米国の他国企業圧迫はいじめ行為=専門家

2020-10-01 23:07  CRI

米国の他国企業圧迫はいじめ行為=専門家

 米コロンビア特別区連邦地方裁判所は9月27日、TikTokをアプリストアから外すことに関する米政府の行政命令の実施を見送る判決を下しました。

 これについて、関連分野の専門家は、米国がTikTok問題を繰り返しており、米政府が別の理由でTikTokに圧力をかけるかどうかをさらに見守り続ける必要があると見ています。TikTokは一例にすぎず、米国がむやみに他国企業を圧迫しているという証拠がこれまで出ていないため、今後、米国が同様の理由で他国企業を疑う可能性があります。

 米連邦裁判所が政府のTikTok行政令の否決を裁定したことについて、中国情報安全研究院の左暁棟副院長は、「これはポジティブな現象だが、最終的な結果ではない」と述べました。アメリカ政府は目的を達成しないかぎり攻撃的行為をやめることはなく、裁判所が下した一つの判決によって当初の計画を変更することもないと見られています。

 今後も、米国が同じ理由で他の他国企業を疑う可能性があります。このようなむやみな他国企業圧迫は、実質的には新技術に打撃を与え、人類社会文明の発展に背く行為です。このようなやり方は米国にある外資系企業自身の合法的な運営に影響を与えるだけでなく、米国本土のユーザーがインターネットサービスを利用する権利も制限しています。これは米国政府が少数の政治家の目的を達成するために、情報技術を享受する国民の権利を犠牲にする行為であり、非常に偏執的であると言えます。

 TikTok事件は中米両国だけでなく、国際社会も非常に注目しています。米国がどのように中国の科学技術企業の台頭を見、中米の科学技術企業がどのように新しい時期に共存するのか、これらの問題は未来のグローバル革新生態、グローバルサプライチェーン体系の再編に対して重大な影響を与えます。

 ハーバード・ビジネス・レビュー誌は、「TikTok禁止令は、米国がもはやグローバル・ビジネスの保障者ではなく、グローバル・ビジネスの潜在的な脅威であることをさらに示しており、この観念は世界経済を大きく再構築し、米国企業を危険にさらしている」とコメントしました。

コメント()

ラジオ番組
10月21日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
李阳