台湾同胞は新型コロナワクチン接種の選択権を持つ=国務院

2021-01-13 16:40  CRI

 国務院台湾事務弁公室の13日の定例記者会見で、朱鳳蓮報道官は記者の質問に答えた際に、新型コロナウイルスワクチンの接種は完全に自発的に申請することを前提として行われ、台湾同胞は接種について選択権を持つと述べました。

 記者会見で、台湾大陸委員会が、大陸部で販売が承認された新型コロナワクチンの有効性や保護力などの情報はまだ公開されておらず、大陸部にいる台湾同胞は接種の必要性を慎重に考慮すべきだと主張したことについて、記者が質問しました。

 これについて朱報道官は、「2020年12月、国家薬品監督管理局は正式に条件付きで中国国薬集団中国生物が生産する新型コロナの不活化ワクチンの販売申請を承認した。既存のデータによると、その保護効力は世界保健機関(WHO)及び国家薬品監督管理局の関連基準の要求に達している。ワクチン接種は完全に自発的な申請であること、同意を得ていることを前提に行われ、台湾同胞はワクチンを接種するかどうかに対しての選択権を持つ。また、接種した人がウイルスを拡散するリスクがなくなったことを示す証拠はなく、ワクチンを接種した人も同様の予防措置をとる必要があるとWHOの専門家は指摘している」と述べました。

 また、台湾の企業家がワクチンを接種して大陸部に戻った場合、隔離日数を短縮できるかどうか、大陸部にいる台湾同胞は無料で新型コロナワクチンを接種できるかどうかなどの質問に対し、朱報道官は、「現在、各地で新型コロナウイルスワクチンの接種が段階的に秩序立って行われており、大陸部にいる台湾同胞を含む条件に合致する人々に対して適切な手配が行われている。費用の問題については、現在、広西チワン族自治区、アモイなどにいる一部の台湾同胞がすでにワクチンを接種している場合、個人が費用を負担する必要はない」と答えました。(RYU、浅野)

コメント()

ラジオ番組
1月23日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
刘睿