世界の貧困撲滅事業を継続推進=外交部

2020-11-20 20:57  CRI

 外交部の趙立堅報道官は20日、北京市内で行われた定例記者会見で「中国は引き続き、世界の貧困撲滅事業を推進し、貧困撲滅に関する経験についての交流を強化し、この分野における国際的な協力を促していく」と述べました。

 報道によりますと、世界銀行は最近、2020年には全世界の1人当たりの収入が3.6%減少し、8800万から1億1500万人がコロナ禍を原因として極度の貧困に陥ると見込んでいると発表しました。趙報道官はこのことについて、「中国は今年、現行の基準で貧困に分類されるすべての農村人口を貧困から脱出させる。このことで、国連による持続可能な開発のための2030アジェンダが示した貧困撲滅目標を、10年先行して実現させることになる。全世界範囲での貧困撲滅や平和発展の実現に対しての歴史的な貢献になるだろう」と説明しました。

 趙報道官はまた、「中国は自らの貧困撲滅プロセスを推進しつつ、可能な限りの力で発展途上国を支援し、『一帯一路』の共同建設と2030アジェンダとの接合を一貫して深化させている。世界銀行のリポートは、『一帯一路』構想の実施によって760万人が極度の貧困から、3200万人が中程度の貧困から脱出できると見込んでいる」と述べました。(藍、鈴木)

コメント()

ラジオ番組
11月28日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
齐鹏