「未来へつなげ 震災で結ばれた若き絆」中日青年がオンライン交流会

2021-03-08 15:25  CRI

「未来へつなげ 震災で結ばれた若き絆」中日青年がオンライン交流会_fororder_F图2

日本の青年が震災後の写真を見せる

 東日本大震災発生10周年を記念し、中日両国の青年の交流と相互理解を促進し、中日友好の継承者を育てるため、駐日中国大使館は7日、東日本大震災10周年中日青年オンライン交流会を開きました。

 2011年3月11日の震災発生後、中国政府に休養旅行に招待された日本の青年の代表と当時の交流事業に携わった中国側の青年の代表計10人余りがオンラインで交流し、その時の思い出、その後の成長の中での経験、中日友好と青年交流に対する認識と期待について話し合いました。

「未来へつなげ 震災で結ばれた若き絆」中日青年がオンライン交流会_fororder_F图1

駐日中国大使館の孔鉉佑大使がビデオメッセージを送る

 駐日中国大使館の孔鉉佑大使はビデオメッセージを送り、「10年前に起きた地震を経験したことで、日本の被災地の多くの青少年が大人となり、中日両国の青少年が繋がるようになった。中日友好の基礎は民間にあり、未来は青年の手に握られている。皆さんが中日の世代友好を受け継ぐ歴史的使命を担って、中日の交流と協力を推進する中で成長し、夢を叶えることを心から願う」と述べました。

 一方、元中国駐在大使であり、日中友好会館会長代行を務める宮本雄二氏は、「2008年に四川大地震、2011年に東日本大震災が起きた時、中日双方が互いに支援し合ったことは、両国国民の間の相互理解と友情を深めた。中日双方が防災や疫病予防などの分野でさらに協力を強化することを期待する」との考えを示しました。

 宮本氏はまた、「この交流をきっかけに、防災分野における日中協力がさらに深まることを期待する。そして、日中の協力がアジア、世界へと広がっていくことを期待している」と指摘しました。(任春生、浅野)

コメント()

ラジオ番組
4月17日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
任春生