ヴェネツィア国際映画祭に今年唯一出品の中国映画に注目

2020-09-07 08:27  CRI

 カンヌ、ベルリンと並んで世界三大映画祭の一つに数えられ、毎年イタリア北部・ヴェネツィアのリド島で開催されるヴェネツィア国際映画祭、77回目となる今年は9月2日から開催されています。そのうち、映画の新しいトレンドを紹介する目的で設置されたオリゾンティ部門に、唯一の中国映画として出品された『不止不休(The Best Is Yet To Come)』が注目を集めています。

ヴェネツィア国際映画祭に今年唯一出品の中国映画に注目_fororder_1508208492

 本作は実話に基づいて制作されたもので、17年前、新聞や雑誌など紙メディアが王道であった時代を舞台に、田舎の青年・韓東が記者として世界に立ち向かう様子を描く成長ストーリーとなっています。若手監督、王晶(ワン・ジン)のデビュー作で、『大閙天竺 (Buddies in India)』(2017)や『被光抓走的人(Gone With The Light)』(2019)などの白客(バイ・カー)、馮小剛(フォン・シャオガン)作品『芳華-Youth-』で鮮烈なデビューを飾った若手女優の苗苗(ミャオ・ミャオ)、今年大ブレイクしたドラマ『隠秘的角落(The Bad Kids)』で脚光を浴びた演技派の張頌文(チャン・ソンウェン)など話題性満点のキャスト陣が出演しており、あの賈樟柯(ジャ・ジャンクー)がプロデューサーを務めています。オリゾンティ賞受賞となるかどうか、結果は12日に発表されます。(ミン・イヒョウ、謙)

コメント()

ラジオ番組
11月25日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
佟同