遇や、ウイグル族の文化・言語・宗教の扱い、各民族間の交流、それから、14歳の夏に新疆で起こったテロ事件の記憶や、人情味あふれる故郷の人々の思い出など、5つのトピックスについて話してくれました。

 パーさんは鉄道会社の社員の父を持ち、新疆の中心都市ウルムチに生まれ育ちました。子どもの頃は、敬虔なイスラム教徒の祖母に育てられ、祖母からはコーランをよく暗唱して聞かせていたと言います。中学までをウルムチで過ごした彼は、日本のアニメや地元テレビのウイグル語放送のバラエティ番組が大好きな少年でした。

パーさんが語る「私の故郷・新疆」(前編)~「西側メディアの報道 鵜呑みは禁物」_fororder_child.JPG
幼少の時、祖母との写真 「祖母の頭巾に注目してください」とパーさん

 「最初に見た日本のアニメは『母を訪ねて三千里』、なんとウイグル語吹替えバージョンでした。自分も母親とは別れて暮らしていたので、大変心打たれました。また、映画『ハリーポッター』もウイグル語で見ました」と少年時代を振り返ります。

 2010年、中学三年になった彼は、沿岸部各省の名門高校の新疆出身生徒向けの特別開設クラスに進学すべく、猛勉強をしていました。合格すれば学費も生活費もすべて免除されるという好条件のため、その年は募集枠6千人に対し、応募者3万人だったそうです。それでも、パーさんは合格率20%の難関に見事合格し、広東省の高校に配属されました。

 高校卒業後は北京語言大学の日本語学科に進学し、北京で過ごしました。その間、日本への交換留学を経て、日本に残って就職しました。

 「日本語学科だったので、周囲に日本で働きたいと考える友人は多いです。私が日本での体験をSNSでシェアすると、うらやましがられます。コロナが終息したら、自分も日本に行って就職したいと言う人は結構いますよ」

 パーさんは自身のことだけでなく、ウイグル族の同年代の話や、新疆のインフラ整備の現状、友人の結婚式の模様なども話の流れで紹介してくれました。

パーさんが語る「私の故郷・新疆」(前編)~「西側メディアの報道 鵜呑みは禁物」_fororder_0429_4
ウイグル族の友達と共に 

 ところで、パーさんは言語の達人です。「何種類の言葉ができますか」と聞くと、驚きの答えが返ってきました。

 「最初に覚えたのはもちろんウイグル語ですが、その後は漢族の共通語、広東省の高校時代に覚えた広東語、大学の専攻である日本語に、英語、トルコ語も話せます」――さらに、「コーラン」で覚えたというアラビア語の挨拶も聞かせてくれました。

 今や47の民族を擁する新疆は昔から13の民族が暮らす、多言語・多民族のエリアとして知られます。生まれながらにしてこのような環境で育った人にとっては、複数の言葉が話せるというのはそう珍しいことでもないのかもしれません。そう思わせるくらい、自分が話せる言葉について淡々と紹介するパーさんの様子が印象的でした。そして、言葉に関してはこんなエピソードも明かしてくれました。

「新疆には『新疆弁』とも言える独特の言葉があります。それはウイグル語ではなく、新疆の少数民族の単語がふんだんに使われる漢民族の方言なのです。新疆には今も漢民族の共通語が話せない少数民族がいますので、公務員志向の受験生は、少数民族の言葉も話せると非常に有利なのです」

パーさんが語る「私の故郷・新疆」(前編)~「西側メディアの報道 鵜呑みは禁物」_fororder_Psan.JPG
パハルディンさん

 「CRIインタビュー」では、中日青年産学連合会とパハルディンさん(パーさん)のご協力を受け、オンライン講演会の模様を抜粋して今週と来週の2回に分けてお届けします。

 前編では、パーさんが体験したウイグル族の教育事情や、新疆における伝統文化の保護状況、異なる民族間の交流の様子についてご紹介します。

 自然体で身近の話を、それも日本語で語るウイグル青年のお話、ぜひお聞き逃しのないように。

(文責:王小燕 写真提供:パハルディンさん)

◆ ◆

 この番組をお聞きになってのご意見やご感想をぜひお聞かせください。メールアドレスはnihao2180@cri.com.cn、お手紙は【郵便番号100040 中国北京市石景山路甲16号中国国際放送局日本語部】もしくは【〒152-8691 東京都目黒郵便局私書箱78号 中国国際放送局東京支局】までにお願いいたします。皆さんからのメールやお便りをお待ちしております。

 

コメント()

ラジオ番組
10月20日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王小燕