三星堆遺跡から驚きが続々と

2021-03-24 11:54  CRI

三星堆遺跡から驚きが続々と_fororder_网3-1

青銅の仮面

三星堆遺跡から驚きが続々と_fororder_网3-2

三星堆仮面

 四川省広漢市にある三星堆遺跡で34年ぶりとなる考古活動の発掘調査が行われています。中国考古学会理事長兼中国社会科学院学部委員の王巍氏は、「発掘は2カ月しか行われていないが、数多くの発見ができた。特にこれまで見たことのない種類の器類はサイズが大きく、古代四川文明の解明の新たな資料となっている」と指摘しました。

 三星堆遺跡が「異星文化」かどうかについて、王委員は「その可能性はない。青銅の仮面の目元の部分はデザインがとても誇張されているが、古代の人はそれを神様としただけで、当時の人間のそのままの様子ではない」と説明しました。

 三星堆遺跡から出土した仮面と彫刻はモンゴロイドには似ていないため、チグリス川とユーフラテス川流域にあるシュメール文明から由来したとの見方もあります。これについて、王委員は否定的な判断を下し、「仮面は角張った顔の形なので、典型的な四川の人たちの顔だ」と話しました。

 今後、文化財の修復現場は見学できるかどうかについて、王委員は「発掘、科学研究、保護の一体化のテストを行っている。三星堆遺跡はその条件を持っているため、今後は可能だろう」と分析しました。

 また、王委員は「三星堆遺跡から出土した文化財は大きく2種類に分けることができる。一つは人物像、仮面など古代四川文明の特色を持つものだ。もう一つは夏商時期の装飾的な器と同様の『青銅尊』という器物で、中原王朝の系統のものだ。このことは中華文明が多様的で統一されたものであることを物語っている」と説明しました。(殷、浅野)

コメント()

ラジオ番組
4月17日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
殷絮