2020年8月26日放送のお便り紹介

2020-08-26 09:08  CRI

2020年8月26日放送のお便り紹介_fororder_IMG00541(1) (1)
2020年8月26日放送のお便り紹介_fororder_22

①東京都大田区    三輪 徳尋

今年も8月15日を迎えて、政府主催の戦没者追悼式典が催されました。関連する報道では、「被爆者健康手帳」を持つ全国の被爆者の減少、平均年齢の高齢化、原爆の体験をどう伝承していくのかが課題であると報じていました。核兵器が使用された現場でのリアルな体験を伝える「被爆体験」は、核兵器の凄惨さを伝え、再び核兵器使用されるようなことを繰り返さないという世論をつくることに寄与しているものと思います。

「体験を継承」する話の殆どは8月9日に投下された時のことから始まります。その語りを聞きながら、その悲惨なリアルを伝えることだけが体験の継承なのかと疑問を感じることがあります。広島市は明治時代から海外へ陸軍兵隊を送り出す拠点であり、軍隊の都市として、幾度の戦争によって大きく発展し、戦況が悪化するまではとても栄えていたことで地域の住民も様々な恩恵を得ていたこと、不足する労働力を補うために強制的に連行してきた中国をはじめとするアジアの国々の人たちを多く見かけていたこと、原爆によって大きな傷を受けた犠牲者に日本語を話せない人が数多くいました。「なぜ広島、長崎に原爆が投下されたのか?」という理由や「原爆の犠牲になった、望まずして訪日した中国や朝鮮半島の人たちが数多いた」という事実などを体験談から検証し総括すること、それこそが本当の意味での原爆体験を継承するものだと思います。広島、長崎に投下された原子爆弾で命を落とした中国人の遺族が語る原爆に対する思いや、被爆者として、日本に留まり辛酸をなめ、苦労された中国の方々が体験された話こそ、日本人が平和を求めるためになすべき「体験を継承」に値する「語り」であると思います。

 

②埼玉県比企郡     松本 卓也

CRI中国国際放送局日本語部のみなさま、いつもお世話になっています。

今日は日中平和友好条約締結42周年記念日とのことですが、私は北京放送を1975年から聴いています。中休み期間も結構ありましたが通算で45年目、平和友好条約締結の時の北京放送も覚えています。さきほど、当時のスクラップブックを見ていたら、平和友好条約締結の記念切手を貼った北京放送からの返信封筒がありましたので、画像を添付させていただきます。

中国は、1975年に私が日本語放送を聴取しはじめたころ、1978年の日中平和友好条約締結のころとは大きく変化しました。経済や科学技術、国民の生活の向上など目を見張るものがいくつもあります。私のこの45年ないし42年間は、そんな中国を北京放送・中国国際放送を聴きながらひそかに応援してきた時間のようにも思えます。中国国民の自由の権利も増え、放送からもそれを感じるようになってきていました。

今日の「パンダ杯作文コンクール」のタカヅカサユリさんの作文には、「日本人は自分の意見をはっきり言わない。それに比して、中国人は自分の意見や考えをはっきり主張できる」というのがありました。これはある意味事実だと思います。我々日本人は、タカヅカさんが主張するように、周囲を忖度しすぎる一面もありますが、私も含めて「平和ぼけ」に陥っていて、「意見を言わない」のではなく、「意見がない」という状態、つまり特に何も考えなくてもつつがなく生活できる、という大きな問題も背後にあるのだと考えています。

ところで、台風シーズンが到来しております。すでに中国には上陸した台風もあり、それ以前の豪雨被害とも相まって被害が出ているようですね。日本にも、離島以外にもそろそろ上陸台風が襲来するのでしょうが、お互いとりわけ人命、そして収穫期の農作物にこれ以上の被害が及ばないように祈るばかりです。

 

③熊本県上天草市       小野 歩

CRI日本語部の皆様、残暑お見舞い申し上げます。私は現在、盆休みで熊本県上天草市の親戚宅に帰省中です。7月の九州豪雨の被害が心配されましたが、こちらの家は無事で一安心です。中国では長江流域で多大な大雨の被害があったとのこと。つつしんでお見舞い申し上げます。

こちらの家に古い短波ラジオがあり、毎晩北京からの日本語放送を聞くのが楽しみとなっています。都会と異なり雑音が少なく中波の1044kHzが地元のラジオ局のように聞こえます。ところで中国には、日本の盆休みのような夏期休暇はありますか?また、お墓参りの習慣はありますか?海外旅行もままならない事態になりましたが、またいつか、多くの中国人が日本を訪れるよう祈っております。それでは皆様ごきげんよう。

 

以上のお便りを8月26日(水)のラジオ番組「中日交流カフェ」でも紹介しています。 水曜日の「ハイウェイ北京」からお聴き下さい。

ハイウェイ北京・水曜日 http://japanese.cri.cn/radio/wednesday

コメント()

ラジオ番組
9月28日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
刘非