四川省高槐村 「田舎カフェ」で大繁盛

2020-07-21 15:26  CRI

 四川省徳陽市高槐村は2008年に発生した四川大地震で甚大な被害を受けました。村の若年層の多くは出稼ぎに行って、空洞化した貧困村になってしまいました。

 しかし、偶然なことで、村の状況が一変しました。文化産業に従事していた女性の胡榕さんが2014年、村内のある家を借りて三カ月をかけて修築し、村で初めてのカフェにしたのです。店の名は「遠くない」という意味の「不遠」でした。

图片默认标题_fororder_9149afb5da534b35a9d78bf31c0943d6

 開業当初は3、4人の友人がカフェを訪れるだけでしたが、やがて近隣の徳陽市で広く知られるようになり、大勢の人がカフェを目指して駆けつけるようになりました。今では週末はいつも満席という人気です。村人は最初、自分の故郷がコーヒーと「縁結び」できるとは思いませんでした。しかし、故郷に戻った人々がさらに多くのカフェを開業したことで、カフェが村の主要な産業となりました。村人は建物の賃貸収入を得るほか、農産品の販売もできるようになり、故郷にとどまって生計を立てられるようになりました。

 高槐村では現在までに、カフェのほかに音楽関係など14種類の新しい産業が出現しました。年間延べ50万人の観光客が訪れ、観光総合収入は2000万元に達しています。(閣、鈴木)

コメント()

ラジオ番組
9月28日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王秀阁