「ロマン主義」の若者の貧困村奮闘記

2020-07-03 16:19  CRI

图片默认标题_fororder_F

  胡鈞溥さんは3年前に23歳で貴州省威寧イ族ホイ族ミャオ族自治県石門郷団結村に赴任した若者です。2016年に貴州大学を卒業しました。北京、上海、広州などの大都市での就職を希望している同級生と異なり、「農村部に行くこともある種の選択ではないか」という思いから、この山奥にある村を選びました。当時、この村は48%の世帯が貧困世帯で、栽培する農作物はジャガイモやとうもろこしなどに限られていました。胡さんは、この時について「若者のロマンが現実にぶつかった」と振り返りました。また、土地は痩せ、交通が不便という現実もありました。

图片默认标题_fororder_F5

 胡さんは、「この土地に合った産業の道を選ばなければならない」と心に決めました。調査を重ねていくうちに、耐寒性の強いニンニクの種類の栽培に目をつけました。今では、その栽培面積は約13ヘクタールに達し、売り上げは少なくとも120万元に達します。農家の収入はずいぶんと高くなりました。

图片默认标题_fororder_F4

 翌年の2017年、養蜂の導入を企画しましたが、農家を説得するのに苦労しました。学費も含めて養成先の宿泊費、交通費など一切の費用を提供するという条件にもかかわらず、5人の枠に申し出る農家がなく、あれこれと説得した結果、やっと3人を集めることができました。

 2018年、蜂の巣箱10数箱で1万元以上の収入を得られるのを見て、養蜂農家が増えました。

图片默认标题_fororder_F2

 3年間の努力が実りました。村は農業の産業化の形ができ、道路も整備されています。2019年末、団結村は貧困村から脱却しました。

图片默认标题_fororder_F3

 赴任してから3年半。団結村を変革するという夢が叶いました。今ではこの村の共産党支部書記を勤める胡さんは、「大卒当初と比べて、自分はずいぶんと変わり、現実的になった。けれども、依然として若者としてのロマンは薄れていない」とその眼は未来を見据えています。(朱 星)

コメント()

ラジオ番組
8月6日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
朱丹阳