中国 データ保護世界的ルール策定の共同推進を呼びかける

2020-10-13 20:17  CRI

 外国メディアの報道によりますと、「ファイブアイズ」が日本、インドと連携して、シグナルやテレグラムなどのテクノロジー企業に対して、法執行機関にアクセス権限を提供し、サイバー犯罪を監視するため、暗号化されたアプリケーションにバックドアを設置することを要請したことがわかりました。

 これについて、趙立堅報道官は、13日の外交部定例記者会見で、「『ファイブアイズ』は長期にわたって、何の証拠もない中、中国企業が開発したソフトウェアにバックドアを設置し、サプライチェーンの安全と個人のプライバシーを脅かすと非難している。しかし、『ファイブアイズ』の今回の企業側への要請は典型的な二重基準ではないか?」と疑問を投げかけました。また、「この二重基準が『ファイブアイズ』と連携する国々の偽善を露呈しているほか、それらの国が完全に政治的な目的で関連措置を取り、他国企業を抑圧することを目的としていることが再度証明された」と述べました。

 中国は最近「グローバルデータセキュリティイニシアチブ」を唱え、IT企業がその製品やサービスなどにバックドアを設置しないよう呼びかけています。また、関係側に対しては、「グローバルデータセキュリティルール」を支持し、データセキュリティの世界的ルールの策定を共同推進し、ともにインターネットのセキュリティを守ることを呼びかけています。(任春生、CK)

コメント()

ラジオ番組
10月19日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
任春生