中国の炭素排出権取引、初の約束履行期間が開始

2021-01-06 15:47  CRI

 生態環境部は5日、「炭素排出権取引管理弁法(試行)」を公表し、排出量の割り当て方法と対象となる重点排出企業のリストを発表しました。これは、今年1月1日から、中国の炭素排出権取引市場における電力業界の最初の約束履行期間が始まったことを意味します。炭素排出量は電力企業2225社に割り当てられます。

 生態環境部気候変動対応局の李高局長は今回発表された「管理弁法」について、「管理弁法は各レベルの生態環境管理機関と市場主体の責任、権利と義務、全国炭素排出権取引市場の運営の鍵となる部分や関連作業についての規定を定めたもので、今回、排出量の割り当てが実施される対象は、年間排出量2万6000トン(二酸化炭素換算)までの電力会社である」と述べました。

 さらに、「排出量は業界の高度な排出水準を基準として無料で割り当てられ、企業の生産高と関連付けられており、優れた企業を奨励し、立ち遅れた企業には罰則を与えることを具体的に示している。削減の主体は企業であり、中国が国家レベルで温室効果ガス排出削減の責任を企業に担わせるのは、今回が初めてである」と説明しました。(鵬、坂下)

コメント()

ラジオ番組
1月23日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
齐鹏