人権や宗教を口実にした誹謗中傷を停止せよ=外交部

2021-01-11 22:08  CRI

 米国務省のサム・ブラウンバック国際宗教自由大使が新疆問題で中国を非難したことを受け、外交部の趙立堅報道官は11日の定例記者会見で、「ブラウンバック氏らには、国際社会から笑い草にされないように、米国自身のことにもっと力を入れてほしい。人権や宗教などを口実にした中国への中傷や、中国に対する内政干渉を止めるよう求める」と述べました。

 そのうえで、「ブラウンバック氏は宗教に関する問題において、長きにわたって中国に偏見を抱いており、いつも新疆に関連する事柄につけ込んで、中国の顔に泥を塗ろうとしている。さらに、「反中国」の政治屋や学者と共に、新疆で大規模な強制収容や強制労働、強制不妊が行われているなどと多くのデマを流してきた」と述べました。(鵬、Yan)

コメント()

ラジオ番組
1月23日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
齐鹏