中国のデジタル経済、発展の在り方に四つの特徴

2020-10-13 14:36  CRI

中国のデジタル経済、発展の在り方に四つの特徴_fororder_F

 国家発展改革委員会は12日、福建省福州市で行われている第3回デジタル中国建設サミットで、「デジタル経済の100項目の応用場所に関する報告」を発表し、中国のデジタル経済はグリーンで急速に発展しており、大きな潜在力があると指摘しました。

 報告は、中国のデジタル経済の新業態や新様式には四つの発展状況が見られるとまとめました。

 第一に、オンラインサービスという新たな様式が盛んになっており、消費の新市場を活発にしていることです。ビッグデータや人工知能(AI)などの新興技術は生産や物流、小売り、教育、医療、都市のガバナンスなどの分野での利用が加速しています。統計によりますと、2019年、全国のデジタルビジネスを提供するサービスのプラットフォームの取引総額は34兆8100億元(約543兆6500億円)に達しました。また、2011~2019年の年平均成長率(CAGR)が 20%を超えたということです。

 第二に、産業のデジタル化のモデルチェンジが加速し、実体経済の新しい原動力を増強させていることです。

 第三に、新たな私経済が急速に発展し、消費と就業の空間を増加させたことです。

 第四に、シェア経済の新業態が絶えず生まれ、生産要素の供給に新しい様式が生まれていることです。(藍、藤井)

コメント()

ラジオ番組
10月19日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
马玥