世界経済の成長率、2021年は4%に=世界銀行

2021-01-06 13:29  CRI

 世界銀行は5日、最新の「世界経済見通し」を発表し、「新型コロナウイルス感染症のワクチンが広く普及した場合、2021年の世界経済は4%の成長が見込まれる」としています。

 世銀は、世界経済は20年にマイナス4.3%を記録した後、21年に成長に転じることが見込まれるが、新型コロナウイルス感染症の世界的流行により、新たに数百万人を貧困状態へと陥らせた上、経済活動と所得を長期にわたって低迷させる恐れがあるとしています。経済の再建を支援するための各国当局の短期的な優先的政策課題として、新型コロナウイルス感染症の広がりを抑え、ワクチンを迅速かつ広範に供給する体制を確立するとともに、従来と比べて政府債務に依存しない形での持続可能な成長に向けた再投資サイクルを整備する必要があるとしています。

 世銀は、先進国の経済規模縮小が予想を下回り、中国の景気回復が予想以上に強力であることが主な要因となり、20年の世界全体の景気後退は、当初の見通しよりもわずかに小幅になるとみられるとしています。20年の成長率は、先進国がマイナス5.4%、新興国・発展途上国がマイナス2.6%、米国がマイナス3.6%、中国は2%と予測しています。21年の成長率は、先進国が3.3%、新興国・発展途上国が5%、米国が3.5%、ユーロ圏が3.6%、中国は7.9%になる見通しを示しています。(朱、柳川)

 

コメント()

ラジオ番組
1月23日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
朱丹阳