中華圏映画音楽特集 第4弾

2020-11-30 22:25  CRI

00:00:00
00:00:00

中華圏映画音楽特集 第4弾

 映画は音と画面の芸術と言われます。優れた映画は音楽と画面の調和の美しさを表現し、素晴らしい映画音楽は観客に映画を見終えてから、音楽を忘れさせるとも言われます。音楽に対する印象が深くて、映画を無視すれば、それは映画音楽としては失敗なのです。そのため、多くの優れた映画作品の中で、映画音楽はあまり自己主張をしません。今回の中国メロディーは素朴で魅力溢れる映画音楽をご紹介しましょう。

「さらば復讐の狼たちよ」

 「さらば復讐の狼たちよ」は2010年に上映された映画で、監督・主演はチアン・ウェン。辛亥革命後の混沌とした中国を舞台に、主人公で・盗賊のリーダー、チャンが知事になりすまして町へ赴任し、街を支配する巨悪・ホアンと激闘を繰り広げる物語です。

 映画のテーマソング「陽もまた昇る」は日本の久石譲が作曲し、映画の中で何度も流れますが、洗練された旋律の中に起伏の富んだ物語が隠されています。壮大なメロディーには男性の英雄主義的なコンプレックスが含まれており、映画のテーマにぴったりです。

帰来(妻への家路)

 映画「妻への家路」はチャン・イーモウ監督の2014年の作品で、文化大革命時代に労働改造送りになった夫と夫の帰りを待ち続ける妻の、年老いた夫婦の純愛がテーマになっています。

 作曲家・陳其鋼(チェン・チーガン)は5カ月にわたってこの映画のために音楽を作りました。チェン・チーガンの作品には温かみと歳月の重さがあり、映画の雰囲気にぴったりです。特に、ピアニストラン・ランの演奏は静かで穏やかなメロディーの中に訴えきれないほどの悲しみが感じられます。

「あの子を探して」

 「あの子を探して」はチャン・イーモウ監督のもう一つの名作、1999年ヴェネツィア国際映画祭グランプリ受賞作品です。映画は小学校の代用教員となった少女ウェイが出稼ぎに行ってしまった一人の生徒を探すために奔走する姿とその顛末をナチュラルなユーモアで描き出しています。

 映画の音楽担当はサン・バオという作曲家。作品は西部地域の伝統音楽の風情に富んでいて、笛、二胡、パイプなどの民族楽器が奏でる素朴で切ないメロディーはとても感動的です。笛の抑揚ある音色は人間の声とよく似ており、ヒロインウェイが自分の生徒を見つけたいという思いを叫んでいるようです。一方、二胡の叙情的な音色はヒロインの焦りと不安の気持ちを十分に表しています。テーマ音楽はストーリーとうまく融合し、映画に価値ある貢献をしています。

コメント()

ラジオ番組
1月23日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
黄竞