コロナ禍で1億人が極度の貧困状態に陥る恐れがある=世界銀行総裁

2020-08-23 13:28  CRI

 ワシントンに拠点を置く世界銀行のマルパス総裁は、今年のコロナ禍に世界で1億人が極度の貧困に陥る恐れがあると警告しました。

 これに先立ち、世界銀行は、極度の貧困に陥る人口が6000万人いると推測していましたが、新たな評価により、その人数が7000万人から1億人にまで拡大する恐れがあるという結果が出ました。 さらに、マルパス総裁は、このままコロナ禍が続けば、その数はさらに拡大するだろうとの考えを示しました。

 世界銀行は、この事態に対応するため、今後2021年6月までに100カ国に1600億ドルの資金を提供することを約束し、6月末の時点ですでに約210億ドルを支出したということです。

 極度の貧困に陥る人口の拡大について、マルパス総裁は、雇用が減っていることや、食料の調達が入手困難になった地域があることが原因であると指摘しました。(ミン・イヒョウ、CK)

コメント()

ラジオ番組
11月28日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
李阳