米国が恥ずべき5つの人権問題=新華社通信社説

2021-04-17 15:36  CRI

米国が恥ずべき5つの人権問題=新華社通信社説_fororder_微信图片_20210417101841

 新華社通信は16日、自らのことを「人権の手本」と標榜する米国には、植民主義、人種差別、騒動の輸出、干渉主義、ダブルスタンダードなど五つの面で人権問題がみられるとした社説を発表しました。その主な内容をピックアップして紹介します。

米国が恥ずべき5つの人権問題=新華社通信社説_fororder_微信图片_202104171018411

 まずは、植民の歴史について。米国の歴史を振り返りますと、土地と資源を略奪するためにインディアンに人種虐殺(ジェノサイド)を行いました。奴隷貿易は消すことのできない歴史的汚点です。

米国が恥ずべき5つの人権問題=新華社通信社説_fororder_微信图片_202104171018412

 次に、米警察の暴力的な法執行がもたらす「息ができない」人種差別です。アジア系住民を狙ったヘイトクライムにも胸が痛みます。

 さらに、2001年以来、米国は「テロ取り締まり」の名のもとで、約80カ国で戦争を起こし、軍事行動を展開し、80万人以上の人が命を落としました。

 そして、「主権よりも人権」を旗印に、武力の優位性にものを言わせて、他国の干渉に乗り出しています。

米国が恥ずべき5つの人権問題=新華社通信社説_fororder_微信图片_202104171018413

 米国はまた、自由貿易の名を借りて、保護貿易を実施しています。米国式のダブルスタンダードは他国にも自身にも害をもたらしています。

 社説はまた、米国は傲慢と偏見を捨てて、自身を直視・検視し、適切な対策を講じて改善するよう忠告しました。(ヒガシ、Yan)

コメント()

ラジオ番組
12月5日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
马玥