「嫦娥4号」が目覚める 29回目の月の昼の作業期間に

2021-04-08 12:38  CRI

「嫦娥4号」が目覚める 29回目の月の昼の作業期間に_fororder_网1-1

月探査車「玉兎2号」の巡視路線図

 国家航天局によりますと、月探査機「嫦娥4号」の着陸機と探査車「玉兎2号」はそれぞれ、6日午後9時43分と午前3時54分に、月の夜の休眠を終え、光の照射を受けて目覚め、29回目の月の昼の作業期間に入りました。「嫦娥4号」はこれまでに月の裏側で、地球の日数にして825日を過ごしています。

「嫦娥4号」が目覚める 29回目の月の昼の作業期間に_fororder_网1-2

最も近い玄武岩に覆われたエリア(赤い線で囲まれたエリア)

 今回の昼の作業期間内に、「嫦娥4号」の着陸機と探査車「玉兎2号」はパノラマカメラによる360度撮影、空中可視/赤外線イメージング分光計(AVIRIS)によるキャリブレーションと科学探査、中性原子探査機(ASAN)による科学探査、走行中における月探査レーダーによる走行路線と区域の同時探査という四つの作業を行うとのことです。(玉華、柳川)

コメント()

ラジオ番組
4月17日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王玉华