春節期間中の映画興収が65億元超に

2021-02-18 12:53  CRI

 国家映画局の大まかな統計によりますと、16日までの時点で、中国映画市場の2021年度の興行収入は100億元を突破し、うち国産映画が96%以上を占めました。中でも、2021春節(旧正月)の興行収入だけでも、16日午後14時までの時点で65億元を突破し、中国映画史上の1日当たりの興行収入、世界の単一市場での1日当たり興行収入など、複数の記録を塗り替えたとのことです。

 「今いる場所で春節を過ごそう」という呼びかけのもと、丑年の春節映画興行が高く注目されてきました。2月14日(旧正月3日)当日の興行収入は15億元に迫り、旧正月4日の1日当たりの興行収入は11億8000万元に達し、旧正月1日から5日までの5日間は、中国映画市場史上初の5日連続で興行収入が10億元を突破した日が続いていました。リアルタイムで公開されたデータによりますと、2月16日14時時点で、2021春節(旧正月)の総興行収入は65億元を突破し、それまでの最高だった2019年春節の58億5900万元を刷新しました。

 エンターテインメント系ウェブサイト「猫眼電影」の最新データによりますと、2月16日午前10時現在、今年の春節(旧正月)の興行収入は65億元を超え、過去最高となりました。16日までの2021年度の中国映画興収がすでに100億元に迫り、トップ5は『唐人街探案3(僕はチャイナタウンの名探偵3)』(27億元)、『你好,李煥英(Hi、 Mom)』(13億600万元)、『送你一朶小紅花(A Little Red Flower)』(11億9500万元)、『SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班(原題:拆弾専家)』(7億700万元)、『温暖的抱抱 (Warm Hug)』(6億6900万元)の順となっています。(雲、Yan)

春節期間中の映画興収が65億元超に_fororder_555

 

コメント()

ラジオ番組
3月6日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
赵芸莎