<APECサミット>習主席、第27回非公式首脳会議で演説

2020-11-20 22:30  CRI

 習近平国家主席は20日夜、ビデオ会議の形で開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)第27回非公式首脳会議に北京市内で参加し、重要な演説を行いました。

 習主席は、「APECの今年の重要任務の一つは、2020年以降の協力ビジョンを立ち上げることだ。我々はアジア太平洋共同体を共に作るという目標を設定した。これを新たな出発点として、開放的、包容力ある、イノベーション型成長の、相互に連結した、協力とウィンウィンのアジア太平洋運命共同体を共に構築すべきだ。アジア太平洋地域は平和と安定、多国間主義を断固として守り、開放型の世界経済を構築し、世界貿易機関(WTO)を中心とした多国間貿易体制を動揺することなく擁護し、自由で開放的な貿易と投資を推進し、経済のグローバル化をより開放的で包容力のある、広く恩恵をもたらし、バランスのとれた、ウィンウィンの方向に導いていく必要がある」と述べた上で、「中国は、地域包括的経済連携(RCEP)協定の締結を歓迎し、環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP)への加入を積極的に検討する」ことを明らかにしました。

 習主席はまた、「『APECインターネットとデジタル経済』のロードマップを全面的に実現し、新技術の普及や運用を促進し、デジタルインフラの建設を強化して、『デジタル・ギャップ』を解消していくべきだ。中国は、各方面がデジタル技術を活かした新型コロナウイルス対策や経済回復の経験を分かち合うことを提唱し、デジタルビジネス環境の最適化やデジタル経済の潜在力の掘り起こしによって、アジア太平洋地域の経済回復に新たな原動力を注ぐことを提案する。中国は来年、デジタル貧困撲滅シンポジウムを主催する予定であり、デジタル技術の優位性を 活かしてアジア太平洋地域の貧困撲滅事業に助力していきたい」と述べました。

 習主席はさらに、「我々は新型コロナウイルスワクチンについての研究開発や交流を強化し、発展途上国にとってワクチンを普及させることができ、負担ができるようになるように進めていかねばならない。中国は公衆衛生や中小及び零細企業などの分野でのAPECにおける政策交流や能力の強化を支持する。また、リモート医療を提唱し、貧しい人々や辺境地帯に住む人々がタイムリーかつ効果ある医療を受けられるようにすることや、新型コロナウイルス対策での協力や経済回復に助力していきたい」と表明しました。(鵬、藍、鈴木)

コメント()

ラジオ番組
11月28日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
齐鹏