第3回アジア国際美酒コンテスト「SAKE CHINA」日本酒品評会が開催=上海

2020-10-30 17:12  CRI

  第3回アジア国際美酒コンテスト「SAKE CHINA」日本酒品評会が10月30日、上海に位置するガーデンホテルで開催されました。このイベントは中日文化交流の促進と、中国の人々に日本酒の美味しさを幅広く伝えることを目的として2018年から始まり、これまでは北京で行われていましたが、今回は上海での初開催となりました。 

第3回アジア国際美酒コンテスト「SAKE CHINA」日本酒品評会が開催=上海

 コロナ抑制・防止のため、今年は飛沫伝染防止に配慮してアクリル板が設けられ、ソーシャルディスタンスの距離を60CMから80CMに調整し、さらに試飲のコメントを記入する解答紙や、共用の鉛筆などの替わりに、スマートフォンによる操作システムを導入しました。

第3回アジア国際美酒コンテスト「SAKE CHINA」日本酒品評会が開催=上海

 実行委員会によりますと、今年は29蔵の日本酒メーカーから応募があり、合わせて100銘柄あまりの日本酒が中国人参加者たちに品評されるということです。イベントは10月30日(金)から11月1日(日)までの3日間にわたり行われます。投票により、金賞、プラチナ賞、特別賞が選ばれます。結果は11月2日以降、スマートフォンで確認することができます。

 品評会に参加した余さんは在上海日本国総領事館のホームページからイベントの情報を知り、一ヶ月前に応募しました。インタビューを受けた際、日本酒について、「今日は6種類の日本酒を試飲したが、それぞれ味が違う。年間で5、6回日本酒を飲む機会があり、個人的に甘口が好み。味がさっぱりして、特に冷やが大好き」と語りました。さらに、イベントのコロナ対策については、「心配はしていない。上海も安全だから日本の主催側もしっかりしていると思う」とコメントしました。

第3回アジア国際美酒コンテスト「SAKE CHINA」日本酒品評会が開催=上海

 このイベントは、中国食品工業協会、一般社団法人全日本コメ・コメ関連食品輸出促進協議会、日本料理普及促進会が共同で主催し、日本大使館、ジェトロ北京、自治体国際化協会、中国日本商会の後援により開催されたものです。(取材:とんとん、閔亦氷、馬玥)

コメント()

ラジオ番組
11月28日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
闵亦冰