高齢者介護サービスの向上を目指す=北京

2020-10-26 12:16  CRI

 25日は敬老の日に当たる重陽節でした。北京市は高齢者介護サービスの向上を図るため様々な対策を講じていることが分かりました。

 今年の重陽節に合わせ、北京市高齢者委員会と北京高齢者協会が北京の高齢者に関する報告書を発表しました。それによりますと、2019年、北京の登録永住者の平均寿命は82.31歳で、60歳以上の在住者は370万人を超え、中でもセンテナリアン(100歳以上の長寿者)は1000人以上に上ったということです。

 市内の高齢者の約9割が自宅で生活しているため、市政府は地域レベルで高齢者をサポートする特別対策を講じるようになりました。2019年末までに、政府は市内に約300カ所のコミュニティ・ケア・センターと約1000カ所のサービス・ステーションを建設し、地域の高齢者サービスの充実化を図っています。(ミン・イヒョウ、浅野)

コメント()

ラジオ番組
1月23日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
闵亦冰