マカオで住民への新型コロナワクチン接種を開始

2021-02-23 11:55  CRI

 マカオの全住民は22日午前9時から、設置された12カ所の接種ステーションで新型コロナワクチンを無料で接種することができ、予約が殺到しています。

 現在のところ、12カ所の接種ステーションで毎日5000人の接種を行うことが可能です。地元住民はQRコードを読み取るだけで、ネット上で接種の予約をすることができます。

マカオで住民への新型コロナワクチン接種を開始_fororder_C

 マカオ特別行政区政府の新型コロナワクチン接種は3段階に分けて実施され、まず第一線の医療関係者や、職業柄感染の危険度が高い人たちに優先して接種し、次に第2、第3段階として一般住民、および他地域からの被雇用者や、頻繁にマカオに出入りする他地域の住民が対象となります。

 マカオ衛生局の新型コロナワクチン接種コーディネーター、戴華浩氏は「接種の初日には2500人以上がオンラインで予約した。これまでのところ予約は既に1万5000人を超えており、最も予約数が多いのは中国国薬集団(シノファーム)製のワクチンだ」と述べました。

 シノファームが開発した新型コロナウイルスの不活化ワクチン10万回分は2月6日、中央政府の支援によってマカオに到着し、マカオでは9日から接種プランを実行に移すと共に住民の予約を受け付けています。第二陣のシノファームのワクチン40万回分は、近日中にマカオに到着する予定だということです。(殷、坂下)

コメント()

ラジオ番組
3月6日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
殷絮