【CRI時評】「濡れ衣着せ」に熱中する米政治家、いつ正道に戻るのか

2020-07-25 21:47  CRI

 米国の指導者は最近になり、またしてもウイルスの由来問題を利用して中国に汚名を着せようとした。さまざまな場面で再三に渡り、「目に見えない中国インフルエンザ」「カンフー・インフルエンザ」などと述べたのだ。米国国民や国際社会からは、人種差別主義を公然と扇動したとして非難が続出した。

 世界保健機関(WHO)は病名の命名法についての規則を定めている。病名による地域や国、個人、動物に対するマイナスの影響を避け、差別視を回避するとの考えにもとづくものだ。WHOは今年2月11日に、新型コロナウイルスを「COVID-19」と正式に命名した。この命名は学術性を反映しているだけでなく、名称の使用に不正確さが伴うことや侮辱に結びつくことを防止する意義も併せ持っている。ところが米国の一部政治家はWHOの命名規則を無視して、さらに個人的利益に基づいて「中国ウイルス」の呼称を意図的に使っている。このような人種差別の色合いに満ちた言葉を使うことは、科学と人々の常識を甚だしく踏みにじり、人種間の対立をより激化させるものだ。

 米国は最近になり、外交電報を持ち出してウイルスが武漢の実験室に由来する証拠と称したが、何の証拠にもなっていないとして自国の専門家により痛烈に批判された。ユタ大学医学部でウイルス学を研究するスティーブン・ゴールドステイン博士は、同電報を引用した「ワシントン・ポスト」コラムニストのショシュ・ロジン氏の文章について、「科学面で実質的な欠落が多くある」として「根拠のない当てつけ」に依拠する主張と論じた。感染症について米国の第一人者と称されるアンソニー・ファウチ氏も「新型コロナウイルスは中国の実験室で作られた」とする陰謀説を公式に否定した。英国の医学雑誌「ランセット」は最新の社説で、中国を感染症についての「スケープゴート」にすることは建設的な反応とは全く言えず、全世界による感染症への対応で団結が欠けることは、すべての人にとっての脅威だと論じた。

 それと同時に、多くの国で研究が進むにつれ、新型コロナウイルスによる感染症は全世界の多くの土地で突然に発生しており、ウイルスが出現した時期は当初に考えられたよりもはるかに早いことが分かってきた。

 政治を科学よりも上位に置いたのでは、生命という代償が支払われることになる。嘆かわしいことに、自国内の感染確認病例が400万例を突破し、14万人以上が死亡したというこの世の悲劇に直面しているにも関わらず、米国の政治家の「心の天秤」は依然として、政治的な私利私欲に傾いている。依然として、手段を択ばず中国に責任をなすりつけることで自らの職務怠慢や職務冒涜による責任から逃れようとしており、科学的な感染病対策という正道に戻ろうとはしない。これこそがアメリカの悲哀であり、米国国民の不幸なのだ。(CRI論説員)

コメント()

ラジオ番組
10月19日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
马玥